クリプトナンバー28

イーサリアムの話題やその他の暗号通貨・仮想通貨などについても調査

オルトコイン 取引所 草コイン

【バイナンス(Binance)まとめ】取り扱っている全136種の暗号通貨の紹介(part5)

投稿日:

Binance(バイナンス)のロゴ

世界一の取引量を誇る仮想通貨取引所のバイナンスで取り扱っている全136種類の銘柄の簡単なまとめです。
2018年5月の段階でバイナンスで取引されている通貨の一覧になります。

翻訳したものを簡単に直しただけの部分もありますので、一部、日本語として読みにくい部分もありますが、咀嚼してお読みください。

ADA~CloakCoinまで

Binance(バイナンス)のアイコン
【バイナンス(Binance)まとめ】取り扱っている全136種の暗号通貨の紹介(part1)

世界一の取引量を誇る仮想通貨取引所のバイナンスで取り扱っている全136種類の銘柄の簡単なまとめです。 2018年5月の段階でバイナンスで取引されている通貨の ...

続きを見る

CMT (CyberMiles)からIOST (IOStoken)まで

Binance(バイナンス)のアイコン
【バイナンス(Binance)まとめ】取り扱っている全136種の暗号通貨の紹介(part2)

世界一の取引量を誇る仮想通貨取引所のバイナンスで取り扱っている全136種類の銘柄の簡単なまとめです。 2018年5月の段階でバイナンスで取引されている通貨の ...

続きを見る

IOTA (MIOTA)からONT (Ontology)まで

Binance(バイナンス)のアイコン
【バイナンス(Binance)まとめ】取り扱っている全136種の暗号通貨の紹介(part3)

世界一の取引量を誇る仮想通貨取引所のバイナンスで取り扱っている全136種類の銘柄の簡単なまとめです。 2018年5月の段階でバイナンスで取引されている通貨の ...

続きを見る

OST (OST)からTNB (Time New Bank)まで

Binance(バイナンス)のアイコン
【バイナンス(Binance)まとめ】取り扱っている全136種の暗号通貨の紹介(part4)

世界一の取引量を誇る仮想通貨取引所のバイナンスで取り扱っている全136種類の銘柄の簡単なまとめです。 2018年5月の段階でバイナンスで取引されている通貨の ...

続きを見る

 

尚、バイナンスの詳しい紹介や登録方法などは以下になります。

Binance(バイナンス)のアイコン
取引高世界一の超優良取引所のBinance(バイナンス)口座開設手順

仮想通貨の取引所として取引高が世界一の超優良取引所のBinance(バイナンス)の登録手順の解説です。 ※各取引所の取引高はこのサイトを参考にしています。 ...

続きを見る

 

TNT (Tierion)

TNT (Tierion)公式ページ

Tierionは大規模なデータ検証のためのユニバーサルプラットフォームを立ち上げています。

企業は財産権のタイトルや契約書などの重要な文書を保護し、誰でも自分の真実性を証明できるようになります。
医療、保険、金融サービスの企業は、膨大な量の重要なデータを保持するのに膨大なコストがかかっており、これらの業界内での情報の真正性を証明することは、実質的には不可能です。

Tierionはこの問題を、インターネット用の「証明エンジン」を提供することで解決します。
Chainpointと呼ばれる技術を開発しました。これは誰でもデータが作成されたときと元の状態から変更されたことを証明することができます。
Tierion開発陣はこの技術を使って、大規模なデータ検証のためのユニバーサルプラットフォームであるTierion Networkを立ち上げています。
Tierion Network Token(TNT)は、ネットワークインフラストラクチャを保護する経済的インセンティブを提供し、ネットワークリソースにアクセスする方法として機能します。

 

TRIG (Triggers)

TRIG (Triggers)公式ページ

Blocksafeは防衛分野向けの最初のBlockchainソリューションを提供します。
Blocksafeテクノロジーによって提供されるコンセンサスを使用することにより、Blocksafeは、オンラインの防衛技術のために暗号で実施される安全性を可能にします。

