クリプトナンバー28

イーサリアムの話題やその他の暗号通貨・仮想通貨などについても調査

IOTA(アイオタ) ウォレット オルトコイン

IOTA(アイオタ)をデスクトップウォレットで管理する

更新日:

IOTAのロゴ

IOT社会での利用を想定して開発が進められているIOTA(アイオタ)。

ビットコイン長者で有名なウィンクルボス兄弟ことCameron Winklevoss (キャメロン・ウィンクルボス)氏とTyler Winklevoss (タイラー・ウィンクルボス)氏は、仮想通貨が最終的にmachine-to-machine、つまりは機械と機械がフルオートで価値の取引をするために使われることを予想しています。

仮想通貨の本質は人間と人間の取引に使われるのではなく、機械同士(人工知能同士)が経済的価値を取引する時に初めて真価を発揮する、とコメントしています。

IOTAは開発中ながらも、時価総額上位の仮想通貨の中では、機械と機械の取引のために最も適している仮想通貨であり、イーサリアムやLISK、NEMなどのスマートコントラクト系には無い魅力があります。

IOTAについてさらに詳しくは

アイオタのロゴ
IOTAは第4次産業革命であるIoTに最適化された仮想通貨

仮想通貨に興味のある人ならIOTAという単語を目にしたことがあるはずです。 通貨単位がMIOTAでプラットフォームの命名がIOTA(アイオータと呼びますが日 ...

続きを見る

IOTAを長期保管するためのデスクトップウォレットについてのご紹介です。

 

GithubからIOTAウォレットをダウンロード

https://github.com/iotaledger/wallet/releases

上記のIOTAの公式GitHubからウォレットアプリをダウンロードして下さい。

Windowsなら.exeファイルを、MAC OSならば.dmgファイルをダウンロードして下さい。
その他のファイルはリナックス用、開発者向けのファイルになりますので、普通にウォレットとして使う分には必要ありません。

今回はWindowsバージョンで説明します。

exeファイルをダブルクリックすればインストーラーが立ち上がり、しばらくするとインストールが完了します。
インストール時に自動的にデスクトップにショートカットが作成されます。

 

IOTAのデスクトップウォレット

ああ

ウォレットが立ち上がったら上部メニューのViewより日本語を選択しましょう。

IOTAウォレット日本語化

日本語になりました。

ライトノードのボタンを押してください。
フルノードだとIOTAのTangle(次世代ブロックチェーンのようなもの)を全てダウンロードして同期するので、非常に時間がかかります。

ライトノードを選択するとホストを選ぶのですが、これは何でも良いとのことです。
私はBitfinexのノードにしてみました。

これがIOTAのデスクトップウォレットです。

Seedと書かれている欄にパスワードを入力します。

IOTAウォレットのパスワードは特殊で、81文字の半角大文字アルファベットにする必要があります。

http://www.graviness.com/temp/pw_creator/

上記のサイトで下の画像のような設定にすれば簡単にIOTAウォレットに適合するパスワードが生成可能です。

パスワードが適合していれば

上のようになるはずです。

無事にウォレットにアクセスできれば上のような画面になります。

 

バイナンスからIOTAを送金する

実際にバイナンスからIOTAウォレットに送金してみます。

ウォレットの”受取”のあたりをクリックするとアコーディオンメニューのような感じでウォレットアドレスが出てきます。

ウォレットのアドレスはセキュリティのため毎回変わります。

次にバイナンスにログインして上部メニューFundsからBalancesを選択します。

IOTAの欄のWithdrawalを選択します。

次にIOTAの送金画面が開きます。

IOTA Withdrawal Addressの欄にはウォレットのアドレスをコピペで貼り付けます。

Amountの欄には送金したいIOTAの数量を入力します。
フォームのエリアをクリックすると、手数料を差し引いた送金できる量が自動で入力されます。

問題なければSubmitのボタンを押します。

お約束の二段階認証を求められますので、入力して認証します。

登録したメールアドレスに”Confirm Your Withdraw Request”という送金の確認メールが届いているはずですので、メールに記載されてある”Confirm Withdraw”のリンクをクリックして送金完了です。

IOTAのウォレットを確認してみるとペンデング中となっており、IOTAがネットワークを移動しているのが確認できます。

しばらくすると、バイナンスから送金したMIOTA(IOTAの通貨単位)着金していました。

ステータスがペンディング中となっているのは時間が経って、他のノードより承認されれば承認済みとなりますので、気長に待ちましょう。

 

 

IOTA(アイオタ)が買える取引所

IOTA(アイオタ)が売買できる取引所はバイナンスが有名です。

Binance(バイナンス)のアイコン
取引高世界一の超優良取引所のBinance(バイナンス)口座開設手順

仮想通貨の取引所として取引高が世界一の超優良取引所のBinance(バイナンス)の登録手順の解説です。 ※各取引所の取引高はこのサイトを参考にしています。 ...

続きを見る

現状、IOTA(アイオタ)は日本円で直接購入できないのでIOTA(アイオタ)を購入する際は、国内の取引所でビットコインやイーサリアムなどを日本円で購入して、海外の取引所であるバイナンスに送金する必要があります。

国内の代表的な取引所は以下のページで紹介しています。

ビットフライヤーのトレードクラスの登録手順
bitFlyer(ビットフライヤー)の口座開設とアプリについて詳しく解説

bitFlyer(ビットフライヤー)は国内大手の暗号通貨・仮想通貨取引所です。 ビットコイン(BTC)の他にイーサリアム(ETH)やライトコイン(LTC)な ...

続きを見る

Zaif(ザイフ)の特徴と口座開設のやり方について詳しく解説

このページでは国内の代表的な仮想通貨取引所であるザイフ(Zaif)の特徴と口座開設の手順を説明しています。 仮想通貨取引所のザイフは仮想通貨の取引所としての ...

続きを見る

GMOコインの口座開設や二段階認証の設定について詳しく解説

GMOコインはFXで有名なGMOクリック証券を運営している国内大手のIT系のGMOグループが運営している仮想通貨取引所です。 GMOコインは厳密に言えば仮想 ...

続きを見る

 







-IOTA(アイオタ), ウォレット, オルトコイン

Copyright© クリプトナンバー28 , 2018 All Rights Reserved.