クリプトナンバー28

イーサリアムの話題やその他の暗号通貨・仮想通貨などについても調査

オルトコイン 取引所 草コイン

【バイナンス(Binance)まとめ】取り扱っている全136種の暗号通貨の紹介(part3)

更新日:

Binance(バイナンス)のロゴ

世界一の取引量を誇る仮想通貨取引所のバイナンスで取り扱っている全136種類の銘柄の簡単なまとめです。
2018年5月の段階でバイナンスで取引されている通貨の一覧になります。

翻訳したものを簡単に直しただけの部分もありますので、一部、日本語として読みにくい部分もありますが、咀嚼してお読みください。

パート1のADA~CloakCoinまでの27の通貨の記事はこちら

Binance(バイナンス)のアイコン
【バイナンス(Binance)まとめ】取り扱っている全136種の暗号通貨の紹介(part1)

世界一の取引量を誇る仮想通貨取引所のバイナンスで取り扱っている全136種類の銘柄の簡単なまとめです。 2018年5月の段階でバイナンスで取引されている通貨の ...

続きを見る

パート2のCMT (CyberMiles)からIOST (IOStoken)までの28の通貨の記事はこちら

Binance(バイナンス)のアイコン
【バイナンス(Binance)まとめ】取り扱っている全136種の暗号通貨の紹介(part2)

世界一の取引量を誇る仮想通貨取引所のバイナンスで取り扱っている全136種類の銘柄の簡単なまとめです。 2018年5月の段階でバイナンスで取引されている通貨の ...

続きを見る

IOTA (MIOTA)からONT (Ontology)まで

Binance(バイナンス)のアイコン
【バイナンス(Binance)まとめ】取り扱っている全136種の暗号通貨の紹介(part3)

世界一の取引量を誇る仮想通貨取引所のバイナンスで取り扱っている全136種類の銘柄の簡単なまとめです。 2018年5月の段階でバイナンスで取引されている通貨の ...

続きを見る

TNT (Tierion)からZRX (0x)まで

Binance(バイナンス)のアイコン
【バイナンス(Binance)まとめ】取り扱っている全136種の暗号通貨の紹介(part3)

世界一の取引量を誇る仮想通貨取引所のバイナンスで取り扱っている全136種類の銘柄の簡単なまとめです。 2018年5月の段階でバイナンスで取引されている通貨の ...

続きを見る

 

尚、バイナンスの詳しい紹介や登録方法などは以下になります。

Binance(バイナンス)のアイコン
取引高世界一の超優良取引所のBinance(バイナンス)口座開設手順

仮想通貨の取引所として取引高が世界一の超優良取引所のBinance(バイナンス)の登録手順の解説です。 ※各取引所の取引高はこのサイトを参考にしています。 ...

続きを見る

 

IOTA (MIOTA)

IOTA (MIOTA)の公式サイト

アイオタのロゴ
IOTAは第4次産業革命であるIoTに最適化された仮想通貨

仮想通貨に興味のある人ならIOTAという単語を目にしたことがあるはずです。 通貨単位がMIOTAでプラットフォームの命名がIOTA(アイオータと呼びますが日 ...

続きを見る

IOTAはオープンソースの分散型元帳プロトコルであり、ブロックレスの「絡み合い」の中心的な発明を通じて、ブロックチェインを超えるものとして開発が進んでいます。
IOTA Tangleは、ネットワーク上で1秒あたりに確認できるトランザクションの数に制限はなく、トランザクションには手数料がかからず、無制限の量子コンピューターに耐性があるDirected Acyclic Graphです。
代わりに、スループットはネットワーク内のアクティビティとともに増加します。 アクティビティが多いほど、ネットワークは速くなります。
ブロックチェーンアーキテクチャとは異なり、IOTAはユーザーとバリデーターを分離していません。
むしろ、検証は元帳を使用する本質的な性質であり、したがって集中化を回避する。
IOTAは当初、新興のインターネット・オブ・ソー(IoT)のバックボーンとしての役割を果たすことに重点を置いています。

 

KMD (Komodo)

