クリプトナンバー28

イーサリアムの話題やその他の暗号通貨・仮想通貨などについても調査

オルトコイン 取引所 草コイン

【バイナンス(Binance)まとめ】取り扱っている全136種の暗号通貨の紹介(part1)

更新日:

Binance(バイナンス)のロゴ

世界一の取引量を誇る仮想通貨取引所のバイナンスで取り扱っている全136種類の銘柄の簡単なまとめです。
2018年5月の段階でバイナンスで取引されている通貨の一覧になります。

膨大な文字数になるので、このページではABC順でADA~CloakCoinまでの27の通貨を紹介しています。

翻訳したものを簡単に直しただけの部分もありますので、一部、日本語として読みにくい部分もありますが、咀嚼してお読みください。

尚、バイナンスの詳しい紹介や登録方法などは以下になります。

Binance(バイナンス)のアイコン
取引高世界一の超優良取引所のBinance(バイナンス)口座開設手順

仮想通貨の取引所として取引高が世界一の超優良取引所のBinance(バイナンス)の登録手順の解説です。 ※各取引所の取引高はこのサイトを参考にしています。 ...

続きを見る

 

ADA (Cardano)

Cardano(カルダノ)のアイコン
【ADA】30億人の財布が目的の壮大な計画カルダノ(Cardano)の魅力

カルダノ(Cardano)という仮想通貨はご存知でしょうか? ADA(エイダ)と呼ばれるコインで流通しています。 2017年10月に公開され瞬く間に時価総額 ...

続きを見る

ADA (Cardano)公式ページ

Cardano(カルダノ)は分散されたパブリックなブロックチェーンと暗号暗号化であり、完全にオープンソースのプロジェクトです。
Cardano(カルダノ)は旧来のプロトコルよりも高度な機能を提供するスマートな契約プラットフォームを開発しています。これは科学的な哲学と研究主導型アプローチから発展する最初のブロックチェーンプラットフォームです。
その開発チームはグローバルな専門家の集団でエンジニアと研究者で構成されています。

Cardano(カルダノ)のプロジェクトは科学的な哲学から開発された最初のブロックチェーンプロジェクトであり、世界の有力な学者と技術者チームによって設計され構築された唯一のプロジェクトです。
このテクノロジは、何百万人ものユーザーが使用するために安全で柔軟性があり、スケーラブルであることが不可欠であり、専門家による考察と知見はプロジェクトの意思決定に役立っています。

航空宇宙や銀行などのミッションクリティカルなシステムに適用される科学的厳密さは、高い保証実施を伴って暗号化通信の分野にもたらされました。

 

ADX (AdEx)

ADX (AdEx)公式ページ

AdExはEthereumブロックチェーンとスマートコントラクトで構築された分散型の広告交換です。
AdExプラットフォームは従来のデジタル広告モデルに置き換わる、広告主が広告出版社と協力して最高の潜在的なクライアントに到達するための解決策になります。

AdExの中核となる機能は、エンドユーザが配信される広告を全てのエンドユーザが理解して制御できるようにするパーソナライズされたページ、いわゆるAdExユーザプロファイルです。
ユーザが自分の好みや消費者の行動、買い物の習慣や購入の好みについて自発的に情報を提供するので、広告主にとってはユーザをよりコントロールすることが非常に有益です。
これは、ユーザーのAdExプロファイルの助けを借りて、広告ターゲットの外科的精度を達成し、広告収益率(ROAS)が高いことを保証することを意味します。

AdExプロファイルは、ユーザーごとに自動的に生成されます。
プロフィールや設定を調整しなくても、広告は表示され、 AdExの技術は、ブロックチェーンとスマートコントラクトを活用し、既存の広告配信ネットワークの複雑さと混乱を排除します。
具体的には現状の広告主が直面している最も一般的な問題である透明性の欠如と、広告キャンペーンの成果の不正確/不明瞭な仕組みを改善します。

