クリプトナンバー28

イーサリアムの話題やその他の暗号通貨・仮想通貨などについても調査

オルトコイン 取引所 草コイン

【バイナンス(Binance)まとめ】取り扱っている全136種の暗号通貨の紹介(part2)

更新日:

Binance(バイナンス)のロゴ

世界一の取引量を誇る仮想通貨取引所のバイナンスで取り扱っている全136種類の銘柄の簡単なまとめです。
2018年5月の段階でバイナンスで取引されている通貨の一覧になります。

翻訳したものを簡単に直しただけの部分もありますので、一部、日本語として読みにくい部分もありますが、咀嚼してお読みください。

パート1のADA~CloakCoinまでの27の通貨の記事はこちら

Binance(バイナンス)のアイコン
【バイナンス(Binance)まとめ】取り扱っている全136種の暗号通貨の紹介(part1)

世界一の取引量を誇る仮想通貨取引所のバイナンスで取り扱っている全136種類の銘柄の簡単なまとめです。 2018年5月の段階でバイナンスで取引されている通貨の ...

続きを見る

尚、バイナンスの詳しい紹介や登録方法などは以下になります。

Binance(バイナンス)のアイコン
取引高世界一の超優良取引所のBinance(バイナンス)口座開設手順

仮想通貨の取引所として取引高が世界一の超優良取引所のBinance(バイナンス)の登録手順の解説です。 ※各取引所の取引高はこのサイトを参考にしています。 ...

続きを見る

CMT (CyberMiles)

CMT (CyberMiles)の公式ページ

CyberMilesはブロックチェーン開発研究所である5xlabによって、開発されているブロックチェーンテクノロジです。

5xlabは米国で1,200万人以上のユーザーを抱える主要なc2cマーケットプレイス事業者である5milesと緊密に連携しています。
5milesはCyberMilesのブロックチェーンプロトコルを利用する最初のプラットフォームであると期待されており、5xlabがこの技術を開発するのにも役立ちます。
過去5年間、オンラインおよびローカル市場での革新をリードしてきた5マイルズは、実世界のアプリケーション向けにブロックチェーンテクノロジーとスマートコントラクトを調整するために必要な技術的および商業的ノウハウを蓄積してきました。
5xlabはこの専門知識を使用して、信頼とコンプライアンスを重視したCyberMilesの開発を目指しています。
これにより、実世界のビジネスの主流となるブロックチェーンテクノロジとなります。

 

CND (Cindicator)

CND (Cindicator)公式ページ

Cindicatorは新しい経済の激しい状況下で、効率的な意思決定を行うために必要な社会的、技術的基盤を作り出します。
多様な金融アナリストと機械学習モデルを1つのシステムに組み合わせることにより、従来の金融市場や暗号市場における投資家の資本を効率的に管理するハイブリッドインテリジェンスインフラを開発しています。

ハイブリッドインテリジェンスの利点は、生態系と地域社会のためです。

- 投資家自身またはライセンスマネージャーによる投資家の資本の効率的かつ安全な管理のための技術的および分析的インフラストラクチャー。

- アナリストが自分の資金を危険にさらすことなく知的資産を収益化する機会。

- 市場の不確実性の条件の下で投資判断を下すためのツールとデータ。

- 業界、期待、機会、市場の成長ポイントに関する最新の分析。

- 暗号資産のインデックスと格付け。

 

CTR (Centra)

CTR (Centra)公式ページ

Centraは暗号化された通貨と貨幣通貨との間のギャップを橋渡しし、あらゆるクレジットカードやデビットカードでの支払いと同じように、さまざまなデジタル資産を簡単に購入できるようにすることを目指しています。

エコシステムの基盤は、複数のデジタル資産を保管するためのスマートなウォレットと、主要なクレジットカードやデビットカードを利用できる場所で、それらの暗号化通貨を使うことができるカードです。
これにより、カード所有者は、世界中で利用可能となります。
法定通貨への変換は、ユーザーにリアルタイムの市場変換を与えるために独自の通貨換算エンジン(CCE)によって行われます。