KMD (Komodo)公式サイト

Komodo(KMD)は2016年9月に開始された分散型のオープンソースの暗号通貨で、BitcoinDark(BTCD)から発展しました。
BitcoinDarkと同じ開発者( "jl777")によって開発されていましたが、Zcashと新しい暗号化 SuperNETのインフラストラクチャとソフトウェアアプリケーションを使用して、SuperNETプラットフォーム上で動作します。
Komodoは、プライバシとトランザクションの匿名性を重視し、事前投票された公証ノードに依存し、Bitcoin(BTC)ネットワークによって保護されている「遅延作業証明書」(dPoW)コンセンサスメカニズムを導入しています。
Zcashの「ゼロ知識証明」を使用して(オプションで)トランザクションを匿名で追跡できないようにします。

 

KNC (KyberNetwork)

KNC (KyberNetwork)公式サイト

KyberNetworkは、高流動性のデジタル資産(例えば、暗号トークン)および暗号化通信(例えば、Ether、Bitcoin、ZCash)の即座の交換および変換を可能にするオン・チェーン・プロトコルである。
KyberNetworkは、信頼できない分散型執行、瞬時の取引、高い流動性など、取引所のいくつかの理想的な運用特性を実装した最初のシステムになります。
KyberNetworkは、Exchangeとして機能するだけでなく、Ethereumアカウントが暗号トークンから簡単に支払いを受け取れるようにする支払いAPIも提供しています。
例として、任意の商人はKyberNetwork APIを使用してユーザーに暗号トークンを支払うことができますが、販売者はEther(ETH)または他の優先トークンで支払いを受け取ります。

Ethereumネットワーク上で動作していますが、KyberNetworkのロードマップには、リレーやPolkadotやCosmosなどの将来のプロトコルを使用して、さまざまな暗号化通信間のクロスチェーン取引をサポートすることが含まれています。
Ethereumアカウントは、この無信用の支払いサービスを通じてBitcoin、ZCash、および他の暗号化通貨から支払いAPIを介して安全に支払いを受け取ることができます。
デリバティブは、KyberNetwork Crystals(KNC)のユーザーおよび選択された暗号化通貨のボラティリティのリスクへのエクスポージャを軽減するために導入されます。
これにより、ユーザーは総合的に価格変動に参加することができます。

 

LEND (EthLend)

LEND (EthLend)公式サイト

ETHLend.ioは、ERC-20互換のトークンまたはEthereum Name Service(ENS)ドメインを担保として使用して、Ethereumネットワーク上の分散ローンを導入しています。

ETHLendは、デフォルトでローン資本の損失を減らすという問題を解決します。
健全なローン関係では、ローンは返済されます。 しかし、Ethereumブロックチェーンネットワークの擬似匿名性は、貸し手が借り手の管轄内で債務を履行するために必要なすべての借り手の詳細を持っていない可能性があるため、ローンの返済を回避する可能性を開きます。
さらに、当事者が世界のどこからでも参加できる分散環境における施行は効率的ではないかもしれない。
ETHLendは、資本の損失を回避し、真のグローバルな貸出市場を利用可能にするための分散型ソリューションを提供しています。

 

LINK (ChainLink)

LINK (ChainLink)公式サイト

ChainLinkは、暗号化されたスマートコントラクトと、データフィード、さまざまなWeb API、従来の銀行口座の支払いなどのオフラインリソースとの間のブリッジとして機能するブロックチェーンベースのミドルウェアです。

ChainLinkでは、スマートコントラクトが独自の外部リソースと通信することができます。
LINKは、Ethereum Blockchainに基づくERC20トークンです。
オフチェーンデータフィードからのデータの検索、ブロックチェーン読み取り可能なフォーマットへのデータのフォーマット、オフチェーン計算、およびそれらがオペレータとして提供する稼働時間保証のためにチェーンリンクノードオペレータに支払うために使用されます。

 

LLT (LLToken)

LLT (LLToken)公式サイト

LLTは、ブロックチェーンとネットワークアクセラレーション技術に基づいて、世界に分散された共有CDNデジタル資産を形成するために使用されます。

LOOM (Loom Network)

LOOM (Loom Network)公式サイト

Loom Networkは、Ethereumスケールに役立つ基本的なインフラストラクチャプラットフォームを構築しており、本番環境での最初のEthereumスケーリングソリューションです。

これはEthereumメインネットと並行して動作するアプリケーション固有のサイドチェーン(DAppChainsと呼ばれる)を使用しているため、大規模分散アプリケーションをより効率的かつ大規模に実行することができます。
Loom NetworkのSDKを使用すると、開発者はブロックチェーンのインフラストラクチャを理解することなく、独自のサイドチェーンベースのDAppを迅速に構築でき、Ethereum上のトークンやアセットを保護しながらDPoSなどのより効率的なコンセンサスアルゴリズムを使用できます。

