クリプトナンバー28

イーサリアムの話題やその他の暗号通貨・仮想通貨などについても調査

DASH(ダッシュ) オルトコイン

仮想通貨DASH(ダッシュ)とは?匿名性と高速取引に特化した元ダークコインの本質と将来性

更新日:

仮想通貨DASHのロゴ
ダッシュと言えば一般人はTOKIOの鉄腕ダッシュを思い浮かべるだろうと思いますが、仮想通貨にもDASH(ダッシュ)という匿名性に優れたオルトコインがあります。
ビットコインやイーサリアムに比べるとまだまだ無名ながらも時価総額でも10位以内に入っていた時期もあり、それなりの規模のオルトコインに成長しました。

DASH(ダッシュ)は急げダッシュ的な意味ではなくデジタルキャッシュ「Digital Cash」から派生した造語となっています。
もちろん送金スピードもDASH(ダッシュ)のウリの一つですので、高速な処理を連想させるという意味でDASHとネーミングしたのだと思います。
元々はダークコインという怪しげな名前でしたが2015年のリブライディングにより現在のDASH(ダッシュ)という名称になりました。

仮想通貨DASH(ダッシュ)の技術的な特徴は以下の通りです。

  • プロジェクト発足:2014年1月
  • 開発組織:Evan Duffield
  • 通貨単位:DASH
  • 発行枚数上限:2,200万DASH
  • 時価総額:6,700億円(2018年1月現在)
  • 仮想通貨ランキング:世界第12位(2018年1月現在)
  • 1DASH == 85,000円(2018年1月現在)
  • オフィシャルサイト:https://www.dash.org/jp/

DASH(ダッシュ)のリアルタイム情報は以下を参照してください。

 

仮想通貨DASH(ダッシュ)の匿名性の高さの秘密はコインミキシング

仮想通貨DASH(ダッシュ)はビットコインなどに比べるとプライバシー保護の点で優れています。
その秘密はコインミキシングと呼ばれるやり方でDASHを取引する際に「管理ノード」で受け付けたDASHをシャッフルして送る仕組みです。
これは複数人の送金を束ねた上でシャッフルして送金処理を行うことで誰が誰に送金したかをトラッキングできないようにしています。

DASHのコインミキシングの仕組み

上記の図のように全ての取引がコインミキシングという概念で一旦プールされてから、それぞれの送金先に送付されます。
このように送金元と送金先の間にプールを挟み、ブロックチェーン上に送金元アドレスを記録しない形での取引を実現しています。
このやり方は「coinjoin方式」と呼ばれ、一般的な仮想通貨・暗号通貨のように「1対1」ではなく「複数対複数」の取引形態のことになります。

コインミキシングの手法はダークコイン時代からの名残でDarksend(ダークセンド)という技術の名称になっていましたが現在ではプライベートセンド(PrivateSend)と名称を変更しています。

他にも匿名性に優れたオルトコインは存在しており、中でもmonero(モネロ)のリング署名の技術は概念的には非常によく似た仕組みと言えますね。

モネロのアイコン
Monero(モネロ)/XMRとは?特徴や技術的優位性から将来性について

仮想通貨Monero(モネロ)は匿名性が高いことが特徴のオルトコインです。 2017年1月の段階では1300~1400円程度でしたが2018年1月の段階で4 ...

続きを見る

 

InstantXにより決済スピードもDASH(ダッシュ)で早い

2015年のアップデートでインスタントセンド(InstantSend)という機能が追加され、DASH(ダッシュ)も取引スピードがリップル(XRP)並みの数秒という超高速取引が可能となっています。
ビットコインが約10分もかかってしまうことを考えれば如何に超高速取引なのかが如実にわかりますね。
公式ページの発表ですと送金指示から取引完了まで1.4秒という驚異的なスピードをたたき出しています。

このインスタントセンド(InstantSend)は分散されたコンピュータの中から承認用として最適なマスターノードを自動的に選択し、そのマスターノードに承認作業をさせることで処理スピードを飛躍的に高めています。
このインスタントセンド(InstantSend)は元々はInstantXと呼ばれていましたが2016年6月に現在のインスタントセンド(InstantSend)に名称が変更されました。

 

DASH(ダッシュ)の元々の名称はダークコイン(Darkcoin)

ダークコイン

DASH(ダッシュ)のは冒頭でもお伝えした通り、元々はダークコイン(Darkcoin)という名称でした。
2015年にリブライディングにより現在のDASH(ダッシュ)に命名されました。

ダークコインの頃は技術的に匿名性が高いこともありダークウェブなど闇社会で使われる仮想通貨というイメージが非常に強く名前で損をしていた印象ですね。

ダークコインの頃から暗号化方式は「X11」を使っており、複数のハッシュ関数を利用することでセキュリティを高め、消費電力も低く抑えることができますので技術的には当時からビットコインよりもはるかに優れていました。

 

DASH(ダッシュ)のマイニングと半減期

一般的な仮想通貨・暗号通貨の特徴としてマイニングの半減期という概念が存在します。
通貨ごとに半減期の周期はバラバラですが、需給調節のために開発当初から設定されている場合がほとんどで、ビットコインならば4年に1度の周期で半減期を迎えるよう設定されいます。

仮想通貨DASH(ダッシュ)はは半減期の設定はなく、その代わりに新規発行量が毎年7.1パーセントずつ減少していきます。

 

DASH(ダッシュ)はすでに実用性を兼ね揃えているオルトコインでも稀有な存在

DASH(ダッシュ)はすでに北米とヨーロッパを中心に実際に通貨として使用可能となっています。
DASH(ダッシュ)の支払いが可能な飲料水の自動販売機も設置されたりもしています。
そしてLamassu社の提携により仮想通貨に対応したATMの普及が期待されています。

このようにDASH(ダッシュ)は送金速度と信頼性から、日常的な決済手段として用いるレベルにまで向上しています。

現在最大の利点としてDASH(ダッシュ)でAMAZONのギフト券が20%OFFで購入可能です。
このサービスはDASH(ダッシュ)を運営する DASH財団とBitCartの協力のもとで実現しました。
この提携に関してDASH(ダッシュ)のビジネス開発担当副社長Daniel Diazさんのコメントです。

「暗号通貨の採用を促進するために必要な最も重要なことの 1つは、潜在的なユーザーに技術的なハードルを克服し、毎日デジタル通貨を使用する強い理由を与えることです」

「 Amazon の購入を 20% 割引で提供することは、新しいユーザーがダッシュアウトを試み、それについて学び、最も重要なことに、その利点を実現し始める強力なインセンティブです。」

暗号通貨・仮想通貨をできるだけたくさんの人に使ってもらいたい、という思いで立ち上げたサービスということですね。
全ページ英語ですがこちらになります。
→https://www.bitcart.io/buy

まだ日本では使える場所が皆無なだけに運営側は日本での知名度アップに力を入れている印象です。
公式ページが用意した動画なのですが、ちょっと日本語が変に翻訳されいて微笑ましい限りですが熱意は伝わってきますよね(^^

 

数あるオルトコインの中でも高い匿名性を持ちながら実用性も兼ね揃えているのはDASH(ダッシュ)だけです。
全仮想通貨の中でも時価総額が高いことからかなりメジャーな存在になってきた感があります。

2017年から確実に実需が発生してきてるDASH(ダッシュ)は2018年も利用シーンが拡大することは間違いありません。

 

 







-DASH(ダッシュ), オルトコイン

Copyright© クリプトナンバー28 , 2018 All Rights Reserved.