Centraはまた、Centraエコシステムのガスおよびユーティリティ通貨として機能するコイン(CTR)、およびCentraカードのシステムを開発しました。
Centraカードを発行するにはスマートウォレットに一定量のCTRを固定し、他のCentra製品にアクセスするにはCTRが必要です。
Centraはまた、マーケットプレイス、デジタルアセット交換プラットフォーム、ネイティブブロックチェーンなどの商用および暗号製品を開発し、ネットワークおよびコイントランザクションの処理に対応しています。

 

DASH (Dash)

DASH (Dash)の公式ページ

仮想通貨DASH(ダッシュ)とは?匿名性と高速取引に特化した元ダークコインの本質と将来性

ダッシュと言えば一般人はTOKIOの鉄腕ダッシュを思い浮かべるだろうと思いますが、仮想通貨にもDASH(ダッシュ)という匿名性に優れたオルトコインがあります ...

続きを見る

ダッシュはオープンソースのP2P暗号暗号であり、決済通貨としての実用性に重点を置いています。
Dashは、匿名性、ポータブル性、最小の取引手数料、高速の取引を提供します。
Bitcoinプロジェクトに基づいて、Dashは世界で最も使いやすくスケーラブルな支払いシステムを目指しています。
Bitcoinの機能セットに加えて、Dashは現在、インスタント・トランザクション(InstantSend)、プライベート・トランザクション(PrivateSend)、ガバナンス機能を促進するための第2層のネットワークを備えています。
Dashに価値をもたらす、この分散型ガバナンスと予算編成システムは、これまでに成功した地方分権型自治組織(DAO)の1つになっています。

 

DGD (DigixDAO)

DGD (DigixDAO)の公式サイト

Digixは資産証明書(PoA)プロトコルを通じて、物理資産のトークン化と文書化のユースケースを提供します。
PoAプロトコルは、EthereumとInterPlanetary Files System(IPFS)を利用して、一連の資産を追跡します。
これにより、中央データベースなしで資産の存在を公開して公開することができます。
Digixはまた、他のアプリケーションを当社の資産トークン化サービスの上に構築できるようにするAPIを提供しています。

Dgxトークンは、Minter Smart Contractを介して発行されます。
各DGXトークンは1gの金を表し、0.001gに割り切れます。
Minterスマート契約に送られるすべてのPoAカードについて、DGXトークンが代償として発行されます。
たとえば、Minter Smart Contractに送信された100g PoAカードは、100個のDGXトークンをユーザーに返します。

 

DLT (Agrello)

DLT (Agrello)の公式ページ

Agrelloは従来の契約と同様に、法的拘束力のあるスマート契約ベースの契約をユーザーが簡単に作成して管理できるようにする、AI対応のインターフェースを開発しました。

プラットフォームはグラフィカルなインターフェイス、テンプレート、およびウィザードを備えているため、数回のクリックで法的拘束力のある複数の契約を作成することができます。

 

DNT (district0x)

DNT (district0x)公式ページ

district0xは分散した市場と地域社会のネットワークを作成し、操作し、管理するためのプラットフォームです。
Ethereum、Aragon、IPFSを使用しています。

Districtsは、districts0xネットワーク上に分散した自治組織として存在するマーケットプレイスおよびコミュニティで、全てのインターネット市民は、無期限にネットワークに無料でDistrictsを配備することができます。

各Districtsの中心には、d0xINFRAフレームワーク、Ethereumスマートコントラクトのスタック、IPFS上に配布されたフロントエンドライブラリがあり、Districtsの基本機能を強化しています。

d0xINFRAはオープンで拡張可能なように設計されているため、Districtsでは補助モジュールのプラグインを使用してユニークな機能と拡張機能を実装できます。

 

EDO (Eidoo)

EDO (Eidoo)公式ページ

Eidooはブロックチェーンと人間とのインターフェースで、ブロックチェーンとそのユーザーとのやり取りを簡素化します。
Eidooの目的は、他人がしていないことを達成するだけでなく、より安全で簡単な方法で、ユーザーエクスペリエンスを特に重視し、暗号の世界の複雑さの理解を高めることです。