 

LRC (Loopring)

LRC (Loopring)公式サイト

Loopringは、Ethereumブロックチェーン上の分散型交換のための、オープンで多国間のトークン交換プロトコルです。

Loopringは、オープンスタンダードを持つ共通のビルディングブロックとして機能し、交換機能を組み込んだ分散アプリケーション(DAPP)間の相互運用性を推進することを目的としています。
トレードは、公然とアクセス可能で、自由に使用できるEthereumのスマートコントラクトのシステムによって実行され、どのdAppもフックすることができます。

 

LSK (Lisk)

LSK (Lisk)公式サイト

lskアイコンロゴ
仮想通貨LISK/LSKとは?特徴や機能性を調べてLSK将来性を予想

仮想通貨Lisk(LSK)とはイーサリアムと同様に中央管理者に依存しないスマートコントラクト用の分散型アプリケーションプラットフォームとして開発が進められて ...

続きを見る

Liskは使いやすい完全機能のエコシステムを使用して、JavaScriptベースの分散アプリケーションの開発と配布を可能にする次世代プラットフォームです。
Liskを通じて開発者は、カスタムブロックチェーン、スマートコントラクト、クラウドストレージ、およびコンピューティングノードを使用するカスタム構築された暗号化方式のシステム内で、アプリケーションを構築、公開、配布、収益化することができます。

Liskは完全にNode.jsで書かれた最初の分散アプリケーションソリューションです。
これにより、Liskエコシステムが何千人もの開発者に公開され、追加のスキルは必要ありません。
すでにJavaScriptとNode.jsに精通しているすべてのWeb開発者は、即座にジャンプして、最初から分散アプリケーションを構築することができます。

 

LTC (Litecoin)

LTC (Litecoin)公式サイト

オルトコインの先駆者ライトコイン(LTC)とは?特徴や機能性などから将来性や使い道など

ライトコインはビットコインのソースコードをベースに元GoogleエンジニアのCharlie Leeさんによって開発されたオルトコインの先駆け的な存在です。 ...

続きを見る

Litecoin(LTC)は2011年10月にBitcoinが公開された後に開発された、存在する最古のクリプトカルトの一つです。
これは、今日までコインに関わっているCharlie Leeによって開発されました。

LitecoinはBitcoinのフォークであるため、多くの同じ特性を共有しますが、ブロック生成時間が約2.5分短縮され、トランザクションをより迅速にクリアすることができます。

Litecoinは、Bitcoinよりも取引手数料が安く、商品やサービスの支払いや仮想通貨でBET可能なオンラインカジノでのプレイにデジタル通貨としてウェブ上で利用することができます。

Litecoinの価値は大幅に上昇し、通貨の時価総額は現在20億ドルを超えています。
Litecoinが2017年に急増したのは、ネットワークがより多くの取引を処理できる技術である分離監視(Secondary Witness)や雷ネットワーク(Lightning Network)などの新機能を採用した通貨に起因します。

 

LUN (Lunyr)

LUN (Lunyr)公式サイト

LunyrはEthereumベースの知識共有プラットフォームで、ユーザーにアプリトークンを与えて※ピアレビューや情報提供を報酬を与えます。
※(専門家、有識者による経験やノウハウを活用しながら、お互いの設備を診断・評価,すなわち「レビュー」しあう活動)

Lunyrは信頼できる正確な情報を見つけるためのインターネットの出発点であることを目指しています。
Lunyrの長期ビジョンは、開発者が人工知能、バーチャルリアリティ、拡張現実感などの次世代分散アプリケーションを作成するために使用できる知識ベースAPIを開発することです。

 

MANA (Decentraland)

MANA (Decentraland)公式サイト

DecentralandはEthereumブロックチェーンを搭載した仮想現実プラットフォームです。
ユーザーはコンテンツとアプリケーションを作成、体験、収益化することができます。

Decentralandはコミュニティによって永久に所有されており、彼らの創作を完全に制御できます。
土地所有者は、土地の一部に発行されるコンテンツを制御します。
土地の一部は、デカルト座標(x、y)のセットによって識別され、静的な3Dシーンからゲームなどのインタラクティブなシステムまでさまざまです。