Blocksafeは防衛システムや兵器に直面するデータのプライバシーとセキュリティの問題を包括的に解決することを約束します。

 

TRX (TRON)

TRX (TRON)公式ページ

TRONは真に分散したインターネットのためのインフラを構築することに専念した野心的なプロジェクトです。
世界最大のブロックチェーンベースのオペレーティングシステムの1つであるTronプロトコルは、TRONエコシステム内のすべての分散アプリケーションの基礎となる拡張性、高可用性、および高スループットのサポートを提供します。
TRONは大規模な開発とエンゲージメントを可能にします。
TRONは、1秒間に1万トランザクション以上、高い並行性、低遅延、大量のデータ転送を実現するため、分散エンターテイメントアプリケーションの構築に最適です。
無料の機能とインセンティブシステムにより、開発者はユーザーにプレミアムなアプリ体験を提供することができます。
TRONプロトコルとTVMを使用すると、誰でも自分やそのコミュニティのためにDAPPを開発することができます。
スマートコントラクトにより、分散型の集団献金とトークン発行がこれまで以上に簡単になります。
TronのDAPPプロジェクトにはすでにPeiwo、Obike、Uplive、game.com、Kitty live、Micoが含まれており、世界中の100カ国以上から100万以上のアクティブユーザーが参加しています。

 

TUSD (TrueUSD)

TUSD (TrueUSD)公式ページ

TrustToken資産トークン化プラットフォームの一部であるTrueUSDは、USDの価値に固定されたブロックチェーンベースの安定したコインです。
TrueUSDシステムでは、米ドルは単一の会社が管理する銀行口座ではなく、エスクロー契約を締結した複数の信託会社の銀行口座に保持されます。前記エスクロー口座の内容は、毎月の証明書を発行する独立した第三者の会計士によって検証されます。

誰かがオンラインアプリケーションを通じてTrueUSDを取得したい場合、KYC / AMLチェックに合格する必要があります。
これが完了すると、TrueUSDの信託会社のパートナーの1人にUSDを送金することができます。
資金が信託会社によって確認されると、そのAPIはTrueUSDスマートコントラクトに対して、1対1の比率でトークンを発行し、それらを手元のアカウントに関連付けられたEthereumアドレスに送信するよう指示します。

一旦財布に入ればトークンは友人に移転される、もしくは支払いとして使用され、金銭的な(安定性と信頼)の利点を暗号通貨の利点(手数料や譲渡時間の削減)と組み合わせることができます。
また、ユーザーは、TUSDトークンをスマートコントラクトのアドレスに送り返すことで、本物の米ドルを交換することができます。
スマートコントラクトのアドレスは、信託会社に通知し、ユーザーの口座への銀行振り込みを開始します。

 

USDT (TetherUS)

USDT (TetherUS)公式サイト

USDTアイコン
米ドルとペッグする特殊な仮想通貨Tether(USDT)

仮想通貨・暗号通貨はドルやユーロ、円に対して独立した価値を持っているのが普通ですが、仮想通貨の中には米ドルと同等の価値、つまりは米ドルとペッグされた特殊な位 ...

続きを見る

USDTはオムニレイヤプロトコルを介してBitcoinブロックチェーン上で発行される暗号化アセットです。
各USDTユニットは、Tether Limitedのリザーブで保有されている米ドル建てのドルで裏付されており、Tether Platformを通じて償還することができます。
USDTはビットコインまたは他の暗号のように転送、保管、使用することができます。

USDTおよびその他のTether通貨は、法定通貨の譲渡を容易にし、ユーザーにBitcoinの安定した代替品を提供し、現時点で信頼性の低い交換およびウォレットの監査の代替品を提供するために作成されました。
USDTは、証拠金プロセスの証明を導入することにより、証拠金証書の方法の代替案を提供しています。