私たちは1つのアプリケーションしか作成せず、非常に使いやすく、暗号の世界をエンドユーザーにもたらしたいと考えています。
現時点では、ユーザーエクスペリエンスとしての世界への橋渡しは、お互いに近いものではありません。

このプロジェクトの課題は、異なるビジョンのために共同体(BitcoinやEthereumなど)が協力し合っていないテクノロジーに共通のホームグラウンドを提供し、固有のユーザーエクスペリエンスを通じてさまざまなテクノロジーを管理するツールを作成することです。

Eidooは今日存在する技術とサービス、現時点では想像がつかない技術やサービス、さらには想像できない技術とサービスを統合するインテグレータです。

 

ELF (aelf)

ELF (aelf)公式ページ

Aelfは、分散型の自己進化クラウドコンピューティングネットワークです。

さまざまな商用要件のブロックチェーンインフラストラクチャを確立するために、aelfは、クロスチェイン通信と自己進化ガバナンスを備えた高効率マルチチェーン並列処理システムを提供します。
それは、3つの革新、すなわちコンピュータのクラスタ上のスケーラブルなノード、「1つのチェーンから1つのスマートコントラクト」を介したスマートコントラクトのためのリソース分離、およびトークンホルダによる投票をもたらします。

ELFトークンは、スマートコントラクトの展開、システムの操作およびアップグレード(取引手数料、クロスチェーン・データ転送料金)など、システム内のリソース料金を支払うために使用されます。
またコミュニティは、採掘ノードの選定、システムへの新機能の導入、その他の主要な決定など、主要な決定に投票することができます。

 

ENG (Enigma)

ENG (Enigma)の公式ページ

Enigmaは、プライバシーが保証された分散型の計算プラットフォームです。
私たちの目標は、開発者が信頼できる第三者を介さずにエンドツーエンドの分散アプリケーションを「設計によってプライバシー」を構築できるようにすることです。

エニグマはプライベートです。セキュアなマルチパーティ計算(sMPCまたはMPC)を使用すると、信頼できるサードパーティなしで分散してデータクエリが計算されます。
データは異なるノード間で分割され、情報を他のノードに漏らさずに関数を一緒に計算します。具体的には、一人ひとりがデータ全体にアクセスすることはできません。
代わりに、すべての当事者は無意味な(すなわち、一見ランダムな)部分を有します。
エニグマはスケーラブルです。
ブロックチェーンとは異なり、計算とデータストレージはネットワーク内のすべてのノードによって複製されません。
小さな部分集合だけが、データの異なる部分にわたって各計算を実行する。ストレージと計算の冗長性の減少は、より厳しい計算を可能にします。

エニグマがもたらす重要な新しいユーティリティは、生データ自体にアクセスすることなく、データに対して計算を実行する能力です。
たとえば、あるグループの人が給与にアクセスし、一緒にグループの平均賃金を計算することができます。
各参加者は、グループ内の相対的な位置を学習しますが、他のメンバーの給料については何も学習しません。
これは単なる動機付けの例であることが明らかにされるべきである。
実際には、入力を秘密に保ちながら、どのプログラムも安全に評価することができます。

 

ENJ (EnjinCoin)

ENJ (EnjinCoin)の公式ページ

Enjin Coin(ENJ)は、開発者が画期的なブロックチェーンベースのゲームを作成し、ゲーマーに驚異的な概念である真のアイテム所有権を与えることを可能にするゲーム開発エコシステムに威力を発揮するスマートなゲーム暗号方式です。

Enjin Coinは世界最大のソーシャルゲームネットワークであり、2000万人のユーザーが数十万のゲームコミュニティを展開しています。
Engjin Coinは、既存のゲーム業界を覆す単一目的のプロジェクトです。

Enjin Coinは9年の歳月をかけ設立されたゲーム業界の企業によって、構築されたゲームユーティリティトークンです。
すでにバーチャルグッズ販売で毎月何百万ドルを処理してる実績があります。
これにより、暗号トレーダーはビデオゲームに投資したり、高価な仮想ゲームアイテムを取引したりすることが可能になり、エンジンのコイン型ゲームのメタ・エコノミーが成長し、進化するにつれて利益を得ることができ、115億ドル巨大山号であるゲーム業界市場に参加することができます。

