クリプトナンバー28

イーサリアムの話題やその他の暗号通貨・仮想通貨などについても調査

オルトコイン 取引所 草コイン

【バイナンス(Binance)まとめ】取り扱っている全136種の暗号通貨の紹介(part4)

更新日:

Binance(バイナンス)のロゴ

世界一の取引量を誇る仮想通貨取引所のバイナンスで取り扱っている全136種類の銘柄の簡単なまとめです。
2018年5月の段階でバイナンスで取引されている通貨の一覧になります。

翻訳したものを簡単に直しただけの部分もありますので、一部、日本語として読みにくい部分もありますが、咀嚼してお読みください。

ADA~CloakCoinまで

Binance(バイナンス)のアイコン
【バイナンス(Binance)まとめ】取り扱っている全136種の暗号通貨の紹介(part1)

世界一の取引量を誇る仮想通貨取引所のバイナンスで取り扱っている全136種類の銘柄の簡単なまとめです。 2018年5月の段階でバイナンスで取引されている通貨の ...

続きを見る

CMT (CyberMiles)からIOST (IOStoken)まで

Binance(バイナンス)のアイコン
【バイナンス(Binance)まとめ】取り扱っている全136種の暗号通貨の紹介(part2)

世界一の取引量を誇る仮想通貨取引所のバイナンスで取り扱っている全136種類の銘柄の簡単なまとめです。 2018年5月の段階でバイナンスで取引されている通貨の ...

続きを見る

IOTA (MIOTA)からONT (Ontology)まで

Binance(バイナンス)のアイコン
【バイナンス(Binance)まとめ】取り扱っている全136種の暗号通貨の紹介(part3)

世界一の取引量を誇る仮想通貨取引所のバイナンスで取り扱っている全136種類の銘柄の簡単なまとめです。 2018年5月の段階でバイナンスで取引されている通貨の ...

続きを見る

TNT (Tierion)からZRX (0x)まで

Binance(バイナンス)のアイコン
【バイナンス(Binance)まとめ】取り扱っている全136種の暗号通貨の紹介(part3)

世界一の取引量を誇る仮想通貨取引所のバイナンスで取り扱っている全136種類の銘柄の簡単なまとめです。 2018年5月の段階でバイナンスで取引されている通貨の ...

続きを見る

 

尚、バイナンスの詳しい紹介や登録方法などは以下になります。

Binance(バイナンス)のアイコン
取引高世界一の超優良取引所のBinance(バイナンス)口座開設手順

仮想通貨の取引所として取引高が世界一の超優良取引所のBinance(バイナンス)の登録手順の解説です。 ※各取引所の取引高はこのサイトを参考にしています。 ...

続きを見る

 

OST (OST)

OST (OST)公式サイト

OSTソフトウェアプラットフォームは企業がブロックチェーンから競争上の優位性を得る手助けをします。
OST開発陣は、地方分権の可能性を現実に変えるために、世界で最も先進的な組織と提携しています。

OSTは消費者向けアプリケーションのトークン化のためのOpenSTプロトコルと、コスト、リスクなしにオープンでスケーラブルなサイドチェーン上で自社ブランドのトークンを設計、起動、管理することができるERC-20ユーティリティトークンをベースに構築されています 。

OSTユーティリティー・スタックにはトークン設計が含まれています。
アイデンティティ管理; ユーザーフレンドリーな財布。 ユーザーインセンティブと報酬、P2P、B2C、B2Bトランザクションのサポート セキュリティ、詐欺防止、分析、および報告を監視するための管理ツール、そして他のEthereumベースのテクノロジとの相互運用性も提供します。

 

PIVX (PIVX)

PIVX (PIVX)公式サイト

Private Instant Verified Transaction(PIVX)は、PIVXに専門的に再ブランド化される前にDarknet(DNET)の名前で2016年2月1日に公開されたプライバシーに焦点を当てた分散型オープンソース暗号通貨です。
DFSが現在のStake of Stake(PoS)フェーズに移行した2016年8月には、初期作業証明書(PoW)配布フェーズが終了しました。

PIVXはBlackcoin PoS 2.0プロトコルで動作し、Bitcoinコア0.10.xコードベースに基づいています。
これはオープンな目に見える分散型ガバナンスとトランザクションプライバシーの向上のために、マスターネットのネットワークを利用しています。