Tether Proof of Reserveシステムでは、Omnichest.infoで提供されているツールを使用してBitcoinブロックチェーン上のUSDTの金額を簡単にチェックすることができます。
また、保留されている米ドルの合計金額は、銀行残高を公表し、 専門家による監査を受けています。

 

VEN (VeChain)

VEN (VeChain)公式ページ

VeChainは偽造、データ不正行為、データ操作、保証業務、金融サービスや第三者の信頼などのビジネス上の障壁を排除して、データ管理とIoTソリューションの堅牢なインフラストラクチャを提供することにより、ブロックチェーン技術を実際の使用事例に結びつけることを目指しています。
これはブロックチェーン+ IoT技術の革新、パートナーシップ、世界各地のブランド企業とのコラボレーションによって達成されています。

 

VIA (Viacoin)

VIA (Viacoin)公式サイト

Viacoinは2014年に作成されたオープンソースの暗号化通貨で、Bitcoinプロトコルに由来し、120バイトのOP_RETURNが拡張されています。
Viacoinには2300万のコインと24秒のブロック時間があり、これはBitcoinより25倍高速なトランザクション速度を意味します。
他の機能には、DarkGravityWave、Scrypt AuxpowおよびVersionbitsというマイニング難易度調整アルゴリズムが含まれており、一度に29個のソフトフォーク変更を同時に実行できます。

ViacoinはSegWitを採用しました。分離監視は、トランザクションのサイズを縮小し、UTXOの成長に対処するのに役立ちます。
また、ブロック単位のトランザクションスループットを2倍または3倍に向上させることを目指しています。
同時に新しいノードのブロック同期を高速化し、 ViacoinはSchnorrシグネチャのような他の機能も統合し、トランザクションのサイズとコストを削減します。

Viacoinを使用すると、集中型取引所を使用せずに異なる暗号化通貨間のクロスチェーンアトミックスワップを実行できます。

ViacoinはPeter ToddのBIP 65 OP_CHECKLOCKTIMEVERIFY提案を統合する最初のAltcoinでした。アトミックスワップ契約では、RIPEMD160の代わりにSHA256シークレットハッシュを使用しています。
これは、より安全でaltcoinとの互換性がより広いためです。

 

VIB (Viberate)

VIB (Viberate)公式サイト

Viberateはクラウドソースによる生演奏のエコシステムであり、ミュージシャンが予約代理店やイベント主催者と合致するブロックチェーンベースのマーケットプレイスです。
私たちは、150,000人以上のアーティスト、2,000の予約機関、60,000の会場、50万のイベントのプロフィールを掲載しています。

 

VIBE (VIBE)

VIBE (VIBE)公式サイト

VIBEHubは、バーチャルリアリティマーケットプレイスとハブを作成する能力を備えたテクノロジープラットフォームであり、従来の技術の可能性をはるかに超えた体験をユーザが購入して販売することを可能にします。

あなたが実際にショーに行っているような感じのライブ・コンサート、またはあなたから離れて2000マイル離れて生活しているあなたの好きなアーティストとのバーチャルな出会いを想像してみてください。
VIBEHubはそれをすべて可能にします。
ボクシング、ギター、ヨガまでのレッスンは、このVR技術の例です。
インストラクターは伝統的な技術の範囲に限定されるのではなく、実物のサイズや蝶のような大きさにスケーリングすることができます。
これらのハブ上のすべてのトランザクションは、我々のVIBEトークンを使用します。
これはEthereumブロックチェインに基づく暗号侵害です。
VIBEHubを従来のバーチャルリアリティアプリケーションよりも高くするのは、ボリュームビデオ(Holoportation Technology)でのビジュアルパフォーマンスをキャプチャする機能です。
アーティスト、教育者、インストラクターのホログラムを活用し、独自のカスタム(VR)環境に配置することは、VIBEHubが今後数年間、(VR)技術の最前線に立つことを保証するものです。

 

WABI (WaBi)