ここでは、5つの簡単なステップで説明します。

ステップ1:Acquisition

ゲーム開発者は、公式のパートナーシップ、クラウドファンディング、または暗号違反の交換を通じ、ある程度のエンジンコインを獲得します。

ステップ2:Minting

開発者はEnjin Coinをゲームに組み込み、Enjin Coinがサポートする仮想商品を作成または「作成」します。これらは、カスタムゲーム内通貨、剣と銃、宇宙船、土地のプロット、さらには惑星全体まで、何でもかまいません。ゲーム内のすべてのアセットは、Enjin Coinでゲーム内のキャラクターでもバックアップできます!

ステップ3:Gaming

ゲームがリリースされると、ゲーマーはクエストを完了し、敵を止め、リソースを収集し、友人をゲームに紹介してエンジンコインベースのゲームアイテムを獲得することができます。エンジンコインを使って、ゲーム開発者やお互いのゲームアイテムを購入することもできます。

ステップ4:Trading

ゲーマーはEnjinコインベースのアイテムをプライベートで安全なEnjinウォレットに保管し、所有しています。アイテムの取引アイテムであろうと、エンジンコインによるアイテムであろうと、あらゆる貿易取引は、エンジニアウォレットを介してゲーマーによって確認されなければならない。

ステップ5:Melting

彼らがそれらを販売することができない場合、プレーヤーはEnin Coinに彼らの仮想アイテムを "融解(Melting)"することができます。融解はミントとは逆で、一種の保険として行動します。これにより、ゲーム開発者とプレイヤーの両方が、Enjin Coin-backedの値の最大50%を再利用することができます。

 

EOS (EOS)

EOS (EOS)の公式ページ

EOS.IOは分散アプリケーション(「EOS.IOソフトウェア」)の垂直および水平スケーリングを可能にするように設計された、ブロックチェーンアーキテクチャを導入するソフトウェアです。
これは、アプリケーションを構築するためのオペレーティングシステムのような構造によって実現されます。
このソフトウェアは、アカウント、認証、データベース、非同期通信、および複数のCPUコアおよび/またはクラスタにわたるアプリケーションのスケジューリングを提供します。
その結果得られるテクノロジは、1秒間に何百万件ものトランザクションに拡張できる潜在的なブロックチェーンアーキテクチャであり、ユーザー料金を削減し、分散アプリケーションの迅速かつ容易な展開を可能にします。

 

ETC (Ethereum Classic)

ETC (Ethereum Classic)の公式ページ

Ethereum Classicは、スマートコントラクト(スクリプティング)機能を備えたオープンソースのパブリックなブロックチェーンベースの分散コンピューティングプラットフォームです。
それは分散型チューリング完全仮想マシン、Ethereum仮想マシン(EVM)を提供し、パブリックノードの国際的なネットワークを使用してスクリプトを実行できます。
Ethereum Classicでは、「古典的エーテル」と呼ばれる値トークンも提供されます。
これは、参加者間で転送され、暗号化ウォレットに格納され、実行された計算のために参加ノードを補うために使用されます。
古典的なエーテルトークンは、ティッカー記号ETCの下で暗号暗号交換で取引されます。
内部トランザクション価格設定メカニズムであるガスは、ネットワーク上のスパムを防止し、要求によって提供されるインセンティブに比例してリソースを割り当てるために使用されます。

Ethereumプラットフォームは、「Ethereum Classic」(ETC)と「Ethereum」(ETH)という2つのバージョンに分かれています。
フォークの前に、トークンはEthereumと呼ばれていました。
フォークの後、新しいトークンはEthereum(ETH)という名前を保持し、古いトークンはEthereum Classic(ETC)に名前が変更されました。
Ethereum ClassicはThe DAO Hard Forkに関するEthereum Foundationとの意見の相違の結果として登場しました。
それは哲学的根拠に基づいてハードフォークを拒否したエテリアム共同体のメンバーを統一した。
DAOハードフォーク(ブロック1920000)の前にETHを所有していたユーザーは、フォーク後にETCを同量所有しています。