土地はEthereumのスマートな契約書に保管されている代替不可能な移転可能な希少なデジタル資産です。
これはMANAというERC20トークンを費やして取得できます。
MANAはデジタル商品やサービスの世界内での購入にも使用できます。

余暇と仕事の両方のために人々は仮想世界でますます多くの時間を費やしています。
これは主にWebや携帯電話などの2Dインターフェイスで発生します。
しかし、縦横無尽に横断縦断可能な3D世界では、他のコンテンツとの隣接性だけでなく、没入型コンポーネントも追加され、物理クラスタのコミュニティが可能になります。

他の仮想世界やソーシャルネットワークとは異なり、Decentralandは集中化された組織によって管理されていません。
財産の規則、土地の内容、通貨の経済学、または他人が世界にアクセスするのを妨げる権限を持つ単一のエージェントは存在しません。

 

MCO (MONACO)

MCO (MONACO)公式サイト

MONACOはユーザーが追加のマークアップや手数料なしに銀行間為替レートで、世界中のお金を費やして送金することを可能にする暗号化されたVisaカードです。
ユーザーは、BitcoinとEtherを使用してMonaco Visaカードに入金することができます。
将来的にユーザーはEthereumのERC20トークンを使用してVisaカードに資金を提供することもできます。
ユーザーがMONACO Visaカードをスワイプすると、暗号化トークンまたはトークンの増分がオンザフライで変換され、トランザクションの支払いが行われます。

ユーザーはMONACOアプリを使用して、お互いに無料でお金を送ることができます。
カードブロッキングや地理的セキュリティなど、アプリに組み込まれているセキュリティ機能もあります。

MCOはMONACOのトークンです。MONACOのカードを使用するたびに獲得します。
各取引は2パーセントのMCOキャッシュバックを獲得できます。
MCOトークンは極端なセキュリティで知られているグローバルな分散型検証ネットワークであるEthereumに基づいています。

 

MDA (Moeda Loyalty Points)

MDA (Moeda Loyalty Points)公式サイト

MoedaはP2P送金ネットワークを提供し、そのP2Pでの支払いは手軽に簡単に可能で、各種ビジネスの目標達成に役立ちます。

マイクロビジネスローンから大規模な資金援助を受けたイニシアチブまで、モダのデジタルトークンは、世界中で一般の人々に力を与えることができます。

 

MOD (Modum)

MOD (Modum)公式サイト

ModumはIoTセンサーとブロックチェーン技術を組み合わせ、物理的な製品を含むトランザクションにデータの整合性を提供します。
Modumはパッシブな監視ソリューションを提供し、多くの分野でサプライチェーンプロセスを効率化します

Modumセンサーは、輸送中に物品が受ける環境条件を記録します。
品物が所有権を変更すると、センサーデータは、ブロックチェーン内のスマート契約の所定の条件と照合されて検証されます。
契約は、送信者、そのクライアント、またはレギュレータによって設定されたすべての要件を満たす条件が満たされていることを検証し、送信者および受信者への通知、支払いまたは商品のリリースなど、さまざまなアクションを行います。

 

MTH (Monetha)

MTH (Monetha)公式サイト

Monetha(MTH)は、改ざん不可能な信頼性のあるシステムと決済ソリューションを組み合わせたブロックチェーン企業です。
Monethaは、2017年1月に3人のクリプトマニアによって設立されました。

彼らはMVP(最小限の実行可能な製品)を自己資金でまかなっています。
MVPアップデートは2018年1月19日にリリースされ、最初の製品バージョンは2018年3月31日にリリースされる予定です。
2017年8月、Monethaは最も成功したICO(Initial Coin Offering)の1つを持ち、18分で当時は3700万ドル相当の95000 ETHでした。

MonethaにはPayPalの前役員Eric Dupratを含む多くの業界専門家のスーパースターチームがあります。
Dupratのリーダーシップの下、PayPalのモバイル決済事業は、2008年の支払額7百万ドルから2011年には4億ドルに増加しました。
ケロッグ・N・フェアバンクは、ヨーロッパのBraintree Paymentsの営業/ヘッド開発担当元VPです。
Braintree / Venmoチームの一員として、2013年にPayPalに最終的に$ 8億ドルで販売するまで、彼は全体的な支払い額で120億ドル、モバイル支払い額で40億ドルに成長に尽力しました。
ICOの前と後には、すでにバルト諸国で最大のオンライン小売業者であるピグ・グループを含むパートナーシップがすでに実施されていました。フードアウト・グループは、中欧およびその他の多くの主要な食品配送会社です。