WABI (WaBi)公式サイト

WaBiは偽造商品防止システムで使用されるトークンです。

WaBiはWalimaiチャネルを通じて販売されている製品が物理的およびデジタル的に偽造防止されていることを確実にするために、バンキングレベルのRFIDベースの耐タンパーラベルをブロックチェーン上の製品のデジタル表現と組み合わせて使用しています。
Walimaiソリューションは、物理的な製品で発生するすべてのトランザクションがブロックチェーンに反映されるようにして、ブロックチェーンを物理的な世界に確実にリンクします。

ラベルは個々の振る舞いがシステムの全体的なセキュリティに寄与する分散アルゴリズムによって複製から保護されます。
この行動を促し、Walimaiチャネルで製品を購入する消費者に報酬を与えるために、システムにはWaBiトークンが使用されています。

 

WAN (Wancoin)

WAN (Wancoin)公式サイト

Wanchainは新しい分散型金融インフラストラクチャを作り出しています。
Wanchain上に構築されたクロスチェーン・スマートな契約は、新しいデジタル経済を支えます。

Wanchainは単なる普遍的なクロスチェーンプロトコルではなく、クロスチェインおよびチェーン内トランザクションを記録する分散元帳です。

元帳はスマートな契約をサポートするだけでなく、プライバシー保護をサポートします。

 

WAVES (Waves)

WAVES (Waves)公式サイト

仮想通貨Wavesは法定通貨も取引可能な分散型取引所プラットフォーム

Waves(ウェーブス)は2016年4月に公開された分散型の金融取引のプラットフォームとしてオープンソースで開発されている仮想通貨です。 開発者の中心人物は ...

続きを見る

Wavesは、ブロックチェーンテクノロジの利点を一般の企業やエンドユーザーが利用できるようにするために作成されました。
プラットフォームは2016年に開始され、既存のブロックチェーンサービスの欠点に対処するために設計されました。
その結果、セキュリティ、簡単なトークン操作(作成、転送、交換)、簡単なユーザーエクスペリエンス、スピードやスケーラビリティなどの長期的な重要な問題に対処するエンタープライズ対応のプラットフォームが実現します。

 

WINGS (WINGS)

WINGS (WINGS)公式サイト

WINGSは自律分散型組織(DAO)と呼ばれる流動的な組織モデルを通じて、新しいプロジェクト提案の立ち上げ、支援、推進に専念するコミュニティを結成し、育成するブロックチェーンプラットフォームです。
DAOは不変ブロックチェーンとスマートコントラクトの実行を使用して、自己決定的かつ独立した組織ガバナンス、管理、およびオペレーションを実装します。

WINGSは、注目報酬、予測市場、スマートコントラクト、ガバナンスモデル、フェデレーテッドファンドセキュリティなど、いくつかのコンセプトを組み合わせています。
このプラットフォームは、WINGSコミュニティに正の財務的収益の可能性の高い高価値提案を特定し、促進するよう促すことに重点を置いています。
WINGSはWINGSトークン所有者が報酬を最大限に活用できる最良の方法を選択するための、具体的なインセンティブを提供する、分散型の予測エコシステムを構築します。

 

WPR (WePower)

WPR (WePower)公式サイト

WePowerはブロックチェーンベースのグリーンエネルギー取引プラットフォームです。

WePowerは再生可能エネルギー生産者が、独自のエネルギートークンを発行することによって資本を調達することを可能にします。
これらのトークンは生産して提供することを約束するエネルギーを表します。
エネルギートークンの標準化により、現在の既存のエネルギー投資エコシステムが簡素化され、世界的に開放されます。
その結果、エネルギー生産者はグリーンエネルギー購入者(消費者と投資家)と直接取引でき、エネルギーを市場価格よりも低い価格で先行販売することによって資本を調達することができます。
エネルギートークンは、流動性を確保し、資本へのアクセスを拡大します。

 

WTC (Walton)

