クリプトナンバー28

イーサリアムの話題やその他の暗号通貨・仮想通貨などについても調査

LSK(リスク) オルトコイン

仮想通貨LISK/LSKとは?特徴や機能性を調べてLSK将来性を予想

更新日:

仮想通貨LSKとは

仮想通貨Lisk(LSK)とはイーサリアムと同様に中央管理者に依存しないスマートコントラクト用の分散型アプリケーションプラットフォームとして開発が進められているプロジェクトです。

最近では1月末に日本の仮想通貨取引所のビットフライヤーに上場され一瞬ですが暴騰したのも記憶に新しいですね。
上場したということは仮想通貨のプロが技術的な検証をして、信頼に当たるモノであると判断した結果であることから日本での期待の高さが伺えます。

仮想通貨Lisk(LSK)はブロックチェーン2.0世代に分類され、機能性や特徴が暗号通貨の中でもイーサリアム(ETH)によく似ていることから何かと比べられることが多いのですがLisk(LSK)はイーサリアムにはない独自の技術的な特徴があります。
仮想通貨Lisk(LSK)は2017年に世間に知られるようになった比較的新しいオルトコインです。
2017年1月1日には15円~16円くらいでしたが2018年1月には最高で300倍の4500円まで上がり18日現在は仮想通貨全体の暴落によって1800円のところまで下がってきています。その翌日に再び2600~3000円近くまで上がりました(^^;
仮想通貨リスクという名前で損してるような気がするLisk(LSK)なのですが、イーサリアムと同様に将来にわたって非常に大きな存在になることが期待されているプロジェクトです。
ちなみに一般的にはリスク=Riskでして英語で危険という意味ですが、仮想通貨Lisk(LSK)はスペルが違いますw

仮想通貨Lisk(LSK)は日本の取引所で円で購入する場合はビットフライヤーなどで購入できます。

ビットフライヤーのトレードクラスの登録手順
bitFlyer(ビットフライヤー)の口座開設とアプリについて詳しく解説

bitFlyer(ビットフライヤー)は国内大手の暗号通貨・仮想通貨取引所です。 ビットコイン(BTC)の他にイーサリアム(ETH)やライトコイン(LTC)な ...

続きを見る

リスク(LSK)の基本的な情報は以下の通りです。

  • プロジェクト発足:2016年
  • 開発者:Max Kordek , Oliver Beddows
  • 通貨単位:LSK(リスク)
  • 発行枚数:約1億1,700万LSK(2018年1月現在)※最高上限枚数は無し
  • 時価総額:約2,300億円(2018年1月現在)
  • 仮想通貨ランキング:世界第19位(2018年1月現在)
  • 1LSK == 1,800円(2018年1月現在)
  • オフィシャルサイト:https://lisk.io/

仮想通貨Lisk(LSK)のリアルタイム情報は以下を参照してください。

 

仮想通貨リスク(LSK)の最大の特徴はサイドチェーンを使った柔軟性

スマートコントラクトのプラットフォームとして開発が進められているLisk(LSK)イーサリアム(ETH)とは違った技術的な特徴があります。
それがサイドチェーンと呼ばれる技術です。

ブロックチェーンは容易に改ざんすることが現実的に不可能ですがサイドチェーンは過去に遡っての修正がブロックチェーンに比べると容易に変更できます。
このサイドチェーンを使ったの柔軟性こそがLisk(LSK)の最大の技術的な特徴です。

下の図がサイドチェーンのイメージ図です。
LSKのサイドチェーンのイメージ図

メインのチェーンごとにいくつもの独立したサイドチェーンが連なっているイメージですね。
このサイドチェーンが実装されてあることでリスクはプラットフォームとして様々な利点を兼ね揃えています。

サイドチェーンのイメージ図

メインのブロックチェーンの信用を担保にして別のブロックチェーンを紐付しているようなイメージです。
図では一つのサイドチェーンメインチェーンに付属している図ですが、このサイドチェーンがメインチェーンの周りに大小たくさんあるのが最終的なサイドチェーンのあり方になります。
更にサイドチェーンについて詳しく知りたい方は、リスクの公式ページではありませんが以下のページをご覧ください。ちなみに画像もそこからの引用です。
https://blockstream.com/technology/#sidechains

イーサリアム(ETH)はメインチェーンのみスマートコントラクトなどの様々な情報を書き込んでいくのですがLisk(LSK)はそれをサイドチェーンに書き込むのです。

サイドチェーン上で別のアプリケーションによって処理することも可能ですので運用の柔軟性と用途の幅が広がります。
そしてサイドチェーンはプライベートチェーンなので、将来的にはそれぞれのサイドチェーン内で開発者が独自に仕様を決めたり、独自のコンセンサスアルゴリズムの設定なども自由に構築可能になる予定で、DApps(分散型アプリケーション)スマートコントラクトのプラットフォームとしてイーサリアム(ETH)に比べると自由度が高い仕様になっています。

