クリプトナンバー28

イーサリアムの話題やその他の暗号通貨・仮想通貨などについても調査

NEM オルトコイン

NEM(XEM)とは?特徴や機能性を調べて将来性を予想

更新日:

仮想通貨NEMのロゴ

2018年も飛躍が期待される仮想通貨のNEM
仮想通貨としての基本情報はこんな感じです。

  • プロジェクト発足:2015年3月31日
  • 開発者/開発組織:Utopianfuture
  • 通貨単位:XEM(ゼムと呼びます)
  • 発行枚数上限:8,999,999,999XEM(全て発行済)
  • 時価総額:1.4兆円(2018年1月現在)
  • 仮想通貨ランキング:世界第7位(2018年1月現在)
  • 1XEM == 160円(2018年1月現在)
  • オフィシャルサイト:https://nem.io/

XEMの発行枚数上限は8,999,999,999XEMで既に全てのXEMが発行済みとなっていますの。
ですので今後マイニングなどによって市場供給量が増えることはありません。

NEM(XEM)は日本の取引所で円で購入する場合はザイフで購入できます。

Zaif(ザイフ)の特徴と口座開設のやり方について詳しく解説

このページでは国内の代表的な仮想通貨取引所であるザイフ(Zaif)の特徴と口座開設の手順を説明しています。 仮想通貨取引所のザイフは仮想通貨の取引所としての ...

続きを見る

そんなNEM(XEM)の特徴や機能性を調べてみました。

NEMの名称はNew Economy Movementから!つまりは新しい経済のムーブメント

NEMという名称はNew Economy Movementの頭文字から命名されました。
日本語で新しい経済のムーブメント。更にかっこよく言うと「新たな経済の胎動」って感じでしょうか。
政府や既存の中央集権の価値にとらわれない新世代の経済活動のための新しい経済圏のプラットフォームの創造がNEMのミッションです。

ここで最初に理解しなければならないのはNEMはプラットフォームの名称で通貨単位はXEMです。
もしNEMが一般的になり、その辺のおばちゃんでも使うような時代が来ればXEM(ゼム)の単位を使うわけです。

NEMの有志が作成したNEMのスキームがこちら

そして余談ですが昔のNEMのロゴはダサかったw
NEMにもダサかったあの頃みたいなちょっとした黒歴史があったので親近感が湧いたのは私だけでしょうか?

昔のあか抜けなかったNEMのロゴマーク

NEMの技術優位性はかなり多い

NEMの特徴は他の暗号通貨と比べ技術的な優位性が高いことです。
そして初期の開発者に日本人がいることにより日本での知名度も高く、国内で昔からNEMのファンが多いのも特徴です。

圧倒的に早いNEMの処理能力

NEMの最大の技術的な優位点として圧倒的な処理スピードがあげられます。

最近の実証実験では平均3000件/秒、最高4142件/秒という他の暗号通貨を凌駕する恐ろしいスピードを実現しました。
処理能力が早いということはそれだけ実用性を伴っているということです。

最近問題になっているビットコインの処理速度の技術的な問題も指摘されている中、クレジットカードのVISAと同等の処理スピードを実現しています。

ちなみにNEMの1秒間に3000件を処理できるのに比べるとビットコインは1秒間に14件だけです。
イーサリアム(Ethereum)は15件、リップル(XRP)は1500件となっておりNEMの処理能力速さが際立っています。

NEMはビットコインよりも後発に開発されているので技術的優位性が高い

そしてNEM(XEM)はブロックチェーン2.0の世代の暗号通貨です。
ビットコインがブロックチェーン1.0世代となり、第一世代は貨幣としての信頼性を技術で担保する台帳技術のところでブロックチェーンが使われています。
ブロックチェーン2.0は1.0の通貨としての機能に加えてブロックチェーン上で証明書の発行や署名など契約機能も盛り込むことが可能なのです。
イーサリアム(Ethereum)と同じスマートコントラクトの機能もNEMには備わっています。

ApostilleはNEMのスマートコントラクト

アポスティーユと読みます。
外務省が発行する証明書も同じ名称ですが関係はありません。

スマートコントラクトはブロックチェーン上でコントラクト(契約)をスマートに行えるプロトコルの名称です。
契約関係を改ざんできないブロックチェーンの仕組みで管理しようとする試みです。
今までは契約の確認に第三者機関による膨大な時間とコストが発生していましたがブロックチェーンによってその問題を解決できるのではないかと世界中で期待されています。