 

AE (Aeternity)

AE (Aeternity)の公式ページ(日本語)

Aeternityは分散型のæppプラットフォームです。
これはスマートコントラクトを実行するステートチャネルを介して拡張されます。
正式な検証をサポートする新しい言語を導入し、より簡単で安全なコードを書くことができます。
VMはコンパイルされた強固な契約に対応します。
Aeternityはブロック時間が15秒未満でASICに耐性があり、メモリーにバインドされたPoWのコンセンサスアルゴリズムを使用します。
それは様々なデータプロバイダからのデータを要求し、アクセスするために使用される統合された命名システムおよびオラクルを特徴としています。

最も重要なのはすべてのコンポーネントがAeternityシステムのネイティブ機能であり、ブロックチェーン(Lightning、Raiden、Oraclizeなど)の上にあるメタレイヤーではなく、コアプロトコルの一部です。
これにより比類のない効率性が保証され、スマートコントラクトを実行して高速なトランザクションを実行するコストが大幅に削減されます。

 

AION (AION)

AION (AION)公式ページ

Aionは第三者のブロックチェーンネットワークであり、民間部門または公共部門の組織が次のことを可能にします。

  • 連動性:Aion準拠のブロックチェーンとEthereumの間でデータと値を送信します。
  • スケール:全てのAionブロックチェーンに対して高速なトランザクション処理とデータ容量の増加を提供します。
  • スポーク:他のブロックチェーンとの相互運用性を維持しながら、ガバナンス、コンセンサスの仕組み、発行、参加を選択できるようにカスタマイズされたパブリックまたはプライベートブロックチェーンの作成を可能にします。

Aionネットワークの根幹には、Aion-1と呼ばれる専用の第3世代ブロックチェーンがあります。
他のブロックチェーンを接続し、独自の堅牢なアプリケーションを管理するように設計されたAion-1は、エコシステムにおける相互運用性を促進するエコシステムも提供します。

AIONトークンは新しいブロックチェーンの作成、チェーン間ブリッジの収益化、ネットワーク全体の保護に使用される燃料です。

 

AMB (Ambrosus)

AMB (Ambrosus)公式ページ

Ambrosusネットワークはサプライチェーンのブロックチェーンベースのエコシステムであり、ネットワークによって追跡されるアイテムの起源、品質、コンプライアンスおよび適切な処理を保証します。
アンブロサスの主な焦点は生活必需品、特に食品や医薬品のサプライチェーンの改善ですが、プロトコルはほとんどすべての複雑なサプライチェーンに適用できます。

Ambrosusプラットフォームは分散型元帳、データ処理、センサーシステムを使用することで、サプライチェーンのフロー全体を統合し、その中のあらゆる点で透明性を実現することができます。
これらの新しい機能によりバイヤーやサプライチェーンの他の参加者は、品質保証プログラムの基準が確実に満たされるようになります。
またAmbrosusは、サプライチェーンの取引相手との間で追加情報を送信することができ、プラットフォームのリアルタイムデータを利用する新しいアプリケーションやマーケットを創出することもできます。

Ambrosusは分散型の方法でこれらの機能を提供するために、アンバートークンと呼ばれる新しいインセンティブメカニズムを使用します。
Amberトークンは集中管理者がリソースを維持する必要なく、製品がサプライチェーン全体を移動するにつれてAmbrosusネットワークの情報を最新の状態に保つために使用されます。
このトークンは、利害関係者が自由にアクセスできる信頼できるデータを持つ透明なエコシステムを実現します。

 

APPC (AppCoins)

APPC (AppCoins)公式サイト

AppCoinsはブロックチェーンテクノロジとスマートコントラクトを使用したApp Store向けのオープンで分散したプロトコルです。
2億人以上のユーザーにサービスを提供するAppCoin(APPC)トークンは、仲介なしで信頼できるアプリ市場の新たなネイティブ通貨です。