Ethereum Classicは、Ethereum仮想マシン(EVM)のさまざまなオペコードの内部価格を2016年10月25日に調整するためにハード・フォークを渡しました。
ハードフォークの目的は、資源集約的な計算のための支払いのより合理的な配分であり、ETHやETCでこれまでに行われてきた攻撃の好ましい条件を取り除くことにつながった。
2017年の初めに開催されたハードフォークは、2015年9月にEthereumコードに追加された「bomb complexity」を遅らせ、鉱業の複雑さと新しいネットワークユニットの計算プロセスを指数関数的に増加させました。
2017年後半にはハードフォークが発生し、Bitcoinと同様のシステムに無制限の排出量で通貨政策を変更しました。

 

ETH (Ethereum)

ETH (Ethereum)の公式ページ

イーサリアム(ETH)のアイコン
イーサリアム(ETH)とは?特徴や機能性を調べて将来性を予想

イーサリアム(ETH)は2018年に入りビットコインに次ぐ第二の暗号通貨としての地位を着実に築いています。 イーサリアム(ETH)の本質は単純な通貨ではなく ...

続きを見る

Ethereumは、オープンソースのパブリックなブロックチェーンベースの分散コンピューティングプラットフォームであり、スマートコントラクト(スクリプティング)機能を備えています。
トランザクションベースの状態遷移によって、中本コンセンサスの変更バージョンをサポートします。

Etherは、そのブロックチェーンがEthereumプラットフォームによって生成される暗号侵害です。
エーテルはアカウント間で転送され、実行された計算のために参加者マイニングノードを補うために使用されます。 Ethereumは分散型チューリング完全仮想マシン、Ethereum Virtual Machine(EVM)を提供しています。
これは、パブリックノードの国際的なネットワークを使用してスクリプトを実行できます。
内部取引価格設定メカニズムである「ガス」は、スパムを軽減し、ネットワーク上のリソースを割り当てるために使用されます。

 

EVX (Everex)

EVX (Everex)公式ページ

Everexはブロックチェーンに基づく資本移転システムであり、世界中の銀行に縛られていない、または銀行に縛られていない人々の財政的包摂を可能にし、容易にすることを目指しています。

EverexはCryptocashを提案しています。
ここでは、各ユニットがその値を固定し、その名前が表す通貨通貨に基づいて名前を付けます。
ユーザーは、外貨両替を使用してローカルの法定通貨をCryptocashに変換し、コインをEverexウォレットに転送します。

クリプトカシの残高は、認可された金融機関の口座に保管されている実際の残高によって引受されることがあります。
Everexシステムは、既存の安定していない硬貨の暗号化通信の不安定性の問題なしに、Cryptocashを使用して金融サービスへのアクセスをユーザに提供します。

 

FUEL (Etherparty)

FUEL (Etherparty)公式ページ

Etherpartは、互換性のあるブロックチェーン上のスマートコントラクトの作成、管理、実行の複雑さを解消する契約ウィザードです。
このプラットフォームにより、スマートコントラクトプログラミングに関する知識のないユーザーは、あらゆる種類のトランザクションに対応する執行可能なデジタル契約を作成できます。

 

FUN (FunFair)

FUN (FunFair)公式サイト

FunFair Technologiesは、2017年に英国の技術起業家と投資家Jez Sanによって創設されました。
ロンドン、マルタ、ジブラルタル、ガーンジー島の関連会社とシンガポールに本社を置くFunFairは、革新的なブロックチェーンテクノロジを使用してゲームを変えるB2Bプラットフォームを構築し、カジノ部門への新しい市場へのアクセスを透明化、効率化します。

FunFairコインは、プラットフォームの資金調達に使用されます。
また、カジノチップのように機能し、FunFairカジノでオンラインでプレーしたいプレーヤーは、FunFairコインを購入して賭けをする必要があります。
賞金はFunFairコインでも支払われ、開発者はFunFairコインで払い出され、FunFairプラットフォームで賭けるカジノ運営者もコインでのみ払い出すことができます。
新しい選手を募集するプレイヤーは、関連会社の報酬としてコインを受け取るでしょう。