PIVXの主な目的は、ほぼ即時のプライベートトランザクションを実現することと、関係するすべてのユーザーの利益のためにネットワークを維持するのに役立つガバナンスです。
PIVX開発陣はこれを達成する上でうまくいっていますが、機能のいくつかは開発中であり、近い将来に登場するはずです。

 

POA (POA Network)

POA (POA Network)公式サイト

POAネットワークは独立した※バリデーターによって到達された、PoAコンセンサスアルゴリズムを持つオープンなEthereumのサイドチェーンです。
(バリデータとはバリデーションを行う機能のことで、入力されたデータが仕様にそって適切に記述されているかを判断し、不適切な箇所があった場合にはエラーとして通知する。)
スピード、セキュリティ、コスト効率を兼ね備えたスマートコントラクトのためのパブリックネットワークです。

POAコアネットワークはPoAベースのプロトコルのルールに従って、ブロックをシールするバリデータ、およびネットワーク機能を有効にするDAppで構成されています。 コアネットワークは、独自のネイティブコインを持つ独立したチェーンです。

POAネットワークでは、個人によるコンセンサスがブロックチェーンの実現可能なビジネスモデルであるというケースを作り上げています。
高価な設定なしで信頼できない環境を作り、合理化された合意アルゴリズムはブロックチェーン群と結合し、価値を移転し、より迅速で安価なスマートコントラクトの基盤を確立することができます。

 

POE (Po.et)

POE (Po.et)公式サイト

Po.etはデジタルクリエイティブ資産のメタデータと所有権情報を記録するために設計された、オープンなで共有可能なユニバーサル元帳です。
Poetetはブロックチェーンの最初の非財務的アプリケーションである存在証明(Proof of Existence)の続きです。
PocoはBitcoinブロックチェーン上にオープンプラットフォームを構築することにより、世界で最も検証可能なデジタルメディア資産の記録を作成することを目指しています。
このレコードは誰でも共有可能で、標準的で拡張可能なメタデータ形式を使用して、スマートで相互運用可能なメディアアプリケーションを構築するためのフレームワークになります。

Pochatはブロックチェーン技術が金融アプリケーションのプラットフォームとして機能する不変かつ分散型の会計帳簿を作成することによって、金融業界に革命を起こしたのと同じ方法で、出版業界を変革させ、 集中メディアアプリケーションと分散メディアアプリケーションの両方のためのプラットフォームとなります。

 

Power Ledger(POWR)

POWR (PowerLedger)公式サイト

Power Ledger(POWR)は再生可能エネルギーの分散販売と購入を可能にする、オーストラリアのブロックチェーンベースの暗号化とエネルギー取引プラットフォームです。
このプラットフォームは世界中のさまざまなエネルギー市場へのアクセスを提供し、さまざまなエネルギーインフラストラクチャおよび規制に対応できるように設計されています。

マーケットは2つのブロックチェインレイヤーPOWRとSparkzで動作するデュアルトークンエコシステムに基づいています。 POWRトークンは消費者とホストがエコシステムとのインターフェースにエネルギーを提供し、スマート・ボンド・テクノロジーによって保護されます。
POWRトークンはSparkzトークンに変換することができ、エネルギー取引市場で取引に使用できます。

POWRトークンのための最初のICOはオーストラリアで最大の群集資金調達プロジェクトとなり、世界で14番目に資金を集めたICOになりました。

 

PPT (Populous)

PPT (Populous)公式サイト

Populousはブロックチェーンを使用して中小企業(SME)に請求書を担保としたファイナンス(借入)のより効率的な方法を提供するP2Pプラットフォームです。

一貫したキャッシュフローを持つことは、多くの中小企業にとって深刻な問題です。
遅延した支払いは英国の中小企業に、毎年20億ドル以上の手数料と機会損失を招いています。

Invoice financing(請求書を担保としたファイナンス)を使用することで、未払いの請求書を割引価格で売却し、現金をてっとり早く受け取ることが可能になります。
請求書を購入した人は、クライアントが支払った時に効果的に請求書を受け取り、その金額を受け取ることができます。

 

Qlink (QLC)

Qlink (QLC)公式サイト

分散型のモバイルネットワークであるQlinkは、ブロックチェーン上でオープンソースの通信インフラストラクチャを構築することに主眼に置いています。

 

