クリプトナンバー28

イーサリアムの話題やその他の暗号通貨・仮想通貨などについても調査

取引所

コインチェックのNEMゴックス事件に対しての雑感と今後の仮想通貨への考察など

更新日:

コインチェック

2018年1月26日深夜未明に仮想通貨取引所「コインチェック」(Coincheck)がハッキングされ、仮想通貨5.2億XEM、当時のレートで計算すると約580億円相当が何者かによって出金されてしまうという事件が起こりました。
高さ634mの日本一の高層建築物である東京スカイツリーの総工費が約650億円ですので、莫大な金額が一夜にして失われたかよくわかります。

コインチェックのNEMゴックス事件の時系列

①深夜2時57分に複数回に分けて何者かがコインチェックからNEM(通貨はXEM)を不正送金。

NC4C6PSUW5CLTDT5SXAGJDQJGZNESKFK5MCN77OG
上記のアドレスが犯人のウォレットとされています。
このようにブロックチェーンで取引が公開されているので不正に取得したのも全部記録に残ることになります。

②11時25分頃にコインチェック社内で異常を確認。
愚痴を言いたくはないのですが金融系の会社だったら出勤は午前8時頃だと思うのですが、おそらく担当のエンジニアはフレックス制で11時ごろに出社だったのかと思います。

③12時07分頃にNEMの入金が一時停止になる

④12時38分頃にXEMの売買が停止になる

⑤12時52分頃にXEMの出金が停止になる

⑥16時33分頃にコインチェックで取り扱うすべての仮想通貨の出金が停止になる

⑦17時23分頃にBTC以外の売買が停止になる

⑧18時50分頃にクレジットカード入金、コンビニ入金、ペイジーなどが停止される

コインチェックは翌日にNEMの損失を日本円で補てんすることを発表

1月26日に不正送金されたNEMの補償について

総額:5億2300万XEM
保有者数:約26万人
補償方法:NEMの保有者全員に、日本円でコインチェックウォレットに返金いたします。
算出方法:NEMの取扱高が国内外含め最も多いテックビューロ株式会社の運営する仮想通貨取引所ZaifのXEM/JPY (NEM/JPY)を参考にし、出来高の加重平均を使って価格を算出いたします。算出期間は、CoincheckにおけるNEMの売買停止時から本リリース時までの加重平均の価格で、JPYにて返金いたします。
算出期間:売買停止時(2018/01/26 12:09 日本時間)〜本リリース配信時(2018/01/27 23:00 日本時間)
補償金額:88.549円×保有数
補償時期等:補償時期や手続きの方法に関しましては、現在検討中です。なお、返金原資については自己資金より実施させていただきます。

今のところ市場を含めコインチェックの対応は世間に受け入れらているようです。
しかし週明けの月曜になっても日本円での出金や、オルトコインの送金は停止したままで取引所としての機能は停止しています。

おそらく金融庁の許可無には再開は不可能だと思いますので、今のところコインチェックの再開の目途は立っていません。

今回は悪意の持ったハッカーの侵入と解釈されていますが、これだけの大量の暗号通貨を扱うに当たってコインチェック側のセキュリティが不十分なのは明白です。
そもそも情報セキュリティの問題の半分以上はヒューマンエラーであり、大体の原因は人間のミスである、という統計もあります。

さらに不正アクセスに関してもシステム上の脆弱な部分を放置していたケースがほとんどである場合が多いのです。

今回のコインチェック騒動で感じたこと

ここからが本題なのですが今回のコインチェック騒動で感じたことは、毎度なのですが世間一般人は仮想通貨のネガティブな側面だけを捉えたがる傾向がある、ということです。

よくわからない新しいものに対して否定から入る人間がやっぱり大多数であること、自分にはよくわからないし、理解もできないものだが、それで儲けている人間もいることへの嫌悪感。
そしてコインチェックの面白記者会見でのやり取りにも象徴されていましたが、メディアの社会部担当の記者ですらあの程度の知識しか持っていないという事実です。
いや、まだあの記者会見で質問できた記者はまだマシな方で、テレビのニュースに関しては本当に酷い解釈のものが多かったですね。

今回の件のテレビの取材の雑さ

一応テレビの報道編集部の人間は全国の一般人の平均よりは社会に対しての知識もあり、教養もあるはずなのですが仮想通貨・暗号通貨に関しては素人同然の知識しかないことがはっきりしました。
テレビマンですら、あの程度ですので興味のない一般人は更に意味不明でしょう。

テレビを見る人が減ったとはいえ、未だに一次情報源がテレビである人は多数います。
つまりはテレビの内容が平均的な日本人のマインドを示しており、仮想通貨(ビットコイン)という言葉はかなり浸透しましたが依然としてマイノリティなのは間違いありません。

NEM(XEM)の国内の保有者は26万人という事実

コインチェックからXEMを所有していた人間が26万人と発表されたわけですが、思ったよりも多いという印象の方がほとんどではないでしょうか。(ちなみに2018年時点での港区の人口が25万人)
580億円分を26万人が持っていたので平均すると1人20万円ほどの保有量となります。

NEMですらこの人数なのでイーサリアムやビットコインだと更に多いことが予想されます。
NEMは時価総額でいうと1兆円~1.5兆円をうろうろして6位~10位くらいにある通貨です。
ビットコインがその20倍の規模だとして、イーサリアムやNEMなどのオルトコインを保有している人はビットコインも持っている可能性が高いので単純に20倍だと国内では200万人程度が仮想通貨の取引をしているのでしょうか?

重複するユーザーもいるので100万人~150万人というのが私の予想です。
冷静に考えると日本の人口が1億2000万人なので1パーセント弱の人数になります。

これはキャズム理論いうところのイノベーターにあたる数字ですので、そういった意味では仮想通貨・暗号通貨はまだまだ始まったばかりと言えます。

各所で2018年の様々な予想が出ていますが今年は仮想通貨に参加する人数が10%に迫るという予想もあります。
そうなればちょうどアーリーアダプターの範囲のユーザーの参入となり、10人に一人はやっているといった状況になります。
参加者が増えるとそれだけ市場規模も大きくなりますので需要のある通貨は値上がりすることになります。

最近だとスマートフォンの普及を例にして考えれば物凄くわかりやすいかと思います。
スマートフォンに関しては既にレイトマジョリティにも行き渡り、パカパカのガラケーの方が珍しいものとなりました。

2007年1月に初代iPhoneが登場したのでスマートフォンは10年をかけて普及したと言えますね。

このXEMの国内保有者26万人という数字をどういった視点で捉えるかで、今後の仮想通貨の見方が変わってくるかと思います。

短期的にはビットコインを含め下落の予想

ビットコインの日足チャートになります。
125万くらいを軸に120万~130万の間をしばらくは行ったり来たりしながら値固めをしていく流れになっており、何かのきっかけで120万を下回れば一気に105万程度まで下がることになるでしょう。

チャートの形がだいぶ良くなってきたこともあり、反転して上昇の可能性も出てきました。
しかしコインチェック騒動の波が収まらないことには大きな上昇は見込めないことかと思います。
また来週からの中国の旧正月を照準にしてのハッキングなどの可能性もありますので警戒するにこしたことはないでしょう。







-取引所

Copyright© クリプトナンバー28 , 2018 All Rights Reserved.