 

MTL (Metal)

MTL (Metal)公式サイト

Metalはユーザーを特定するためのProof-of-Processed-Paymentsを利用するブロックチェーンベースのシステムであり、レガシーな通貨を暗号化に変換するための報酬を提供します。
Bitcoinに似たシステムですが、ユーザーフレンドリーなインターフェースとフロントエンドはVenmo、Square、PayPalに似ています。

メタルは、ビットコインまたは利用可能な暗号侵害の橋渡しとして機能することができます。
世界中の多くの中小企業は、現金のみを受け入れることを好みます。
しかし、ますますキャッシュレスな社会では、デジタルとカードの支払いを受け入れることを拒否することは問題になりかねません。
Cryptocurrencyは、特にプライバシ、検閲の抵抗性および代替性に関して多くの同じ特性を持っているため、現金のみが新しい現金形態としての暗号侵害を採用することによって利益を得ることができると、メタルは信じています。
従来のバンキングレールでブロックチェーンベースの技術を利用する世界にデジタル決済を導入するため、メタル社はすべての購入で消費者を4〜5%節約すると見込んでいます。

 

Nano (NANO)

Nano (NANO)公式サイト

RaiBlocksとしてColin LeMahieuによって2015年に開始されたNanoは、最小限のリソースを必要とする低レイテンシの支払いプラットフォームです。

NAV Coin (NAV)

NAV Coin (NAV)公式サイト

NAVコインはSummerCoinv2のリブランディングによりNavajo Coinから改名されました。

NAVコインは、2014年7月から公開されており、主要な暗号侵害取引で取引されています。
NAVコインは、完全に匿名の最初の暗号化通貨の1つです。
NAVコインの暗号化ソフトウェアは、トランザクションデータを完全に切断してランダム化し、IPアドレスからでも削除します。
匿名システムは、有名なブロックチェーンテクノロジを使用して構築され、サブチェーンを使用して匿名トランザクションを処理します。

 

NCASH (Nucleus Vision)

NCASH (Nucleus Vision)公式サイト

ハーバード大学で2014年に設立されたNucleusは、独自のブロックチェーンとリアルタイムセンサー技術を通じて、以前はアクセスしていなかったデータを小売業者や他の「旧態的なオールドスタイル」の企業に取り込んで提供するエンドツーエンドのテクノロジーソリューションです。

Nucleusが構築したソリューションは、現在10のライブ小売店にIONセンサーを導入しており、ユニークなビジターIDとそれに対応するユーザーデータ用の貴重なデータネットワークをサポートします。
NCASH独自のIoTセンサー技術は、RFID、WiFi Bluetooth、または動作する顔認識技術にも依存していません。

 

NEBL (Neblio)

NEBL (Neblio)公式サイト

Blockchainの独自の分散型元帳技術は、Neblioネットワークを可能にするものです。
トランザクションを安全に格納する分散システムは、グローバルネットワークのデータベース技術の未来です。
このテクノロジを活用したエンタープライズアプリケーションは、トランザクションの不変性、透過性、セキュリティ、信頼性、分散化など、従来のデータベースアーキテクチャを使用するアプリケーションに比べて多くの利点をもたらします。

ブロックチェーンネットワークが成熟しているにもかかわらず、難しさと統合と保守のコストのために、このテクノロジーを利用したアプリケーションはほとんどありません。
従来のブロックチェーンネットワークとは異なり、Neblioなどの次世代ブロックチェーンネットワークは、ブロックチェーン技術を通じてビジネス価値を推進する分散アプリケーションの開発と展開を簡素化するエンタープライズ市場の大きなギャップを埋めるでしょう。

Neblioなどのブロックチェーンネットワークは、トランザクションの形で情報を交換するノードの分散型ピアツーピアネットワークです。
これらのトランザクションを不変の分散元帳に格納します。すべてのノードには元帳のフルコピー(ブロックチェーンと呼ばれるます。