 

GAS (NeoGas)

GAS (NeoGas)公式サイト(NEO公式サイト)

GASはNEO GASとも呼ばれ、NEOネットワークを制御するように設計されています。

NEOには2種類の硬貨があります。
最初のコインは主な暗号侵害のNEOであり、もう1つはNeoGas(GAS)です。
両方のクリプトカルトには1億コインの制限があります。
GAS暗号化は、NEOコインに対する管理者の権利を制御するために使用され、これらの権利には、たとえば、会計の調整やネットワークパラメータの変更などがあります。
また、コインを採掘することも計画されていますが、機能は現在有効化されていません。

スマートコントラクトが成立するたびに、ブロックキン技術によって検証された簿記を使用する必要があります。
NEOブロックチェーン上の企業は、NEOシステムでアプリを実行するためにGASを使う必要があります(スマートコントラクト登録料など)。
このGASは新しく生成されたGASとしてNEO所有者にリサイクルされます。
したがって、NEOネットワークが成長し、より多く使用されるようになると、NEOを保有して生産されるGASが増加することになります。

中国版イーサリアムと呼ばれるNEO(ネオ)の実力

中国版イーサリアムと呼ばれる仮想通貨NEO(ネオ)についてまとめました。 時価総額ランキングでも10位あたりを推移しており、主要オルトコインの一角を担う存在 ...

続きを見る

 

GNT (Golem)

GNT (Golem)公式ページ

Golemは誰でもアクセスできるグローバルでオープンソースの分散型スーパーコンピュータです。
これはPCからデータセンター全体まで、ユーザーのマシンの複合的なパワーで構成されています。
GolemはCGIレンダリングから機械学習、科学計算まで、幅広い種類のタスクを計算することができます。
Golemの限界は、開発者コミュニティの創造性によってのみ規定されています。
Golemは、コンピューティングパワーの分散型共有経済を創り出し、ソフトウェア開発者に、柔軟で信頼性が高く、安価なコンピューティングパワー源を提供します。

Golemはユーザーとアプリケーション(リクエスタ)が他のユーザー(プロバイダ)マシンのサイクルをレンタルすることを可能にします。
単一のPC所有者から大規模なデータセンターまでのあらゆるユーザーは、Golemを通じてリソースを共有し、リクエスタによってGNT(Golem Network Token)で支払いを受けることができます。
Golemは、Ethereumベースの取引システムを利用して、プロバイダ、リクエスター、ソフトウェア開発者間の支払いを決済します。
すべての計算はサンドボックス環境で行われ、ホストのシステムから完全に分離されています。
ソフトウェア開発者はGolemのエコシステムの中心にあります。
アプリケーションレジストリとトランザクションフレームワークは誰でもGolemネットワークにアプリケーションを配備、配布、収益化することができます。

 

GRS (Groestlcoin)

GRS (Groestlcoin)の公式ページ

Groestlcoin(GRS)は2014年3月22日に技術の進歩に焦点を当てて発売されました。
Glestlcoinはプライバシー保護のため、ほぼゼロの料金で高速かつ安全なコインです。
主な開発は3ヶ月ごとにリリースされます。
Groestlcoinは、SEGWITを起動した最初のコインであり、Lightning Network対応です。

cryptocurrencyはP2P(取引は支払人と受取人の間で直接行われます)上でオープンソースソフトウェアとして動作します。 これは、送信者と受信者の詳細を確認するために信頼できる仲介業者がそのような銀行やPayPalを必要としないことを意味します。
むしろ、トランザクションはノード(グローバルに広がるコンピュータ/ユーザのネットワーク)によって検証され、ブロックチェーンに記録されます。

 

GTO (Gifto)

GTO (Gifto)公式ページ

Giftoのホワイトペーパーには、世界中の個々のコンテンツ制作者によるコンテンツ制作をインセンティブ化し収益化するための分散型仮想ギフトプロトコルの実装のケースを概説されています。