WTC (Walton)公式サイト

Blockchainに基づいてWaltonchainはRFIDテクノロジーを利用してブロックチェーンに基づいたValue Internet of Thingsというコンセプトを実現し、信頼できる完全なビジネスモデルを作成します。
その目的は、チェーンの一番下に商業用エコロジーの公開チェーンを構築することです。
このチェーンでは、商人は自分の必要に応じてさまざまなサブチェーンを構築できます。すべてのデータ(所有権データ、商品フローデータなどを含む)のビジ​​ネスエコシステムの主な特徴は、タイムスタンプ付きの本物の耐タンパーなものであり、本当に信頼できるビジネスエコシステムを構築することができます。

Waltonチェーンのエコシステムでは、最も重要な親チェーンはWaltonチェーンと呼ばれ、循環と支払いに使用されるトークンはWTCと呼ばれます。 WTCはWaltonchain Project System全体で中心的な役割を果たしています。

1.存在の意味

まず、ノードがアカウントを保持し、親チェーンのすべての機能の信頼性の高い操作をサポートするようにWTCに報酬を与える。

さまざまな業界のサブチェーンを作成するときは、WTCを消費して、WTCの一部で信用保証を保存する必要があります。

サブチェーンアプリケーションデータの貢献の報酬メカニズムは、当社のコアテクノロジーを通じて実現することができます。

Waltonchainは、商用アプリケーションのすべての種類の価値データに接続します。これらの価値データに基づく上位アプリケーション決済システムは、WTCに基づいてスムーズに実行できます。

結論として、様々な産業のサブチェーンの量と規模の発展に伴い、WTCアプリケーションの需要は引き続き増加し、WTCの上昇を促進する。

2.技術革新

WaltonchainはRFID技術とBlockchainを組み合わせ、最初の物事のインターネットの価値のコンセプトを思い付いた。 WTCの取引記録は、オープンで安全、分散化、追跡可能、耐タンパー性があり、製品のトレーサビリティに関する問題を解決しました。

Waltonchainは、独自の二重鎖アーキテクチャ設計コンセプトを採用し、サブチェーンと親チェーンとの間のデータ交換の問題と資本移転を効果的に解決する最新のクロスリンクと検証メカニズムを提供します。

Waltonchainは、PoS + PoWに基づくハイブリッドコンセンサスメカニズムを採用しています。

 

XEM (NEM)

XEM (NEM)公式サイト

NEM(XEM)とは?特徴や機能性を調べて将来性を予想

2018年も飛躍が期待される仮想通貨のNEM。 仮想通貨としての基本情報はこんな感じです。 プロジェクト発足:2015年3月31日 開発者/開発組織:Uto ...

続きを見る

NEMは世界初のスマート資産ブロックチェーンです。
NEMのブロックチェーン技術は、エンタープライズレベルのパフォーマンスを根底から構築し、通貨、サプライチェーン、公証、所有記録など、ほぼあらゆる種類の資産を管理するための世界クラスのプラットフォームを提供します。
NEMの力は、直接かつ安全な開発者インターフェイスを介して公開され、ブロックチェーンソリューションを記録的な時間内に展開することができます。
NEMは、次善のモバイルアプリを構築しているか、既存のビジネスインフラストラクチャにブロックチェーンを導入しているかにかかわらず、ブロックチェーンをあなたに提供します。

NEMのSmart Asset Systemを使用すると、誰でもNEMブロックチェーンの使用方法を完全にカスタマイズすることができます。
ドメインのようなネームスペースやブロックチェーンの完全なマルチシグネチャコントロールなど、堅牢な機能を備えています。
どのアプリケーションもNEMのシンプルなAPIを通じてこれらの機能にアクセスすることができ、モバイルアプリ、既存のビジネスインフラストラクチャ、または契約ロジックに簡単に統合できます。
NEMパブリックブロックチェーンは、開発者にオープンで自己スケーリング可能なプラットフォームを提供します。

 

XLM (Stellar Lumens)