スマートコントラクトではイーサリアム(Ethereum)が有名ですがNEMのApostilleはイーサリアム(Ethereum)とは違った特徴があります。

イーサリアムのスマートコントラクトはあらかじめ決められた契約などで条件が整った(約束が守られた)時に契約を自動的に履行するのが特徴的です。
NEMのスマートコントラクトはイーサリアムよりも個人間の取引に特化しておりNEMのウォレット内で簡単に証明書などを発行できます。

具体的には個人間でのお金の貸し借りについての証明書などに使えるかと思いますし、モノを購入した際の領収書としても使えそうな気がします。
各所証明書や謄本などがNEMのプラットフォーム内でやり取りされる未来を想像しただけでワクワクしますね。

NEMのコンセンサスアルゴリズム「Proof of Importance」とは?

NEMのコンセンサスアルゴリズム(合意形成の方法)は「プルーフ・オブ・インポータンス(Proof of Importance)」が使われています。

ビットコインのPoW(プルーフ・オブ・ワーク)、イーサリアムのPoS(プルーフ・オブ・ステーク)が使われています。
NEMのプルーフ・オブ・インポータンス(Proof of Importance)は前者の2つと比べ優れたものとなています。

簡単に説明するとビットコインのPoWはコンピューターの演算能力が高ければ高いほど有利です。
イーサリアムのPoSはイーサリアム(Ethereum)の保有数が多ければ多いほど有利です。
つまりは資本力のあるところにビットコインもイーサリアムも流れてしまう構造的な仕組みになっています。

NEMのPoIプルーフ・オブ・インポータンスはユーザーの重要度が高いほど有利となります。
重要度とは「XEMの保有数」、「どれだけのノードと取引したのか」で決まります。
また重要なユーザーと取引をすれば自分のノードの評価が高くなるとのことです。
これはgoogleの検索エンジンでも似たような仕組みになっており非常に民主的な仕組みとなっています。
イーサリアム(Ethereum)的な特徴に加え、他社と何度も取引することによりNEMの経済圏を広げていると認識され実際にXEMを流通させる行動をとった人に報酬が与えれれます。

NEMはJAVAによって実装されている(将来的にはC++)

NEMの非常に大きな特徴というか技術的な優位な点がJAVAという一般的な開発言語で実装されています。

JAVAは扱えるエンジニアの数がとても多い言語です。
つまりは開発者にとっては簡単に開発しやすい環境なのです。
開発がしやすいということはNEMをプラットフォームにした様々な機能を他の暗号通貨よりも容易に加えることが可能となります。

またAPIも用意されているので開発者にとっては非常にやりやすい環境を用意してくれています。
何度も書きますが一般的なJAVAで書かれてあるのでエンジニアが新しい言語を学ぶことなく開発ができるメリットは計り知れません。

2018年度にアップデート予定のカタパルトによりJavaからC++へと移行することがNEMの公式からもアナウンスされています
C++も開発言語としてメジャーですので開発のしやすさというメリットはそのままです。

この開発の容易さは他のブロックチェーンのプラットフォームと比べかなりの優位性があります。
逆にイーサリアム(Ethereum)はSolidityという独自言語を使っており、世界的に見てもSolidityを扱えるエンジニアは皆無です。
誰もが簡単に機能を付け加えることが可能ですのでNEMはプラットフォームとして非常に優れています。

NEMでは普通の人が、簡単に自分の通貨を作れる

NEMの上にユーザーは簡単に通貨(トークン)を作ることが可能です。
このトークンはNEMではモザイクと呼ばれており、発行量や名称、送信の可否などかなり高い自由度でトークンを発行できます。

またモザイクに税金のような仕組みを導入することも可能で様々な用途に使える未来がありますね。

まだ実用段階ではありませんが、この独自トークンの発行もNEMの持つ優位性において大事な点となっています。

NEMのEigenTrust++アルゴリズムは非常にセキュリティが高い

NEMのEigenTrust++というノードの重要性を決めるためのアルゴリズムです。
これにより悪意を持ったノードが参加するのを難しくしています。
他の暗号通貨にはない仕組みでセキュリティの高さもNEMの技術的な優位点の一つです。

NEMとmijin(ミジン)との提携

「mijin」はNEMのAPIを利用してというプライベートブロックチェーンです。
国内の仮想通貨取引所Zaifを運営するテックビューロ社が金融機関のコストを90%削減すると同時にセキュリティを強化するために開発しました。