QSP (Quantstamp)

QSP (Quantstamp)公式サイト

QuantstampはEthereumスマートコントラクトの脆弱性を発見するために設計された、最初のスケーラブルなセキュリティ監査プロトコルです。
Quantstampプロトコルは、Ethereumネットワーク上のすべてのスマートコントラクトを監査するスケーラブルで費用対効果の高いシステムを作成することによって、スマートコントラクトのセキュリティ問題を解決します。
時間の経過と共にQuantstampは、セキュリティが不可欠であるため、すべてのEthereumスマートコントラクトがQuantstampプロトコルを使用してセキュリティ監査を実行することが期待されています。

Quantstampプロトコルは悪いアクターの影響を緩和し、ガバナンスを提供するために必要なコンピューティングパワーを作り出すために、参加者の分散ネットワークに依存しています。
各参加者は、検証サービスの支払い、受信、または改善にQuantstamp Protocol Token(QSP)を使用します。

 

QTUM (Qtum)

QTUM (Qtum)公式サイト

QtumはシンガポールのQtum Foundationが開発したオープンソースのBlockchainプロジェクトです。

Qtumはハイブリッドブロックチェーンアプリケーションプラットフォームであり、Qtumのコアテクノロジーは、Bitcoinコア、Ethereum仮想マシン(EVM)や業界のユースケースに取り組むためのステークのコンセンサスを含む複数の仮想マシンを可能にするAccount Abstraction Layerのフォークを組み合わせています。
スマートコントラクトと分散アプリケーションを使い慣れた基盤上で実行しながら、開発者にとって堅牢な環境を提供できるようになります。
基礎となるテクノロジは、EVMとBitcoin Coreの未使用トランザクション出力モデルの間のブリッジとして機能する「Account Abstract Layer」を使用します。
OraclesとDatafeed機能があり、開発者は信頼できる情報源の周りに構築されたスマートコントラクトを作成できます。

 

RCN (Ripio Credit Network)

RCN (Ripio Credit Network)公式サイト

Ripio Credit Network(RCN)は、クレジットや融資の透明性と信頼性を向上させるスマートコントラクトとブロックチェーンテクノロジーに基づいたプロトコルです。
このプロトコルは、通貨に関係なく、世界中のどこにいても貸し手と貸し手との間の接続を可能にします。
伝統的な銀行仲介手数料および管理手数料を削減することにより、RCNは双方にとってより良い条件を可能にし、今日利用可能なものよりも優れた信用枠を作り出すことを目指しています。
仲介業者(「Cosigner」)を含めることにより、RCNは貸し手の信用リスクを中和しようとし、債務不履行の場合には、借り手の居住国における債務回収を管理するための代替メカニズムを提供します。

 

RDN (Raiden Network Token)

RDN (Raiden Network Token)公式サイト

RaidenネットワークはEthereum ERC20トークン用のオフチェーン転送ネットワークです。
これはチェーン上のトークン転送に代わる高速でスケーラブルで安価な代替手段を提供します。
同時にRaidenネットワークの転送は、ブロックチェーンと同様に改ざんが不可能で、セキュリティ、分散自治権の保証をユーザーに提供します。

 

REP (Augur)

REP (Augur)公式サイト

Augur(オーガー)/REPとは?将来性や技術的な特徴をまとめてみました

国内で代表的なコイン販売所のコインチェックで扱われていることから国内でも知名度が高いオルトコインであるAugur (オーガー)について調べました。 Augu ...

続きを見る

Augurは中央管理者が存在しない分散型の予測プラットフォームのプラットフォームです。
予測市場は起こっているイベントの確率を交換するために作られた市場で、市場価格は群衆がイベントが起こる確率をどのように考えるかを示します。
予測市場は多くの結果を正確に予測するのに有効であることが示されていますが、そのような市場を立ち上げる際の多くの規制上のハードルのためにまだ広く使用されていません。
Augurは、そのような市場を分散的に設定することを目指しています。

評判(REP)と呼ばれるAugurには財務トークンがあります。
8月17日から10月1日までの45日間のトークンセールがあり、合計約530万米ドルを調達しました。
総数1100万のREPトークンの80%が、トークンセールの間に売られました。
残りの16%は創業者によって保持され、4%は予測財団によって保護され、奨励金の使用を通じてさらなる発展のために使われます。

 