 

サイドチェーンの利点は自由度だけではない

サイドチェーンが実装されていることによる利点は柔軟性だけではありません。
将来LISKが世界中で利用されるようになって処理が増大したとしてもサイドチェーンを使っていることによりスケーラビリティの問題は出にくいものと考えられています。

メインチェーンにしか情報を記述できないとなると、全ての情報をメインのブロックチェーンに記載しますので、おのずと確認する際も全てメインのブロックチェーン全体を確認する必要があり、どうしても処理にある程度の時間が必要となります。

DAppsごとにメインのチェーンでなく複数の独立したサイドチェーンで処理を行うために負荷が分散し、スケーラビリティに配慮した拡張性のある仕組みとなっているのです。

サイドチェーンはメインチェーンだけに頼ったシステムと比べ柔軟性があり、いざ問題が起こった場合も対処がしやすいのというメリットがありますが、デメリットもあります。

サイドチェーンごとに”承認者”を立てる必要がありサイドチェーンが乱立すればその数だけ”承認者”が必要になります。
承認者と言っても複数人で運営することもできるので責任や権力は分散することが可能と言えども、サイドチェーン内では中央集権的になってしまうグループも生まれてしま可能性が考えられますね。
サイドチェーンごとに独自の通貨(トークン)を発行することも可能ですが、その通貨間で価値に大きな隔たりが発生してしまった場合、どういうことが起こるのでしょうか?
これはまだ誰も経験したことが無いことなのでどうなるかははっきりしませんが、ユーロ圏のように経済格差がありながら通貨をユーロに統一してしまったから起こる問題に近いことが起こるような気がします。

そしてそれぞれのサイドチェーンごとにマイニングの量に隔たりが発生すると安全性に問題が発生してしまいます。
またプライベートなサイドチェーンとパブリックなサイドチェーンが同居することによって何が起こるのかを完全に予想できていません。

柔軟性が高く非中央集権で自由度が高い反面、今までにない価値と技術ですので何が起こるのか誰も正確にはわからないといった側面があるのです。
しかし、それだけに仮想通貨Lisk(LSK)が持つポテンシャルは誰も体験したことが無い未来を創造する可能性を秘めているとも言えます。

 

仮想通貨Lisk(LSK)はJavaScriptが開発言語である

仮想通貨Lisk(LSK)はあのJavaScriptで実装されていると聞いて驚かれる人も多いかと思います。
私もその一人です(^^
JavaScriptと言えばWEB開発で必須とも言っても良いくらいメジャーなプログラム言語で扱えるエンジニアの数もかなり多いというか世界で最も使われている開発言語であるといっても過言ではありません。
下の図はプログラミング言語の中でどの言語が人気があるかについてのグラフです。

JavaScriptは世界で最も利用されている開発言語である

ちなみにスマートコントラクトのプラットフォームとして2歩ほど先を行っているイーサリアムは独自言語のSolidityという開発言語です。

簡単に扱える言語で開発されているのであれば独自言語のイーサリアムと比べて開発に非常に参入がしやすいので、イーサリアムと比べて個人開発が盛んになることが予想されます。
個人的にイーサリアムでのスマートコントラクトは公的なものやお堅い契約に使われLISKのスマートコントラクトはもっとライトな用途で使われるのではないかと考えています。
またJavaScriptはWEBページを表示に使われるHTMLやCSSと非常に相性が良いという特徴がありインターフェイスの実装に柔軟性があり、バックエンドではNode.jsというUNIX系のプラットフォーム上で動作するサーバーサイドのJavaScriptが根幹となります。
このNode.jsの特徴の一つに高速で処理が軽くメモリの消費量も少ないので膨大な数の端末に同時に接続した際も安定しています。
ビットコインやイーサリアムで度々、問題になっているスケーラビリティによる決済時間の増大といった問題について、仮想通貨Lisk(LSK)はサイドチェーンとNode.jsによって高速な取引が期待されています。

そういった意味でLISKはイーサリアムと比べられることが多いのですが、イーサリアムとは十分に共存可能でイーサリアムよりも小回りが利くようなイメージですね。
オンラインゲームやソシャゲなどでスマートコントラクトが活用されるとしたらLISKのプラットフォームが選択される可能性があると私は考えています。
スマートコントラクトはお堅い契約だけに使われるわけではないはずです。

仮想通貨Lisk(LSK)頻繁に比較されるイーサリアムについて詳しくは以下のページにまとめてあります。

イーサリアム(ETH)のアイコン
イーサリアム(ETH)とは?特徴や機能性を調べて将来性を予想

イーサリアム(ETH)は2018年に入りビットコインに次ぐ第二の暗号通貨としての地位を着実に築いています。 イーサリアム(ETH)の本質は単純な通貨ではなく ...

