クリプトナンバー28

イーサリアムの話題やその他の暗号通貨・仮想通貨などについても調査

仮想通貨・暗号通貨

仮想通貨はじめました、ということで仮想通貨に対する雑感など

更新日:

今まで仮想通貨なんてすぐに崩壊するとろくに調べもせずにネガティブな印象だけしか持っていませんでしたが、友人が家を買うほど儲かっている事実を知り、仮想通貨とは何かを調べまったのが始まりです。

日本では仮想通貨という名称が一般的でなんだか胡散臭い印象ですが海外(英語圏)ではクリプトカレンシー(Crypto Currency)つまりは暗号通貨と呼ばれています。
これが最初から暗号通貨という名称で日本で流通していればもっと早く認知されることになったかもしれませんね。

 

もともと嗜む程度に株の取引きは経験があるので(トータルで損していますが)投資に対して全くの素人というわけはありません。
FXはあまり性に合わなかったので本当に触っただけ程度。

仮想通貨というくらいだからFXに近いのだろうと勝手に思いこんでいたのですが、調べていく内にどちらかというと株の方が近い印象でした。
仮想通貨相場の個人的な印象としてはIPO中心の新興マーケットをさらに極端に激しくしたような感じです。
ハイボラタリティ、ハイリスク/リターンのゲームのような鉄火場相場が24時間中稼働しており、仮想通貨で初めて投資経験を踏んだ人は他の相場は退屈になってしまうのだろうとさえ感じるクレイジーなマーケットです。

仮想通貨について詳しく調べる前はビットコイン(Bitcoin)しか知りませんでした。
しかし他にもイーサリアム(Ethereum)やリップル(XRP)など様々な銘柄というか仮想通貨があり、それぞれに技術的な特色があり、開発思想やビジョンなどは発起人によって多種多様です。
むしろ先発のビットコインよりも優れているモノがいくつもあり、中には通貨という枠では収まりきれないモノもあります。

ビットコインのブロックチェーンについて詳しく調べれば調べるほど世の中を変える技術であることがわかり、IOT以上の革命が起こる可能性もあります。個人的にはインターネットと同じくらいのインパクトで世の中の仕組みを変えてしまうであろうと予測しています。
インターネットが本当に開花したのはスマートフォンという誰もがどこでもインターネットに繋がれるデバイスによってもたらされたように、ブロックチェーンも後数年後に、もしかする十数年後に開発される何かと組み合わさることで爆発的に世の中に入り込んでくる可能性もあるかと思います。

その時にビットコインが実際に社会に流通しているのかはわかりません。
イーサリアムが本当にスマートコントラクトなどのプラットフォームになっているかどうかも不明です。
しかし現在開発されている暗号通貨の概念は次世代に受け継がられ確実に世の中を変えていくのは間違いありません。

 

各国政府が通貨をコントロールできなくなった未来で何が起こるかはわかりません。
しかし中央集権でないところに信用がある通貨はまだ人類が手にしたことがない代物であり、ある意味で民主主義の最終形態とも言えるのではないでしょうか。
各国の通貨の信用は軍事力をバックボーンとして成り立っているという考え方もあり、どこかのタイミングで大国が仮想通貨に対して規制で潰してしまうことも起こり得る話です。

政治や国家から本当に自由になる通貨というか価値のあるモノが存在すればどんな世の中になるのでしょうか?
まだ人類が経験したことのない世の中にしてくれる可能性を秘めているのが今の仮想通貨ブームの本質です。
君主制や封建制度、共産主義、民主主義など様々な政治体制が過去から現在へとありますが仮想通貨は新しい価値観を生み出す可能性もありまさにChange the world!!
クラプトンとクリプトンってカタカナにすると紛らわしいですね。
そんなことを考えると仮想通貨・暗号通貨にBETする未来は悪くないのではないと思います。

 







-仮想通貨・暗号通貨

Copyright© クリプトナンバー28 , 2018 All Rights Reserved.