REQ (Request Network)

REQ (Request Network)公式サイト

REQとは、受取人が安全に支払うことができる支払い(請求請求書)を誰でも要求できる分散型ネットワークです。
すべての情報は、分散された本物の元帳に保存され、より安価で簡単で安全な支払いが可能になり、幅広い自動化が可能になります。

世界中で行われる貿易のバックボーンになるために、Requestは総勘定元帳を統合しています。

- 通貨、法律、言語にかかわらず、グローバル取引の100%をサポートすることを最終目標としています。

- Smartは既存の標準会計帳簿とは異なり、取引所の起源であり、コンピュータ化された取引コードを統合し、多数の支払い条件を管理するためです。

今日では、それらの不在はシステム全体を非効率的にし、デジタルとIoT(Internet Of Things)革命が絶対に成立しないようにします。
要求は、法的枠組みを満たす支払い要求を可能にするEthereumの上にあるレイヤーと見ることができます。
要求されたトランザクションを完了するためのツールとして通貨を表示することもできます。
この意味で、Requestはどの通貨よりもグローバルです。

 

RLC (iExecRLC)

RLC (iExecRLC)公式サイト

iEx.ecはブロックチェーン上で実行される分散アプリケーションを提供し、必要なサービス、データセット、およびコンピューティングリソースにスケーラブルで安全かつ容易にアクセスすることを目指しています。
このテクノロジはEthereumスマートコントラクトに依存し、オンデマンドで高性能コンピューティングサービスを提供する仮想クラウドインフラストラクチャを構築することを可能にします。

iEx.ecはデスクトップグリッドコンピューティングの分野におけるINRIAおよびCNRSの研究機関で開発された一連の研究技術を活用しています。
デスクトップグリッド(ボランティアコンピューティングとも呼ばれる)のアイデアは、インターネット上で十分に活用されていないコンピュータリソースを収集して、従来のスーパーコンピュータのコストのほんの一部で非常に大きな並列アプリケーションを実行することです。

iEx.ecはフォールトトレランス、マルチアプリケーション、マルチユーザー、ハイブリッドパブリック/プライベートインフラストラクチャ、仮想イメージの展開など、すべての必要な機能を実装した、成熟したソリッドなオープンソースのデスクトップグリッドソフトウェアであるXtremWeb-HEPに依存しています、
データ管理、セキュリティとアカウンタビリティ、その他多くの機能を備えています。

iEx.ecは新しいオフサイドコンセンサスを可能にする新しいProof-of-Contributionプロトコルを開発しています。
寄与の証により外部リソース・プロバイダーはリソースの使用をブロックチェーン内で直接証明することができます。
iEx.ecは分散型ガバナンスの新しい形を促進し、重要なHPC、ビッグデータ、クラウドの業界リーダーを念頭に置く、スケーラブルで高性能で安全で管理しやすいインフラストラクチャのサイドチェーンを展開することを目指しています。

 

RPX (Red Pulse)

RPX (Red Pulse)公式サイト

Red Pulseは中国の経済と資本市場のためのトークン化された研究エコシステムです。

Red Pulseは独自のcryptocurrency RPXを組み込んで、研究のためのオープンで透明な共有経済を促進し、業界の専門家と市場洞察を求める機関とを結びつけてビジネス意思決定を改善する機械学習ベースのマッチングエンジンを開発しています。
最終目標はRed Pulseは今日私たちが直面している問題を解決することを目指しています。

 

SALT (Salt)

SALT (Salt)公式サイト

SALTはブロックチェーン資産を担保に現金融資を行うためのプラットフォームです。
SALT (Secured Automated Lending Technology)は、絶え間なく成長するクラスのブロックチェーン資産に適応するように設計されたプロトコルと資産に依存しないアーキテクチャです。

SALTプラットフォームは自動化され、暗号的に安全です。
SALTは、ブロックチェーン資産向けに特別に設計された融資プラットフォームであり、任意の公的または許可されたブロックチェーンの上に位置する第2層のプロトコルとして動作し、基になる資産を信用へのアクセスのための担保として使用することを可能にします。

SALTはまた、貸し手のリスクを管理するための新しいツールを提供しながら、借り手のアドレスにアクセスするための、強力でグローバルに利用可能なソリューションを貸り主に提供します。
不動産や自動車などの伝統的な形式の担保とは異なり、ブロックチェーン資産は分割可能であり、代替可能であり、多くの場合即座に譲渡することができます。
これらの潜在的な利点は、技術を緩和するSALTのボラティリティリスクを完全に実現することができます。

