クリプトナンバー28

イーサリアムの話題やその他の暗号通貨・仮想通貨などについても調査

取引所 草コイン

マイナー草コイン取引所Stocks.exchangeへの入金と草コインの購入方法

投稿日:

Stocks.exchangeのトップページ画面

ビットゼニーやXSH(SHIELD/シールド)を取り扱っているマイナー取引所のStocks.exchange(ストック・エクスチェンジ)
前回はそのStocks.exchangeの登録方法の説明をしました。

知る人ぞ知るマイナー草コイン取引所Stocks.exchangeの登録方法

知る人ぞ知るマニアックな草コイン取引所のStocks.exchange(ストック・エクスチェンジ)の紹介と登録手順の説明になります。 日本で人気のある?ビッ ...

続きを見る

Stocks.exchangeは海外の取引所なのでダイレクトに円での入金はできません。
ビットコインやライトコインなどを国内の取引所で購入して、Stocks.exchangeへ送金しなければなりません。
日本国内の代表的な取引所への登録の手順は以下のページを参考にしてください。

ビットフライヤーのトレードクラスの登録手順
bitFlyer(ビットフライヤー)の口座開設とアプリについて詳しく解説

bitFlyer(ビットフライヤー)は国内大手の暗号通貨・仮想通貨取引所です。 ビットコイン(BTC)の他にイーサリアム(ETH)やライトコイン(LTC)な ...

続きを見る

Zaif(ザイフ)の特徴と口座開設のやり方について詳しく解説

このページでは国内の代表的な仮想通貨取引所であるザイフ(Zaif)の特徴と口座開設の手順を説明しています。 仮想通貨取引所のザイフは仮想通貨の取引所としての ...

続きを見る

GMOコインの口座開設や二段階認証の設定について詳しく解説

GMOコインはFXで有名なGMOクリック証券を運営している国内大手のIT系のGMOグループが運営している仮想通貨取引所です。 GMOコインは厳密に言えば仮想 ...

続きを見る

今回は実際にStocks.exchangeにビットコインなどを送金して実際に草コインを購入するやり方を解説します。

 

Stocks.exchangeへのビットコインの送金手順

Stocks.exchange送金方法

ログイン後、WEBサイトの左側のスマートフォンアプリののメニュー表示のような三本線のボタンを選択します。
するとサイドメニューがスライドしてきて表示されます。

Stocks.exchange送金方法2

WALLETSのメニューの”Manage”を選択します。

取扱いしているコインの一覧表が出ますのでBTC(ビットコイン)を探します。

Stocks.exchange送金方法3

この際に沢山の項目から探すのにはキーボードのCtrl+Fを押してBTCと入力してページ内検索をすると早いです。
同様にライトコインの場合はLTC、イーサリアムの場合はETHと入力してサーチすると目視よりも早くたどり着けるかと思います。

今回はビットコインで説明します。
BTCでサーチするとビットコインから派生したオルトコインもあり紛らわしいのですが間違えないようにしましょう
BTCの行の"Deposit"を選択すると詳細画面が開きます。

Stocks.exchange送金方法4

表示された”Deposit Address”を選択するとStocks.exchange内の自分のビットコインのウォレットのアドレスが表示されます。
"Show QR Code"を選択するとQRコードが表示されます。

Stocks.exchange送金方法5

表示されたアドレスを国内の取引所の外部アドレス送付先へコピペして使います。

今回はビットフライヤーで説明しますね。

ログイン後に左のメニューから”入出金”を選択し、開いたページの上部メニューから"BTCご送付”を選択します。

ビットフライヤーから送金

外部ビットコインアドレスを追加します。
”ラベル”の欄は任意で構いません。自分がわかりやすい任意の名前でも良いのでひらがな・カタカナでも大丈夫です。
”新しいビットコインアドレス”に先ほどクリプトピアで表示されたウォレットのアドレスをコピペして、横の”追加する”ボタンを押してください。

すると外部のアドレスが追加されるので、ラベル左の○選択から送金するアドレスを選択します。

送金する数量を入力したら”ビットコインを外部アドレスに送金する”というボタンが出現しますので、ボタンを押し、二段階認証のパスコードを入力すれば送金が完了します。

最近はビットコインでの送金もそこまで時間がかからずに反映されるようです。
私が先週ビットフライヤーからクリプトピアにBTC送金した時は0.04BTCと少額だったからなのか、30分ほどで送金が完了しました。

 

Stocks.exchangeで草コインの購入手順

実際にStocks.exchangeでトレードしてみましょう。

トップメニューの”EXCHANGE”を選択します。

Stocks.exchangeトレード手順1

次に右端にある歯車のボタンを選択します。

Stocks.exchangeトレード手順2

すると取り扱っている通貨の一覧表がスライドして表示されます。

Stocks.exchangeトレード手順3

これだけ種類が多いとお目当てのコインを探すのにも一苦労です。
目視で探すよりもCtrl+Fを押してブラウザのページ内サーチ機能を使いましょう。
今回はXSH(SHIELD/シールド)を購入する手順を説明します。

シールドの場合は通貨単位は”XSH"ですのでCtrl+F、XSHと検索します。

左メニューのXSHを選択すると取引画面に移ります。

Stocks.exchangeトレード手順4

Stocks.exchangeでのトレードはシンプルで購入または売却したいコインの数量をオーダーするやり方です。

購入したい場合は左側の”AMOUNT”に購入したい数量を半角数字で入力します。
逆に売却したい場合は右側の”AMOUNT”に数量を入力します。

”TRANSACTION FEE”には手数料が表示されています。
売買の0.2%が手数料としてStocks.exchangeに徴収されます。

1000XSHを取引した場合は2XSHが引かれます。
3月頭のレートで計算すると1XSH == 4.4円ですので、4400円の取引で約9円の手数料となります。

購入したかどうかの確認は左側のメニューボタンより、自分のウォレット一覧を開いて確認してください。

 