他のすべてのノードに中継される情報をネットワークに送信します。
あるノードは、ネットワーク上の利用可能なすべてのトランザクションを、ブロックチェーンに追加されたブロックにコンパイルします。
ブロックがブロックチェーンに格納されると、ブロックチェーンに含まれるすべてのトランザクションは不変であり、トランザクションは決して変更できません。
データベースシステムに共通するように、元帳に関する情報を更新する必要がある場合、新たな取引が単に新しい情報で元帳に追加されます。
ただし、元帳に保管されていた元の情報は、前のブロックではブロックチェーンの全期間にわたって無傷で検証可能です。
このブロックチェーン技術を元にして、Neco Blockchainはビットコインを意図していなかった企業や企業のユースケースに明確な利点をもたらします。

 

NEO (NEO)

NEO (NEO)公式サイト

中国版イーサリアムと呼ばれるNEO(ネオ)の実力

中国版イーサリアムと呼ばれる仮想通貨NEO(ネオ)についてまとめました。 時価総額ランキングでも10位あたりを推移しており、主要オルトコインの一角を担う存在 ...

続きを見る

NEOはブロックチェーン技術とデジタルアイデンティティを活用して資産をデジタル化し、スマートコントラクトを使用してデジタル資産の管理を自動化し、分散ネットワークで「スマートな経済」を実現する非営利のコミュニティベースのブロックチェーンプロジェクトです。

NEOは2014年に設立され、2015年6月にGitHubでリアルタイムのオープンソースとなりました。
創業以来、NEOチームはブロックチェーン産業の急速な発展とデジタルマネーマーケットの狂気と寒さを経験しました。
NEO開発陣はテクノロジーが進歩し、一緒になって未来を創り出すことができると考えています。
これによって動機づけられたNEOは、伝統的な経済を「スマートな経済」の新しい時代に移行させるために作られました。

 

NULS (Nuls)

NULS (Nuls)公式サイト

NULSは高度にカスタマイズ可能なモジュラブロックチェーンインフラストラクチャであるグローバルブロックチェーンのオープンソースプロジェクトです。
マイクロカーネルと機能モジュールで構成されており、NULSは、スマートコントラクト、マルチチェーンメカニズム、およびクロスチェーンコンセンサスを提供します。
ブロックチェーンの技術的障壁を克服し、開発コストを削減し、商業分野でのブロックチェーン技術の使用を促進することを目指しています。

現在、ブロックチェーン部門は、ブロックチェーン技術を柔軟かつ便利にすることに苦労しています。
NULSの使命は、カスタマイズ可能なユニバーサルパブリックブロックチェーンインフラを構築することです。
カスタマイズ可能なインフラストラクチャを構築することで、自社の分散アプリケーションをブロックチェーンに導入することで、企業の信頼性向上を支援することを目標としています。

 

OAX (openANX)

OAX (openANX)公式サイト

OAXとは、流動性を高める集約された注文書を提供するオープンソースの分散型交換プラットフォーム「openANX」に燃料供給するために開発されたERC20トークンです。

信用リスクを軽減するために資産ゲートウェイの担保を保有しており、消費者保護を最大限にするために自律分散型組織(DAO)によって管理されるオフラインの事前決定された紛争解決システムを備えています。

州/ペイメントチャネルの開発と理事会などの分散型ガバナンス手法によってもたらされるエテリアムブロックチェーンの生態系の改善により、大幅な機能改善が集中型交換モデル(CEM)全体に考えられます。
このコンセプトのポイントは、エンドユーザーに透明性を提供し、参加ゲートウェイの担保を保持し、紛争解決のための所定のチャネルを提供する新しい分散型Exchangeプラットフォームの導入です。

現在、中央集中型エクスチェンジは、セキュリティとアクセスプロトコルの可視性が限定された不透明で閉鎖的なシステムですが、第1世代の分散型エクスチェンジは、ユーザーに流動性と取引量を適切に提供できません。
この白書は、非営利団体であるOpen ANX Foundation(以下「Foundation」)によって開発される自律分散型組織(「DAO」)によって管理される、大幅に改善された新しいプラットフォームへの道筋を提供します。
さらに、交換制度が有効であるためには、交換制度に求められるガバナンスと透明性の重要です。
この論文では、openANXプロジェクト(「openANX」または「プロジェクト」)の概要、開発のマイルストーン、およびプロジェクトが以前の分散型Exchange開発の落とし穴を回避するために必要な要件を調べる予定です。

 

OMG (OmiseGO)