XLM (Stellar Lumens)公式サイト

Stellarはオープンソースの分散型決済インフラストラクチャです。
途上国に焦点を当て、人々、支払いシステム、銀行をつなぐ飛躍的な技術です。 Lumens(XLM)と呼ばれる暗号資産をブリッジとして使用することで、複数の通貨や資産取引を迅速かつ確実に、そして数分の1ペンスで容易にすることができます。

Stellarの基本的な運用は、ほとんどの分散型決済技術と同様です。
すべてのノードの間で2〜5秒ごとに更新される分散元帳を備えた分散型サーバーのネットワークを実行します。StellarとBitCoinの間の最も顕著な区別の要因は、コンセンサスプロトコルです。

Stellarの合意プロトコルは、取引を承認するためにマイニングネットワーク全体に依存していません。
代わりに、トランザクションの高速処理を可能にするFBA(Federated Byzantine Agreement)アルゴリズムを使用します。
これはクォーラムスライス(またはネットワークの一部)を使用してトランザクションを承認して検証するためです。

Stellarネットワークの各ノードは、「信頼できる」ノードの別のセットを選択します。
トランザクションがこのセット内のすべてのノードによって承認されると、承認されたとみなされます。
短縮されたプロセスにより、Stellarのネットワークは非常に高速になり、毎秒1,000回ものネットワーク操作を処理すると言われています。

 

XMR (Monero)

XMR (Monero)公式サイト

モネロのアイコン
Monero(モネロ)/XMRとは?特徴や技術的優位性から将来性について

仮想通貨Monero(モネロ)は匿名性が高いことが特徴のオルトコインです。 2017年1月の段階では1300~1400円程度でしたが2018年1月の段階で4 ...

続きを見る

Monero(XMR)は、2014年4月にWindows、MacOS、Linux、Android、およびFreeBSDで動作するプライバシーと分散化に焦点を当てたオープンソースの暗号化方式です。
Moneroは公的元帳を使用してトランザクションを記録し、新しいユニットはマイニングと呼ばれるプロセスによって作成されます。
Moneroは、送信者、受信者、およびすべてのトランザクションの量を不明瞭にするだけでなく、マイニングプロセスをより平等なものにすることによって、既存の暗号化の設計を改善することを目指しています。

 

XRP (Ripple)

XRP (Ripple)公式サイト

リップル社と提携している金融機関
Ripple / XRP(リップル)とは?特徴や機能性を調べて将来性について

2017年の前半は1円以下の価値しかなかったリップルは2018年1月で最高400円を超える値をつけました。 つまり1年で約400倍! 40000%アップして ...

続きを見る

リップルはBitcoinと競合するのではなく、補完的な位置を占めています。
Rippleは分散型ネットワークであり、ネットワークを介して直ちにトランザクションが発生することを意味します。
また、ピアツーピアなので、ネットワークはシステミック・リスクに対して弾力性があります。
リップルは、ビットコインと同種のものとは異なり、マイニングされませんが、トランザクションごとに少量のXRPが破棄され、システムにデフレ対策が追加されます。

 

XVG (Verge)

XVG (Verge)公式サイト

2017年度の上昇率ナンバー1のVERGE(XVG)のマイニング

このVERGE(ヴァージ)コインの値上がり率に魅せられて、草コインに興味を持つきっかけになった人は少なくないと思います。私もそんな中の一人なのです。 VER ...

続きを見る

Verge Currencyは日常的な支払いに使用されるために設計された暗号通貨です。
オリジナルのBitcoinブロックチェーンを改善し、個人および企業に、個人的なプライバシーを維持しながら、迅速かつ効率的で分散した直接取引を行う方法を提供するという当初の目的を達成することを目指しています。

Vergeは直接取引を迅速かつ効率的かつ非公開で行うことを可能にします。
Vergeコインは、企業や個人が支払いを送受信するための柔軟なオプションを備えています。
スイッチの導入により、私たちは商人と小規模の私的支払いの大規模な取引を処理するための有用な統合とツールを提供しています。

