クリプトナンバー28

イーサリアムの話題やその他の暗号通貨・仮想通貨などについても調査

ETH(イーサリアム) オルトコイン ビットコイン 仮想通貨・暗号通貨 市場環境

9人の専門家のBTCの価格予想値をイーサリアムに変換してみる

投稿日:

4月13日の急上昇を境に仮想通貨界隈が再び賑わってきましたね。
そんな中、海外の仮想通貨関連のニュースサイトで10人の専門家によるビットコインの今後の価格予想の記事がありました。(本当は9人です)

Bitcoin prices can only go higher – much higher – according to no fewer than ten expert predictions for 2018.

なかなか衝撃的で非常に夢のある内容でした(^^
専門家によるビットコインの予想価格と、それを私独自にイーサリアムの価格に置き換えてご紹介します。

尚、イーサリアムの価格は現在のBTC8000ドルに対して、ETH500ドルで算出しています。

 

1人目:Dan Morehead氏は2018年12月までにBTCは20,000ドル(ETHは1250ドル)

dan_pantera1人目は投資会社Pantera CapitalのCEOであるDan Morehead氏の予想です。
ビットコインの価格は2018年の12月までに少なくとも2万ドル(107円換算で約214万円)を付けると予想しています。

その時、ETHは1250ドルになり、日本円に換算すると約13万3000円になります。

「タイミングに関する確信はほとんど無い」とのことですが、Dan Morehead氏は今年中にビットコインが再び200万円台に乗ると予想しています。

 

2人目:Thomas Lee氏は2018年12月までにBTC25,000ドル(ETHは1560ドル)

Thomas Lee

投資コンサル会社のFundstratの共同設立者のThomas Lee氏による予想は、2018年の12月までにBTCが2万5千ドルを超え、さらに2022年までにはBTCは12万5千ドルへ上昇するとしています。

BTCが2万5000ドルの時にはETHは1560ドル(日本円に換算すると約16万7000円)になることになり、BTCが12万5千ドルになるとETHは7800ドルとなり、日本円で83万円を付けることになります。(2022年に為替が1ドル==107円とは限りませんが)

2018年12月までに2万5000ドル超えは自信を持っているそうです。

 

3人目:Max Keiser氏は28,000ドル(ETHは1750ドル)

アメリカのベテランジャーナリストでロシアの国営放送の金融番組Keizer Reportを主宰するMax KeiserことTimothy Maxwell氏の予想は2万8千ドルと予想しています。

時期については明確に述べられていませんが、先日13日の上昇で射程圏内に入ったと意味深なツイートをしています。

 

 

4人目:Alistair MilneはBTCは35,000ドル~60,000ドル(ETHは2200~3700ドル)

投資家であり、企業家であり、ビットコインをはじめとする仮想通貨のエバンジェリストのAlistair Milne氏のビットコインの予想は、次回のブロック報酬の半減期が来る前に3万5千ドルから6万ドルになると予想しています。

ビットコインの半減期は2020年に予定されており、その前には値上がりすると予想しています。

BTCが3万5千ドルだとETHは約2200ドル(日本円換算で235,000円)、BTCが6万ドルだとETHは約3700ドル(日本円換算で約40万円)になる計算です。

 

5人目:Anthony Pompliano氏は2018年12月までにBTC5万ドル(ETHは3100ドル)

暗号通貨・仮想通貨の有名投資家、通称Pompと呼ばれているAnthony Pompliano氏の予想は、今年の年末までにビットコインは5万ドルを回復するとしています。

これはBTCが3月末に7000ドルを下回った際に発言されており、ポジショントークなのか、本当の予測なのか意見が分かれるところですが、人々が関心が無かった時から暗号通貨・仮想通貨に投資してきているプロ中のプロの発言ですので注目されています。

BTCが5万ドルの時にはETHは3100ドルになり、日本円換算では33万4000円程度になりますね。

 

6人目:John Pfeffer氏は2018年12月までにBTC75,000ドル(ETHは4,600ドル)

イギリスのロンドンを拠点とする有名投資家のJohn Pfeffer氏のビットコインの報告書によれば、ビットコインは今年の年末までに75,000ドルになる可能性があり、現実的な目標であるとしています。この報告書は1月に作成されています。

ビットコインが7万5千ドルになればETHは4600ドルになり、日本円換算で約50万円になることになります。

 

7人目:Kay Van-Petersen氏は2018年12月までにBTCは10万ドル(ETHは6,250ドル)

暗号通貨・仮想通貨の大物投資家であるKay Van-Petersen氏の予想は今年の年末までにビットコインは10万ドルになるという超強気予想です。

非現実的な価格のような気がしますが、Van-Petersen氏の予想は過去数年に渡り当たっており、今回の10万ドルもただのホラではないという声もあります。

もしBTCが10万ドルになったらETHは6250ドルになり、1EHTが約67万円になり夢のある話になりますね。

 

8人目:Tim Draper氏は2025年までにBTC25万ドル(ETHは15,600ドル)

ベンチャーキャピタル投資家でDraper Associatesの創設者であるTim Draper氏の予想は、2025年目までにはビットコインは25万ドルに達するというものです。

この発言はティム・ドライパー氏が主催する暗号通貨・仮想通貨のブロックチェーンについてのイベントでの発言とされています。

もしビットコインが25万ドルに達した時、単純計算でETHは15600ドルになります。
その時のイーサリアムは日本円で約160万の価値を持つことになりますね。

 

9人目:John McAfee氏は2020年までに100万ドル(ETHは62,500ドル)

アンチウイルスソフトで有名なJohn McAfee氏の予想は、びっくり仰天のビットコインが2020年までに100万ドルという大胆予想です。

世界屈指のプログラミングスキルとサイバーセキュリティの知見があり、コンピューターとネットワークの専門家であるジョン・マカフィー氏は暗号通貨・仮想通貨の魅力に憑りつかれており、数々の名言を残しています。

彼が紹介するコインはことごとく高騰するという伝説もあり、マカフィー砲とも言われています。

そんな彼は2020年までにBTCが100万ドルを超えなけなければ、「自分のDickを食べる」と言っています。
Dickとは英語のスラングで”オチン○ン”のことですねw

もしビットコインが100万ドルになれば、ETHは62,500ドルとなり日本円にして670万円になります。

 

 

いかがだったでしょうか?

世界の有識者達がにわかに信じられないくらいの価格を予想していましたね。

ビットコインにイーサリアムが今まで通りついてくることを前提にして、ビットコインが8000ドルとしてイーサリアムが500ドルという基準でETHの価格を計算し、ドル円が107円で円価格を計算しました。

もしビットコインよりもイーサリアムが評価されれば、今回算出した金額よりも高くなる可能性もありますが、その逆も十分にあり得ます。

あくまでも予想であり、絶対にこの価格になるとは限りませんので投資は自己責任でお願いします。







-ETH(イーサリアム), オルトコイン, ビットコイン, 仮想通貨・暗号通貨, 市場環境

Copyright© クリプトナンバー28 , 2018 All Rights Reserved.