このプロトコルは、YouTube、Instagram、Facebookなどのインターネット上のさまざまな既存のコンテンツ公開プラットフォーム、主に広告から派生した従来の収入源を補完するために使用することができます。

Asia Innovations Group(AIG)は、アジアの大手モバイルエンターテインメント企業です。
仮想ギフトシステムであるUpliveのデジタルギフトの仕組みは、世界中のコンテンツクリエイターにとって大きな収益をもたらすだけでなく、クリエイターとそのファンとの交流や関係を強化します。
2016年6月の発売以来、Upliveコミュニティは急速に拡大しています2000万人のグローバルユーザーに提供し、プラットフォームは1億ドル以上を生み出します9月だけで2500万本以上のバーチャルギフトが購入され、Upliveに送られました。

 

GVT (Genesis Vision)

GVT (Genesis Vision)公式ページ

Genesis Visionは、ブロックチェーン技術とスマートコントラクトに基づいて構築されたプライベート・トラスト管理市場のプラットフォームです。
私たちは、取引所、ブローカー、トレーダー、投資家を分権化されたオープンで公正なネットワークに結びつけ、金融市場をよりグローバル化しています。
これにより、成功したトレーダーは、世界中の投資を誘致することによって、トレーディング戦略を迅速に拡大することができます。
プラットフォームの基盤となるスマートコントラクトの技術は、投資と利益配分のための自動化された全く透過的なシステムを提供します。

Genesis Visionプラットフォームは、情報の欠如、透明性の欠如、ひいては信頼の欠如などの限られた業界問題の解決策です。

資金調達とGVT(Genesis Vision Token)の使用は、プラットフォーム開発のための製品開発、マーケティング、広告の資金調達に役立ちます。
GVTはGenesis Visionプラットフォームの内部通貨で、すべての投資業務と利益配分に使用されます。

 

GXChain (GXS)

GXChain (GXS)公式サイト

Gongxinbao(GXB)は、さまざまなプラットフォームでリリースされたデータソース間のブリッジを設定し、あらゆる種類の組織または代理店間でP2Pのデータ交換および共有を実現するように設計されたブロックチェーンベースの分散型データシステムです。

 

HSR (Hshare)

HSR (Hshare)公式ページ

Hcashは、ブロックチェーンベースまたはブロックレスシステム間のギャップを埋める新しい分散型の元帳システムを作成することで、価値と情報を異なるブロックチェーン間で自由に流通させることができます。
さらに、Bitchinはブロックチェーンベースのシステムで商品やサービスの交換ツールとして機能すると同時に、商品やサービスの価値を客観的に反映できるように、新しく発明されたシステムにも一種の資産が必要です。
新しい価値のストアについては、それを「HyperCash」と呼んでいます。

 

ICN (ICONOMI)

ICN (ICONOMI)公式ページ

ICONOMIデジタルアセットマネジメントプラットフォームは、初心者から専門家をブロックしてデジタルアセットに投資して管理することを可能にする、新しくユニークな技術サービスです。
ICONOMIは単なるデジタル資産の市場ではありません。
私たちは成長する分散型経済に入るための最高の経験と簡単な方法を提供します。
ICONOMIは、あらゆるスキルレベルの人々のためのユニークで直感的なツールの幅広いセットを使用して、Digital Asset Arrayと呼ばれるさまざまなデジタル資産とデジタル資産の組み合わせに投資し管理することができます。

Digital Asset Arrays(DAA)は、ICONOMIの基盤であり、さまざまなデジタル資産の組み合わせを含んでいます。
配列は任意の数の基礎となるデジタル資産で構成できます。
たとえば、バリューの安定性を最大限にするために多様化した配列を設計したり、積極的に最大限の利益を追求するように高リスクな配列を設計することができます。

ICONOMIデジタル資産管理プラットフォームは、DAAのマネージャーと投資家が出会う場所です。
DAAのマネージャーは、成功したデジタル資産管理戦略を試し、コミュニティと共有します。
投資家はさまざまなDAAを選択し、最も有望な人にデジタル資産を投資します。
優れた業績は、DAAマネージャーの評判を高め、新しい投資家を引き付けます。新しい投資家は、実績のある専門知識と成果を得ることができます。