「mijin」は日本最大である信託銀行三井住友トラストホールディングスグループの住信SBIネット銀行でテストされており、東証一部上場企業のさくらインターネットがサポートしています。

そしてmijinはテックビューロ株式会社がNEMを開発したチームを勧誘して開発された技術です。要するにmijinイコールNEMとも言えますね。

「mijin」については公式チャンネル動画がわかりやすかったので興味のある方は是非ご覧ください。
ドラゴンボールのセル役でおなじみの若本規夫さんのナレーションが非常に秀逸で面白い動画ですよ。
私は個人的に大ファンなのですが若本さんに興味ある人は”若本規夫 ぶらぁああああああああああああ”で検索してみたください♪きっと好きになるはずです(^_^)

演出過多な気もしますが若本規夫のキャスティングは大成功ですし、面白くもわかりやすい動画でしたね。

今後期待されるNEMのカタパルト(Catapult)

NEMの期待値を大きく押し上げる理由として2018年度に予定されている大型アップデートのカタパルト(Catapult)が控えていることがあげられます。

最大の変更点としてJavaからC++へと移行し、遅延軽減と双方向通信向上のため、httpプロトコルからsocket通信へと移行するとのことです。
これによりmijinをさらに改良して、ただでさえ早い処理スピードがさらに速くなるとのことです。

そしてアグリゲートトランザクションによりmijinのプライベートチェーンである独自経済圏をいくつも連なった形で運用することが可能となります。
NEMが提唱するNew Economy Movementの一つの形ではないでしょうか。

複合トランザクションとは、基本的には複数のトランザクションを一つのセットとしてとりまとめて、該当する当事者のマルチシグが完結した場合に、その全てを「同時」に決済できる機能である。

注目すべきは、これらはマルチシグによって表記順に実行されるのではなく、最終結果の残高が有効である限りは「アトミック・スワップ」として「全て同時」に実行される点である。

言い換えれば、それはCatapultコアでネイティブにサポートされる、複数当事者間のワンタイム・スマート・コントラクトである。

参照元:COMSAホワイトペーパー

カタパルトについて詳しくは動画で説明されています。

しっかりと作られた説明動画でしたね。

2018年以降のNEMに対する個人的な見解

2018年中には待望のカタパルトが実装される可能性が高いです。(本来なら2017年中の予定でした。。。)
しかし開発には遅延がつきものです。
どれだけスケジュール管理をしてプロジェクトマネージメントをしたとしても開発は遅延していくのが世の常です。
しかもまだ世の中に無いものを手探りで作り上げていく難易度の高い開発事業ですので長い目で見守っていきたいと思います。

NEMは単純な貨幣としての代わりではなくプラットフォームです。
この分野ではイーサリアム(Ethereum)が1歩どころか2,3歩先を行っているのは事実ですがNEMにはイーサリアム(Ethereum)には無い独自性があります。

OSは主にWindowsとMac、Linaxなどがあります。
ブラウザもChromeやSafari、Firefoxなどがありますよね。
スマートフォンだってiPhoneとAndroid、Windowsなどいくつかありし、ゲーム機だってプレイステーション以外にXBOXやスイッチもあります。
何が言いたいかというと、プラットフォームと言えども決して一つに絞られることはないということです。

様々なプレイヤーが多種多様な用途のためにブロックチェーンのプラットフォームを提供する時代がもうそこまで来ているのです。

そういう観点からNEMが使われる可能性というか用途がかなりあると考えており、一番シェアが高くなるのはイーサリアム(Ethereum)かもしれませんがNEMも大きなシェアを獲得している可能性が高いと考えています。

そうなって実際の社会で使われたとなると、今の価格を大きく超えて1XEM == 1000円とかも決して夢物語ではないかと思います。

しかしNEMが実体経済で使われるのは少なくとも2019年の後半以降かと思います。
2019年になればNEMを採用する企業やプロジェクトも増えていくことが予想されます。

宝くじや馬券を一万円分買うのならば私は間違いなくNEMを購入して寝かしておきますね。

NEM(XEM)は日本の取引所で円で購入する場合はザイフで購入できます。

Zaif(ザイフ)の特徴と口座開設のやり方について詳しく解説

このページでは国内の代表的な仮想通貨取引所であるザイフ(Zaif)の特徴と口座開設の手順を説明しています。 仮想通貨取引所のザイフは仮想通貨の取引所としての ...

続きを見る







-NEM, オルトコイン

Copyright© クリプトナンバー28 , 2018 All Rights Reserved.