OMG (OmiseGO)公式サイト

OmiseGOは分散型の交換、流動性プロバイダーのメカニズム、決済機関のメッセージングネットワーク、およびアセットバックブロックのゲートウェイを構築しています。

OmiseGOは、いずれかの一人の当事者によって所有されていません。
代わりに全ての参加者の行動を強制するバリデーションの公開分散ネットワークです。
参加者間の市場活動の執行を可能にするために、プロトコルトークンのメカニズムを使用してステークのブロックチェーンを作成します。
この高性能な分散型ネットワークは、アセットバックグラウンドから完全に分散されたブロックチェーントークン(ERC-20スタイルおよびネイティブ暗号化通貨)への資産クラス間の交換を強制します。
ほぼすべての他の分散型交換プラットフォームとは異なり、これにより、信頼できるゲートウェイトークンを使用せずに、他のブロックチェーンを分散して交換することができます。

市場は分散管理と市場活動の透明性の向上を通じて、スプレッドを大幅に削減し、市場の保証を促進することができます。
これはスマートコントラクト、プロトコルトークンを使用して、注文ブック照合の正しい市場行動を強制すること、Ethereumスマートコントラクトとの使用のためのクリアリングハウス活動の外部施行と履歴交換データへのコミットメントの新しい構築を用いて達成されます。

 

ONT (Ontology)

ONT (Ontology)公式サイト

Ontologyは次世代のパブリックブロックチェーンプロジェクトであり、分散型の信頼関係コラボレーションプラットフォームであり、一連の完全な分散元帳とスマートコントラクトシステムを含む新しい高性能パブリックブロックチェーンを提供します。

Ontologyのブロックチェーンフレームワークはパブリックブロックチェーンシステムをサポートしており、異なるアプリケーション用に異なるパブリックブロックチェーンをカスタマイズすることができます。
Ontologyは様々なプロトコルグループを持つチェーンネットワーク間のコラボレーションをサポートします。

Ontologyは分散デジタルアイデンティティフレームワーク、分散データ交換プロトコルなどのような異なる種類の分散シナリオのために、基盤となるインフラストラクチャに共通のモジュールを常に提供し、特定のシナリオ要件に基づいて、Ontologyの新しい共通モジュールを開発し続けます。

Ontologyはデュアルトークン(ONTおよびONG)モデルを使用します。
最初は、ONTはNEP-5トークンであり、ONGを解放しません。
オントロジーのメインネットの立ち上げ後、ユーザーはオントロジーメインネット上でONTのためにNEP-5 ONTを交換することができ、ONGは定期的にリリースする予定です。

53.75%の循環供給量は、ロック期間なしのONTすべてを指します(ONTは転送可能ですが、現時点で取引可能なONTは必要ありません)。例えば、コミュニティ部分は、今後開催されるイベントに配布する準備ができています。

Ontologyはすでに多くの技術パートナーシップを開始しており、いくつかの企業はオントロジーでアプリケーションを構築する予定です。
Ontologyは将来のコミュニティエアドロップを計画しており、将来オントロジーは、ONTの流通、流通、ロックの期間だけでなく、これをさらに紹介する定期的なレポートを発行する予定です。

以下は、ONTの配分比率です。
括弧内は循環供給量に対する比率

  • Ontologyコミュニティ:12%(12%)
  • 機関投資家:28%(6%)
  • NEO評議会:10%(10%)
  • Ontologyエコシステム開発:25%(12%)
  • Ontologyテクニカルコミュニティ報酬:10%(10%)
  • Ontologyコアチーム:15%(3.75%)

第三弾はここまで。
続きは別のページになります。

Binance(バイナンス)のアイコン
【バイナンス(Binance)まとめ】取り扱っている全136種の暗号通貨の紹介(part4)

世界一の取引量を誇る仮想通貨取引所のバイナンスで取り扱っている全136種類の銘柄の簡単なまとめです。 2018年5月の段階でバイナンスで取引されている通貨の ...

続きを見る

 

仮想通貨取引所として、世界一の取引量を誇るバイナンスの詳しい紹介や登録方法などは以下になります。

Binance(バイナンス)のアイコン
取引高世界一の超優良取引所のBinance(バイナンス)口座開設手順

仮想通貨の取引所として取引高が世界一の超優良取引所のBinance(バイナンス)の登録手順の解説です。 ※各取引所の取引高はこのサイトを参考にしています。 ...

続きを見る







-オルトコイン, 取引所, 草コイン

Copyright© クリプトナンバー28 , 2018 All Rights Reserved.