 

SBTC (Super Bitcoin)

SBTC (Super Bitcoin)公式サイト

過去3年間の投機的な価格上昇は、ビットコイン技術の発展を著しく妨げていました。
Bitcoinは、EthereumやZCashのような攻撃的な競争のために、暗号侵害市場の大きなシェアを失っています。
したがって、ビットコインコミュニティは、ビットコインの優位性を再活性化するという目標を共有している熱狂者や開発者のグループを集めました。
フォークはブロック高さ498888で行われ、その後フォークされたチェーンに新しい機能が追加されます。
オリジナルのビットコインホルダーは、保持されているBTCごとに1つのSuper Bitcoinで補われます。

 

SKY (Skycoin)

SKY (Skycoin)公式サイト

Skycoinのアイコン
ブロックチェーン3.0の優良草コインのスカイコイン/Skycoin(SKY)の詳細と将来性

数ある草コインの中でも有望株のスカイコインはブロックチェーン3.0を提唱する次世代型の草コインです。 ビットコインやライトコインなどブロックチェーンによって ...

続きを見る

BitcoinとEthereumのオリジナルの開発者が作成したSkycoinは、暗号化が全体のストーリーの一部にすぎないエコシステムです。
残りは、マイニング報酬の廃止、エネルギー効率の高いカスタムハードウェアの開発、Visaのようなライバルとの取引スピードの実現、より安全でプライベートなインターネットの代替手段の進歩などが含まれます。

これらの成果は、Skycoinエコシステムの核となる5つの堅牢なコンポーネントの結果です。

Skycoin:帯域幅に裏打ちされた迅速で安全な通貨。

Skywire:匿名の分散メッシュインターネット。

Skynode:Skywire用のハードウェアとアクセスポイント。

Skyledger:分散型オープンブロックチェーンネットワーク。

Skysuite:分散アプリケーションのスイート。

Skycoinは世界で最も高度なブロックチェーンアプリケーションプラットフォームです。

 

SNGLS (SingularDTV)

SNGLS (SingularDTV)公式サイト

SingularDTVは、世界中の最も分かりやすい思想家のために刺激的で思いやりのあるエンターテインメントを作り出しています。
Ethereumをベースとした制作・流通プラットフォームであり、ノンフィクションやSF映画のジャンルに特化した放送品質のオリジナル映画やテレビコンテンツを制作しています。

SingularDTVは現在、難読化と独占的な慣行に頼っている業界に地方分権の原則を適用することにより、伝統的なメディアの制作と流通を一石を投じます。
SingularDTVの改ざん不可能で透過的な会計処理は、真実と表現の自由のための道筋を確保するクリエイターの信頼と自信を回復させます。

SingularDTVの究極の目標は、分散型娯楽産業の創造と繁栄した成長です。

 

SNM (SONM)

SNM (SONM)公式サイト

SONMは汎用コンピューティングのための多目的分散型スーパーコンピュータであり、ユーザーはアイドル状態のハードウェアから収益を得て、サイトホスティングから科学計算に至るまでのサービスを提供できます。

SONMプロジェクトは高価なクラウド構造ではなく、霧のコンピューティング構造を実装し、中級者の手数料を削減します。
SNMトークンはSONMネットワークにおいて、計算能力を売買する際に使われます。

 

SNT (Status)

SNT (Status) 公式サイト

Statusはオープンソースのメッセージングプラットフォームであり、Ethereumネットワーク上で動作する分散アプリケーションと相互作用するためのモバイルインタフェースです。

Messengerのフォームファクタは、平均的なスマートフォンユーザーにできるだけ馴染みのあるEthereumを感じるように選択され、Ethereumの公開ブロックチェーンの毎日の使用量を最大限にすることを目的としたDApp開発者向けの柔軟なプラットフォームを提供します。

Statusネットワークトークンは、ステータスネットワークに燃料を供給するモジュラーユーティリティトークンです。
これには分散型プッシュ通知市場、Statusクライアントのガバナンス、コンテンツのコミュニティの持続性、トークショーのようなソーシャルコミュニケーションツールが含まれます。
Status開発陣は、ネットワークを成長させるためのユーザ獲得エンジンに関する研究を示し、「テラーネットワーク」、DAppディレクトリ、ステッカー市場を提案します。