はっきりとした通貨は事前にマイニングされていませんでした。
開発チームと寄稿者は、他の誰かのように公開市場でコインを購入します。
プリ・マインは資金調達の仕組みであり、通貨の開発者はそれを公開する前に特定の住所に行くためにある金額を配分します。
このプロジェクトはICOがなかったので、チームはコインの分配や総流通に影響を及ぼすために多額のコインを保持していません。

最大供給量は165億XVGです。 Verge Currencyは、毎日の使用に便利な支払い金額を考慮して、このように設計されています。
Bitcoinとは対照的に、たとえば0.00004 BTCでの支払いはありません。
もう1つの理由は、総供給量の大部分を支配することを困難にすることによって市場操作のリスクを減らすことです。

 

XZC (ZCoin)

XZC (ZCoin)公式サイト

ZcoinはZerocoin Protocolの最初の完全実装であり、ユーザーはZero-Knowledge暗号の証明を通じて完全なプライバシーを得ることができます。
ZcoinがZerocashプロトコルを利用する他の暗号化通信と無関係であることは注目に値する。
ZerocashはZerocoinの開発ですが、それぞれの実装は単純なものではありませんが、様々なトレードオフを使用して異なる暗号の前提に頼っています。
両方のアプローチはお互いを補完し合っており、それらを記述する良い方法は兄弟プロジェクトになります。
Zerocoinプロトコルは、実装されたときにトランザクションと住所の残高を隠す新しい拡張機能など、積極的に調査され改善されています。

 

YOYO (YOYOW)

YOYO (YOYOW) 公式サイト

YOYOWはBlockchainベースのソーシャルメディアプラットフォームであり、YOYOWはFacebook、Quora、Zhihuのブロックチェーン版になりたいと考えています。
コンテンツクリエイター、キュレーター、サードパーティーのプラットフォームに報いる新しいコンセンサスアルゴリズムPoF(フローの証明)を使用しています。 競合他社とは異なり、yoyowはコンテンツコンプライアンスのための完全なツールキットを提供しています。 それはまだ完全に分散されたブロックチェーンコンテンツプラットフォームです。

YOYOトークンは、YOYOWプラットフォームのコンテンツ制作者に報酬を与えるためのトークンの一種です。

 

ZEC (Zcash)

ZEC (Zcash)公式サイト

Zcash(ジーキャッシュ)/ ZECとは?匿名性に優れたオルトコインの将来性

2016年の10月にお披露目された匿名性が高いことをウリにしている暗号通貨Zcash(ジーキャッシュ)。 当初の開発の目的はビットコインの問題点を解決する暗 ...

続きを見る

ZCashは、プライバシーに基づいた暗号化方式です。
ZCashは、二重支出の可能性なしにすべての情報(送信者、受信者、金額)が暗号化されていることを保証するために、知識のゼロ知識簡潔な非対話型引数(zk-SNARK)を使用します。 取引に関して明らかになった唯一の情報は、取引が行われる時間です。

 

ZEN (ZenCash)

ZEN (ZenCash)公式サイト

Zenは、コミュニケーション、データ、または値を安全に送信および格納できるゼロ知識技術を使用したエンドツーエンド暗号化システムです。
これは伝統的に別々に行われている3つの機能を組み合わせることで、イノベーションが加速するシステムを作り出す革新的技術の統合です。

1)取引

2)コミュニケーション

3)競争上のガバナンス

これは世界中の分散型ブロックチェーンとコンピューティングインフラストラクチャを使用して、安全で匿名の方法で行われます。
このシステムは、複数のクラス最高のテクノロジーを統合して、ユーザーの好みで進化する無意味なイノベーションのためのオープンなプラットフォームを形成します。

ZenCashは、安全なコミュニケーションと拒否可能な経済活動のプラットフォームです。 Zcashコードベースが進化したことで、安全な通信と復元力のあるネットワークを実現することが主な目的です。
プラットフォームとして、安全なグローバルメッセージング、永続的なファイルストレージ、および民間経済活動を可能にします。

 