 

ICX (ICON)

ICX (ICON)公式ページ

ICONは、Bitcoin、Ethereum、Qtumなどのさまざまなブロックチェーンを接続するインターチェーンブロックチェーンです。
まず、ICXは中間暗号化として使用されます。 ICXは、DEXリザーブを通じて為替レートを決定することによって、異なる暗号化された通貨間の取引を可能にします。
第2に、ICEPは、大学のコンソーシアムのブロックチェーンチームによって開発されたDAPPであるDAppトークンU-coinとして使用することができます。
これは既に開発中のユースケースの1つです。 もう1つの例 - ICXはERC-20のようなICOプラットフォームのトークンになります。

 

INS (INS Ecosystem)

INS (INS Ecosystem)公式ページ

INSエコシステム(www.ins.world)は、小売業および消費者製品産業における巨大なビジネス範囲を満たすための明示的な目的で設計された、セキュリティプロトコルとスマートな契約を持つ、完全に独立した分散型元帳システムを構築しています。

エンタープライズレベルの分散型元帳クラウドプラットフォームは、サプライチェーンやその他の企業のSaaSやオンプレミスアプリケーションを安全に拡張し、信頼できるビジネスネットワーク上で耐タンパー性の高いトランザクションを推進することにより、ビジネス速度の向上、新しい収益源の創出、コストとリスクの削減に役立ちます。

INSブロックチェーンフレームワークは、パブリックブロックチェーンシステムをサポートし、異なるアプリケーション用に異なるパブリックブロックチェーンをカスタマイズすることができます。

INSは、流通直接販売、ブランド対顧客マーケティングおよびロイヤルティ、貿易促進、消費者データ収集/保管などのさまざまな種類の分散シナリオのために、基盤となるインフラストラクチャに共通のモジュールを常に提供します(特定のシナリオの要件に基づいて、INSは新しい共通モジュールの開発を続けます)。

 

IOST (IOStoken)

IOST (IOStoken)公式ページ

インターネット・オブ・サービス(IOS)は、水平スケーラビリティと高いトランザクションスループットを提供するように設計された革新的で安全なブロックチェーンのパラダイムです。
我々の斬新なシャーディングアーキテクチャとコンセンサスメカニズムを実装することにより、IOSシステムは1秒あたり最大10万の安全なトランザクションを処理することができます。

IOSは、サービス指向のエコシステムをサポートするためのネットワークインフラストラクチャを提供する次世代のブロックチェーンテクノロジです。
IOSプラットフォームは、オンラインサービスとデジタル商品を完全に分散した方法でユーザーに提供するだけでなく、膨大な数のユーザーをサポートする大規模なdAppを展開することもできます。 EDS(Efficient Distributed Sharding)やBelievable-Firstコンセンサスのような一連の画期的な技術革新により、セキュリティを確保しながらシステムのスループットを大幅に向上させることができます。

 

 

第二弾はここまで。
続きは別のページになります。

Binance(バイナンス)のアイコン
【バイナンス(Binance)まとめ】取り扱っている全136種の暗号通貨の紹介(part3)

世界一の取引量を誇る仮想通貨取引所のバイナンスで取り扱っている全136種類の銘柄の簡単なまとめです。 2018年5月の段階でバイナンスで取引されている通貨の ...

続きを見る

 

仮想通貨取引所として、世界一の取引量を誇るバイナンスの詳しい紹介や登録方法などは以下になります。

Binance(バイナンス)のアイコン
取引高世界一の超優良取引所のBinance(バイナンス)口座開設手順

仮想通貨の取引所として取引高が世界一の超優良取引所のBinance(バイナンス)の登録手順の解説です。 ※各取引所の取引高はこのサイトを参考にしています。 ...

続きを見る







-オルトコイン, 取引所, 草コイン

Copyright© クリプトナンバー28 , 2018 All Rights Reserved.