 

STEEM (Steem)

STEEM (Steem)公式サイト

Steemは、脳情報のアルゴリズムに基づいて社会情報を格納し、トークンを配布することができるオープンソースのブロックチェーンプロトコルです。
busyhead、d.tube、dlive.io、steemit.com、dsound.audioなどの複数のユーザー向けアプリケーションをサポートすることができます。
Steemのブロックチェーンは、BitcoinとEthereumを組み合わせたものよりも多くのトランザクションを処理するだけでなく、実際にはさらに多くのトランザクションを処理し、次の11ブロックのブロックチェーンを組み合わせて処理します。

Steemのブロックチェーンは、ユーザーがコンテンツ、ソーシャル情報、アカウント情報、jsonメタデータなどを格納できるスケーラブルなブロックチェーンプロトコルを提供することで起業家にチャンスをもたらします。
同時に、これらのユーザーは暗号トークンを得ることができ、その情報を共有することと引き換えに、STEEMと呼ばれます。
STEEMトークンは、Steemの3秒ブロックとステーク・オブ・ステーク・アルゴリズムのおかげで、3秒間の転送や手数料なしのクラス最高の特性を備えています。

スマートメディアトークンプロトコル(SMT)の今後のリリースでは、コミュニティは、Steemブロックチェーンに、起業家、開発者、またはコミュニティビルダーがSteemブロックチェーンの上に独自のカスタマイズ可能なSTEEMのようなトークンを起動できるようにする機能を追加します。
Automated Market Makers、Autonomous Token Distribution、Founders Tokensなど、特定のスマートな契約を結んでいます。
SMTは、Steemブロックチェーンのスピードと比類のないスケーラビリティを最大限に活用して、起業家がSteemとSteemit.comから学んだすべての教訓を活用してプラットフォームを収益化し、コインの価値をブートストラップすることを可能にします。

 

STORJ (Storj)

STORJ (Storj)公式サイト

Storjは、打ち切りや監視ができない、またはダウンタイムが発生しないクラウドストレージプラットフォームになることを目指しています。
これはブロックチェーンテクノロジと暗号を使用してファイルを保護する、分散型の、エンドツーエンドの暗号化されたクラウドストレージです。

Storjは安全で分散した方法で、データを格納できる分散アプリケーションのプラットフォーム、暗号化およびスイートです。
あなたのファイルは暗号化され、「シャード」と呼ばれる小さな断片に細断され、世界中のコンピュータの分散ネットワークに格納されます。
暗号化された形式ではなく、ファイルの完全なコピーを持つ人は誰もいません。

このためStorjは従来のクラウドストレージプラットフォームよりも高速で、安価で、安全性が高くなります。
ファイルが同時に暗号化され、細断処理されているため、複数のマシンがファイルを同時に処理しているので安価です。
専用のデータセンターを購入する代わりに、人のスペアハードドライブのスペースを借りているため安価です。
企業、脆弱なサーバー、または従業員をファイルで信頼する必要はありません。

 

STORM (Storm)

STORM (Storm)公式サイト

StormX、Inc.は、ブロックチェイン技術を使用してタスクにマッチさせるモバイルアプリ「Storm Play」の作成者であり、世界のどこのモバイル機器からでも5分以内に小さなギグを完了させ、暗号化に報いる 。
StormXは、Netflix、Huluなどの製品やサービス、またはFinal Fantasyなどのゲームがより多くの視聴者に届く機会を提供するために、これらの企業からの短期間の仕事に携わるために、ユーザーに暗号侵害を報奨するゲーム専用マイクロタスクプラットフォームを構築しました。
このプラットフォームは、実際の仕事よりもゲームのように感じられるように設計されています。また、コンテンツやさまざまな製品やサービスと対話すればするほど、暗号暗号の報酬は高くなります。

 

STRAT (Stratis)

STRAT (Stratis)公式サイト

StratisはStratis Platformの本来の価値のある通貨であり、法人向けのプライベートおよびパブリックカスタムブロックチェーンの作成を促進します。

Stratis Platformはカスタムブロックチェーン展開用のワンクリックデプロイメントシステムを提供します。
これらのブロックチェーンは、企業のニーズに合わせてカスタマイズすることができ、EthereumやLiskなどの一般的なブロックチェーンの機能を模倣するために配置することもでき、個々にまたは並行してテストすることができます。