続きを見る

 

仮想通貨Lisk(LSK)の誕生はICOプロジェクト

仮想通貨Lisk(LSK)の歴史を少し紐解きます。
Cryptiという分散型アプリケーションのプラットフォームの構築を目指すプロジェクトがありました。
当時CryptiにはLISKの創設者の二人が籍を置いていました。
それがLisk CEOのMax KordekさんとLisk CTOのOlivier Beddowsさんで、彼らはCryptiから離脱しハードフォークして開発を始めたのが仮想通貨リスク(LISK)なのです。

LISKはICO(Initial Coin Offering)のクラウドセールで14,000BTC(約6億円)を獲得し一躍話題になりました。
2017年の前半は10円台でしたが2018年1月現在では3000円程度になりまして、なんと驚きの300倍以上のパフォーマンスです。

ビットコインの暴騰のおかげでもあるのですが、このLISKそのものも投資家にかなり期待されているプロジェクトであることがわかりますね。

他の多くの暗号通貨のプロジェクトがスイスのツークを拠点としています。
その理由としては税制やスイス政府の支援などがあり、暗号通貨を開発する環境として地球上で最も適したエリアであると言われています。
LISKもスイスのツークに財団があります。

 

仮想通貨Lisk(LSK)の将来性と今後のアップデートについて

そもそも現行のLiskバージョンは0.9です。
つまりは未完成なのです。(通常ソフトウェアがリリースされる場合は1.0)
それなのにここまで値がついてしまうのが恐ろしいのですが、それだけに期待値は非常に高いと言えます。

仮想通貨Lisk(LSK)は完全なオープンソースプロジェクトでありGitHub上でLisk(LSK)開発状況が公開されています。

本来なら2017年中に1.0にアップデートされる予定でしたが開発者のクリスマス休暇等により延期されました…
それだけに2018年にアップデートが期待されますw

その他の情報としては仮想通貨Lisk(LSK)の今後のアップデートなどの予定として2018年2月にロゴなどをリニューアルする「リブランディング」を行うと発表しています。

そしてロードマップでは2018年4月にSDK(ソフトウェア開発キット)を配布を開始、2018年7月に分散型取引所の開設、といったように2018年に大きなアップデートが控えています。

なんといっても大きなものとしては1.0へのコアアップデートです。
これが完成すれば仮想通貨Lisk(LSK)はイーサリアム(ETH)と同様にICOのプラットフォームとして使われるようになると言われています。
そうなればイーサリアム(ETH)と同様に実需での値上がり期待が持たれることとなるのです。

そしてSDK「ソフトウェア開発キット」の配布によりLISKをプラットフォームに様々なアプリケーションの開発が世界中で盛んに行われれば。。。

 

仮想通貨Lisk(LSK)の個人的見解

仮想通貨Lisk(LSK)はイーサリアムと似ていますが技術的な特徴からイーサとはまた違った可能性があることがわかりました。
現時点ではイーサリアムに勝つというかイーサリアムよりも広く使われるイメージはわきませんが、特定のライトな分野でスマートコントラクトが必要になれば使われる余地は十二分にあるかと思います。

何よりもJavaScriptで開発されているのでプラットフォームとしての参入障壁はイーサリアムとは比べ物にならないくらい低く、様々なサービスが爆発的にLISKを土台として開発される可能性だってあります。

そういった意味では仮想通貨Lisk(LSK)はイーサリアム(ETH)の半分どころか10分の1の価格にもなっていないので値上がりの余地は非常に大きいと言えますね。

また現状ではバージョンが0.9で未完成であるというのも驚きですが、それだけに完成した際の期待は大きいものがあります。

それから仮想通貨Lisk(LSK)はマイクロソフトと提携しておりマイクロソフトが提供するクラウドサービスのAzureのサポートがガッツリ受けられる体制なのも心強いですね。

仮想通貨Lisk(LSK)は日本の取引所で円で購入する場合はビットフライヤーなどで購入できます。

ビットフライヤーのトレードクラスの登録手順
bitFlyer(ビットフライヤー)の口座開設とアプリについて詳しく解説

bitFlyer(ビットフライヤー)は国内大手の暗号通貨・仮想通貨取引所です。 ビットコイン(BTC)の他にイーサリアム(ETH)やライトコイン(LTC)な ...

続きを見る







-LSK(リスク), オルトコイン

Copyright© クリプトナンバー28 , 2018 All Rights Reserved.