取引画面の最下部には、そのコインの直近のトレードの履歴が掲載されています。

Stocks.exchangeトレード履歴

時間は海外時間なので日本時間とはズレていますので注意して下さい。

日本との時差はマイナス10時間なのでアメリカだとESTエリア(東部標準時の地域)を基準に表示しているようです。
有名な都市だとニューヨークやボストン、デトロイト、マイアミ、カナダのトロントなどがESTの標準時を使っています。

ここを確認すれば、取引量を確認することで注文がすぐ通るのか、下手をしたら半日くらい待つことになるのかを判断できます。
あまりにも過疎ってる通貨に大量の資金をつぎ込むのは危険です。
流動性が低いので買えても売れない可能性が出てくるからです。

金融商品としてビットコインが優れているのは流動性の多さであり、いつでも売買が成り立つというのは、それだけで価値がある証とも言えます。

 

Stocks.exchangeへから自分のウォレットへ送金する手順

先日のコインチェック事件もあり取引所に長期間資金を預けておくのは危険です。
Stocks.exchangeのようなマイナーな取引所では尚更です。

本来ならば金融機関に預けた方が安全なはずなのですが仮想通貨においては、タンス預金と本来変わらない自分のウォレットで管理する方が何かと安全なのが現状です。

Stocks.exchangeからの自分のウォレットへ送金する手順を説明します。

左側のメニューからマイウォレット一覧を開き、送金したいコインの”WITHDRAW”を選択します。

Stocks.exchange送金手順1

”WITHDRAW”を選択すると送金画面が開きます。

Stocks.exchange送金手順2

Addressには送金したいアドレスを入力します。
大体は自分のデスクトップウォレットのアドレスを入力することになるかと思います。

今回はXSH(SHIELD/シールド)で説明します。
シールドのウォレットの導入について詳しくはこちらのページで解説しています。

XSH(SHIELD)アイコン
量子耐性を持つ草コインSHIELD(XSH)のマイニングをやってみた

草コインの中でもハイスペックな構想をぶち上げていることで草コインマニアをぐいぐいと引き寄せている印象のSHIELD(XSH)をマイニングしてみました。 一通 ...

続きを見る

XSH(SHIELD/シールド)のウォレット

ウォレット内のサイドメニュー"Receive coins"を選択すると、ピンクの囲いの欄に自分のウォレットのアドレスが表示されます。
ちなみにアドレスは下の+のボタンから増やすことが可能となっています。
このアドレスをコピペでStocks.exchangeの方へ貼り付けます。

Stocks.exchange送金手順2

Amountには送金したい数量を入力します。

Transaction Feeには送金手数料が表示され、Receiveは実際に送金先アドレスに送られる金額が表示されます。

確認して問題なければ”Withdraw”のボタンを押します。

すると「Email was sent. Please check it and confirm your withdrawal」のメッセージが表示されますので、メールで確認してください。

自分の場合、XSH(SHIELD/シールド)の送金は約30分ほどで完了しました。

 

Stocks.exchangeを使う意義

海外の取引所なので全て英語での入力、やり取りを行わなければならないため、慣れていない人には敷居が高いかもしれません。

しかし日本で人気の草コイン、ビットゼニーやシールドを扱っている数少ない取引所です。
そういった有望(であろう)草コインを早い段階から保有するためには、このStocks.exchangeのようなマイナー取引所で青田買いする必要があります。

しかしStocks.exchangeそのものも倒産したりするリスクもあるので、前述したように長期間にわたり資金を入れておくのは危険です。
またStocks.exchangeでしか取り扱っていないコインもや危険です。
例外を除き、少なくとも2箇所以上の取引所で扱われているコインを選ぶようにしましょう。

 

このページではStocks.exchangeの使い方の説明でしたが、登録の手順は以下のページで解説しています。

知る人ぞ知るマイナー草コイン取引所Stocks.exchangeの登録方法

知る人ぞ知るマニアックな草コイン取引所のStocks.exchange(ストック・エクスチェンジ)の紹介と登録手順の説明になります。 日本で人気のある?ビッ ...

続きを見る

またしつこいようですがStocks.exchangeは海外の取引所なのでダイレクトに円での入金はできません。
ビットコインやライトコインなどを国内の取引所で購入して、Stocks.exchangeへ送金しなければなりません。
日本国内の代表的な取引所への登録の手順は以下のページを参考にしてください。

ビットフライヤーのトレードクラスの登録手順
bitFlyer(ビットフライヤー)の口座開設とアプリについて詳しく解説

bitFlyer(ビットフライヤー)は国内大手の暗号通貨・仮想通貨取引所です。 ビットコイン(BTC)の他にイーサリアム(ETH)やライトコイン(LTC)な ...

続きを見る

Zaif(ザイフ)の特徴と口座開設のやり方について詳しく解説

このページでは国内の代表的な仮想通貨取引所であるザイフ(Zaif)の特徴と口座開設の手順を説明しています。 仮想通貨取引所のザイフは仮想通貨の取引所としての ...

続きを見る

GMOコインの口座開設や二段階認証の設定について詳しく解説

GMOコインはFXで有名なGMOクリック証券を運営している国内大手のIT系のGMOグループが運営している仮想通貨取引所です。 GMOコインは厳密に言えば仮想 ...

続きを見る

 







-取引所, 草コイン

Copyright© クリプトナンバー28 , 2018 All Rights Reserved.