ZIL (Zilliqa)

ZIL (Zilliqa)公式サイト

Zilliqaは、世界初のハイスループットパブリックブロックチェーンプラットフォームで、毎秒何千ものトランザクションに対応できるように設計されています。

Zilliqaはネットワークの拡張に伴ってトランザクションレートを向上させる新しいプロトコルを使用してシャーディング理論を実践しています。
このプラットフォームは、機械学習や財務アルゴリズムのスケーリング要件を満たすように設計された安全なデータ駆動型分散アプリを実現するように調整されています。

Zilliqaは2年間にわたり研究開発中であり、いくつかの画期的な導入を商業的に推進してきました。

 

ZRX (0x)

ZRX (0x)公式サイト

0Xのアイコン
イーサリアムトークン交換プラットフォームの0X(ZRX)の可能性

ZRXと表記される0X(ゼロエックス)は一言では説明が難しいのですが、やや強引に説明するとイーサリアムのトークンを交換できる分散型取引所(DEX)を構築する ...

続きを見る

0xは、Ethereumベースのトークンと資産の分散された交換を容易にするオープンプロトコルです。
デベロッパーは、さまざまなユーザー向けアプリケーション(0x09)を使用して独自のカスタム交換アプリケーションを構築することができます。
これは、Ethereumベースのトークンの取引所に頼らない分散取引を容易にする分散アプリケーションです。

0xトークン(ZRX)は、メーカとテイカーが取引金額を、Relayers(公序良書を保持し維持するエンティティ)に支払うために使用されます。
ZRXトークンは、0xプロトコルの更新メカニズムを介した分散型ガバナンスにも使用されます。このメカニズムにより、基盤となるスマートコントラクトを置き換えて時間をかけて改善することができます。

 

 

仮想通貨取引所として、世界一の取引量を誇るバイナンスの詳しい紹介や登録方法などは以下になります。

Binance(バイナンス)のアイコン
取引高世界一の超優良取引所のBinance(バイナンス)口座開設手順

仮想通貨の取引所として取引高が世界一の超優良取引所のBinance(バイナンス)の登録手順の解説です。 ※各取引所の取引高はこのサイトを参考にしています。 ...

続きを見る

 

 

ADA~CloakCoinまで

Binance(バイナンス)のアイコン
【バイナンス(Binance)まとめ】取り扱っている全136種の暗号通貨の紹介(part1)

世界一の取引量を誇る仮想通貨取引所のバイナンスで取り扱っている全136種類の銘柄の簡単なまとめです。 2018年5月の段階でバイナンスで取引されている通貨の ...

続きを見る

CMT (CyberMiles)からIOST (IOStoken)まで

Binance(バイナンス)のアイコン
【バイナンス(Binance)まとめ】取り扱っている全136種の暗号通貨の紹介(part2)

世界一の取引量を誇る仮想通貨取引所のバイナンスで取り扱っている全136種類の銘柄の簡単なまとめです。 2018年5月の段階でバイナンスで取引されている通貨の ...

続きを見る

IOTA (MIOTA)からONT (Ontology)まで

Binance(バイナンス)のアイコン
【バイナンス(Binance)まとめ】取り扱っている全136種の暗号通貨の紹介(part3)

世界一の取引量を誇る仮想通貨取引所のバイナンスで取り扱っている全136種類の銘柄の簡単なまとめです。 2018年5月の段階でバイナンスで取引されている通貨の ...

続きを見る

OST (OST)からTNB (Time New Bank)まで

Binance(バイナンス)のアイコン
【バイナンス(Binance)まとめ】取り扱っている全136種の暗号通貨の紹介(part4)

世界一の取引量を誇る仮想通貨取引所のバイナンスで取り扱っている全136種類の銘柄の簡単なまとめです。 2018年5月の段階でバイナンスで取引されている通貨の ...

続きを見る

 







-オルトコイン, 取引所, 草コイン

Copyright© クリプトナンバー28 , 2018 All Rights Reserved.