クリプトナンバー28

イーサリアムの話題やその他の暗号通貨・仮想通貨などについても調査

ETH(イーサリアム) オルトコイン

イーサリアム(Ethereum)のトークン規格ERC20とは?

投稿日:

EthereumのERC20

イーサリアムをプラットフォームにしたトークンで度々「ERC20」という単語を目にすることが多いかと思います。

ERC20とは何か、またERC20の次世代規格ERC223についても調査しました。

 

ERC20とは?

ERC20を簡単に説明するとイーサリアム上でトークンを発行する際の共通規格となります。
Ethereum Request for Comments:Token Standard#20の略称で、ERC20と名付けられました。

ERC20の規格で作成されたトークンの全てはイーサリアムをプラットフォームとして動作し、そのイーサリアムはトランザクションを格納できるブロックチェーンとスマートコントラクトを実行するために設計された仮想マシン(EVM)で構成されています。

つまりERC20で動作している全てのトークンはイーサリアムのブロックチェーン上にあり、そのデジタル資産とされるトークンの信用担保はイーサリアムのブロックチェーンによって成り立っています。

 

ERC20でトークンを発行するメリット

ERC20を使って新規トークンを発行するメリットは発行者、ユーザー両方にあります。

一からフルスクラッチでオリジナルで新規の暗号通貨を発行するよりも、すでにプラットフォームが完成しているイーサリアムの基本的なブロックチェーンの機能を使える他、ウォレットを新規に作成しなくて良いというメリットは、開発者とユーザーに加え取引所に対しても大きなアドバンテージになります。

ERC20のトークンはERC20に対応しているウォレットで一元管理することが可能です。
イーサリアム公式ウォレットのMist(ミスト)やMyEtherWallet(マイイーサウォレット)などが有名です。

取引所は信用ならないのでイーサリアムの公式ウォレット”Mist”でETHを管理しよう

CCのはNEM流出問題のほとぼりも冷めぬ内に、Zaifもシステムの欠陥で盛大にやらかしており、ビットフライヤーもビットコイン現物とFXの大幅な乖離など問題が ...

続きを見る

普通に考えれば、海のものとも山のものともつかない新規のローンチされたばかりの暗号通貨に対して、わざわざ公式サイトからGithubなどに誘導して新規にウォレットのアプリをダウンロードしてもらうのは大きなハードルではないかと思います。

そこが軽減されるだけでもユーザーと開発者にはメリットですし、いざ上場するときに取引所もERC20の規格であれば、大きな変更や追加のシステムを構築せずに導入が可能です。
実際にERC20のタイプのICOトークンが迅速に取引所に上場しているのは、ERC20のトークンが数多く出回っているので取引所としても、ERC20関連技術の蓄積が進んでいるからとされています。

こういったメリットがあるので多くのICOでは、イーサリアムをプラットフォームにしたERC20の規格でトークンが発行されています。
また時価総額が2位のETHからの入金がやりやすいのも、資金調達が目的であるICO立案者にとってみれば大きなアドバンテージでとなります。

 

ERC20の問題点

上記で説明したように技術的に容易に、新規仮想通貨とも言えるトークンをある程度の技術力があれば誰でも容易に開発できるようになりました。

こんな感じでイーサリアムの公式サイトに、イーサリアムで作る仮想通貨のページイーサリアムで資金を調達する方法といった具合に技術的なノウハウが公開されています。

その結果、イーサリアムが広く普及し魅力的なプロダクトが世界中で沢山作られましたが、一部には詐欺のようなICOが増大してしまったのは紛れもない事実です。

この詐欺目的、ポンジスキームと呼ばれるICOに関して各国の政府機関、取引所、投資家も規制が必要と考えている反面、具体的な方法に関してはまだ手探りの状態です。

また詐欺でなくとも開発が止まってしまったトークンに関しても、イーサリアムのブロックチェーンに永遠に残るので、そのようなトークンが今後増大した場合、イーサリアム本体への影響が心配されています。

 

ERC20の代表的なトークン

では実際にERC20を活用しているトークンで有名どころを紹介します。

イーサリアムブロックチェーンに関する情報を提供するEtherscanというサイトで確認することが可能です。

上部メニューの"TOKENS"というところを選択すると、イーサリアム上で動いているトークンの一覧表が時価総額の高い順に表示されます。

このページの執筆時点ではランキングは以下のようになっています。

  1. EOS
  2. TRX(トロン)
  3. VeChain
  4. OmiseGO
  5. BNB
  6. ICON
  7. Populous
  8. Bytom
  9. Zilliqa
  10. Maker

バイナンスのオリジナル通貨のBNBもERC20で作成されていたことを今知りました(汗

コインチェックでおなじみのAugur(REP)は18位に付けていました。

Augur(オーガー)/REPとは?将来性や技術的な特徴をまとめてみました

国内で代表的なコイン販売所のコインチェックで扱われていることから国内でも知名度が高いオルトコインであるAugur (オーガー)について調べました。 Augu ...

続きを見る

また過去に紹介したWAXは35位、根強いファンがいるEnigma(ENG)は39位でした。

ゲーム内のアイテムを売買するRMTのために開発されている草コインWAX

WAXはWorldwide Asset eXchangeの頭文字を取って命名されたゲーム内のアイテムを売買(RMT=リアル・マネー・トレード)するために開発 ...

続きを見る

さらに過去に紹介した未来のスポーツ選手に投資ができるプラットフォームを目指しているSPFは293位…

SportyCo(SPF)は未来のスポーツ選手の育成クラウドファンディングのためのトークン

本日は変わり種の草コインであるSportyCo(SPF)のご紹介です。 SportyCoはスポーツ選手育成、チーム、競技団体のためのクラウドファンディングの ...

続きを見る

深入りは無用な感じですね。

個人的にはGolem(ゴーレム)というトークンが最近気になっています。

 

またコインマーケットキャップという有名サイトでも、トークンのみでソートすることが可能です。

時価総額で並んでいる通貨一覧表のところのタブをTokensに切り替えてください。

USDTもトークン扱いなのが良くわからないのですが、時価総額上位のトークンは全てイーサリアムをプラットフォームにしていることがわかります。

この日のランキングでは19位にようやく中国版イーサリアムとされるNEOをプラットフォームにしたOntologyというトークンがありました。

そこからはまたイーサリアム無双で、33位にNEOプラットフォームのGas、54位にOmniプラットフォームのMaidsfeCoin、といったような具合にトークンプラットフォームのシェアはイーサリアムの一強と言っても過言ではありません。

 

ERC20の上位互換規格ERC223

現在、イーサリアムをプラットフォームとするトークン企画で最も広く使われているERC20ですが、技術的な問題点があります。

それはトークンをユーザーのアドレスではなく、コントラクトアドレスに間違って送金した場合に処理が実行されてしまう問題です。

これにより世界中で3億5千万円以上の損害が出たとされています。

申し訳ないのですが普通のプロダクトですとバグ報告であがってくるような内容で、もちろんイーサリアムの開発陣もそう受け止めているからこそ、その問題を解決したERC223をリリースしています。

ERC223はご送金を未然に防ぐ機能を持ち、誤って送金したとしても元のアドレスに送り返される仕様となっており、ERC20と同じ問題は起こりません。

ERC223は全てのERC20機能をサポートし、ERC20トークンを使用している契約やサービスはERC223トークンで正しく機能するとされています。
つまりERC223はERC20の上位互換になります。







-ETH(イーサリアム), オルトコイン

Copyright© クリプトナンバー28 , 2018 All Rights Reserved.