Stratisチームはロンドンに本拠を置くコンサルタント機関としても機能し、ビジネスに最適なブロックチェーンを展開するのに役立ちます。

 

SUB (Substratum)

SUB (Substratum)公式サイト

Substratumはコンテンツに無制限にアクセスし、世界中のユーザーのために情報を共有する、分散されたWebのためのオープンソースの基盤を作り出しています。
Substratumの目的は、現代のインターネットを悩ませている多くの問題を解決するために、実証済みの技術ブロックと新技術を革新的かつ総合的な方法で組み合わせることによって、未来の自由で公正なインターネットを生み出すことです。

Substratumのノード・ホストを支払うことによってネットワークを作成するためにノードを実行するようユーザーにインセンティブを与えることにより、ホスティング業界に革命を起こすことで、Substratumが大量に採用されます。
これはすべてブロックチェーン技術と機械学習によって管理されています。

 

SYS (Syscoin)

SYS (Syscoin)公式サイト

Syscoinはブロックチェーンベースの暗号通貨であり、スマートコントラクトの機能を持っています。
OP1からOP16の標準スクリプトオペコードを使用してBitcoinスクリプティングシステム上で徹底的にテストされ、構築された一連のスマートコントラクトを備えた無許可のブロックチェーンベースの暗号侵害です各スマートコントラクト(Syscoinサービス)に対して、Bitcoinプロトコルとの下位互換性を維持します。
これらの契約を組み合わせて、ブロックチェーンベースのeコマースソリューションのビルディングブロックを形成することができます。

シスコインの強化されたスマートコントラクトは、基本的なスクリプティング言語の自由な性質のために、定義上、強化されていないチューリング完全スマートコントラクトとは対照的です。
ブロックチェーンテクノロジーが従来の電子商取引アプリケーションと比較して向上した効率を活用するための安全なソリューションを探している商用インテグレータは、回帰テスト、ホワイトボックス、およびテストで十分にテストされている強化されたサービスを使用することをお勧めします。
ブラックボックステスト、具体的にはアプリケーションのルールを対象としています。インテグレータは、現在利用可能な最も強力なネットワーク(現在のBitcoin)を選択する傾向があります。
Syscoinはこれらの機能を組み合わせており、エンドユーザーにとって魅力的なネットワークとなっています。

 

TNB (Time New Bank)

TNB (Time New Bank)公式サイト

Miao'A International Timechain(M.I.T)は、正確な時間価値ベースの伝送ネットワークを構築することに専念しています。

Time New Bank開発陣は、各個人の金銭の時間価値を高く評価し、個人の時間がどれくらいの価値があるかは、他人がどれだけ必要なのかによって決まります。
つまり、個人がより有益であればあるほど、個人の時間価値をより良く提示し、時間の輸出業者と時間需要家を効果的にマッチングさせる目的で、MITはブロックチェーン技術を基盤とするTNB(Time New Bank)デジタル通貨を導入し、時間価値伝達の確立を目指す 地方分権化、国際化、支払いの柔軟性、価格の透明性、権利の強力な保護と利害関係の証拠を含むネットワークを構築します。

 

仮想通貨取引所として、世界一の取引量を誇るバイナンスの詳しい紹介や登録方法などは以下になります。

Binance(バイナンス)のアイコン
取引高世界一の超優良取引所のBinance(バイナンス)口座開設手順

仮想通貨の取引所として取引高が世界一の超優良取引所のBinance(バイナンス)の登録手順の解説です。 ※各取引所の取引高はこのサイトを参考にしています。 ...

続きを見る

 

続きは次のページになります。

TNT (Tierion)からZRX (0x)まで

Binance(バイナンス)のアイコン
【バイナンス(Binance)まとめ】取り扱っている全136種の暗号通貨の紹介(part3)

世界一の取引量を誇る仮想通貨取引所のバイナンスで取り扱っている全136種類の銘柄の簡単なまとめです。 2018年5月の段階でバイナンスで取引されている通貨の ...

続きを見る







-オルトコイン, 取引所, 草コイン

Copyright© クリプトナンバー28 , 2018 All Rights Reserved.