 

ARK (Ark)

ARK (Ark)公式サイト

ARKは単なる暗号性ではなく、暗号化の大量採用のためのエコシステムです。
非常に安全なコアブロックチェーンの上にARKプラットフォームを構築し、主要な分散テクノロジーを統合し、ARKネットワークの能力を示すためのユースケースを開発することにより、ARKはブロックチェーン技術全体のユーザー採用を拡大する使いやすいプラットフォームを提供します 。
これらのテクノロジを活用して統合することにより、ARKエコシステムは時間の経過とともに新しい課題に対応します。

 

ARN (Aeron)

ARN (Aeron)公式サイト

Aeronのソリューションはブロックチェイン技術を利用して航空機のメンテナンスやパイロットログを追跡します。
Aeronはデータベースと航空機、飛行学校、パイロットのグローバルデータをホストする分散型のオンラインシステムを構築しています。
この電子ロギングシステムはパイロットに正確な飛行時間を反映するログを持たせることで、関係するすべての人に航空機をより安全にします。

Aeron(ARN)ユーティリティトークンはAeron製品に組み込まれ、 製品の使用を促進し、生態系への貢献、製品のアクセスと所有を可能にします。
ARNはブートストラッピングエンゲージメントです。
このトークンはAeronプラットフォーム内の貴重な機能にアクセスできるようにしますが、Aeronのモバイルアプリケーションには制限されません。

 

AST (AirSwap)

AST (AirSwap)公式ページ

スワッププロトコルはEthereum(イーサリアム)のブロックチェーン上のアセットを交換するP2Pによる仕組みを提供します。

AirSwapはERC20トークンとなっており、Ethereumベースのトークンを購入または販売し、プラットフォーム内のOraclesの役割に管理機能を提供するトレーダーに投票権を与えるという2つの機能を備えています。

 

BAT (Basic Attention Token)

BAT (Basic Attention Token)公式ページ

BAT(Basic Attention Token)は分散型広告交換のトークンです。
プライバシーを保護しながらブラウザのユーザーに注意を喚起します。
BATは広告主、出版社、ユーザーを結びつけ、関連するユーザーの注意を喚起し、既存の広告ネットワークに関連する詐欺、プライバシー違反、不正行為などの社会的および経済的コストを排除します。
BATは広告主に優れたコンバージョンをもたらし、パブリッシャーへの利回りを向上させながら、ユーザーに報酬を与え、保護する支払いシステムです。
BATと関連技術は、Web標準の将来の一部として、ユーザーのプライバシーを保護しながらパブリッシャのコンテンツを収益化するという重要な問題を解決しています。

 

BCH (Bitcoin Cash)※バイナンス上の表記はBCC

BCC (Bitcoin Cash)公式ページ

Bitcoin Cash(BCC)/ BCHはBitcoinからハードフォークで誕生しました。
Bitcoin Cashはプロトコルに関してビットコインに似ています。
SHA-256ハッシング、21,000,000枚の供給、同じブロック時間と報酬システム。

しかし、2つの主な違いは2017年8月現在のブロックサイズ制限です。
Bitcoinは1MBのブロックサイズ制限を持ち、(BCC)/ BCHは8MBブロックを提案しています。
また、(BCC)/ BCHはBitcoinの場合と同様に、2016ブロックではなく6ブロックごとに難易度を調整します。

Bitcoin Cashは2017年8月1日午後12時20分(UTC)にUAHF(User Activated Hard Fork)を実行するBTC鉱業プールとBitmain鉱業グループからの提案です。
彼らは合意されたコンセンサス(BIP-91またはSegWit2x)を拒否し、オリジナルのBitcoinブロックチェーンをフォークし、この新しいバージョンであるBitcoin Cashを作成することを決定しました。
Bitcoin Cashは秘密鍵を持っているBTC所有者、またはBitcoinsを顧客のために分割(BCC)/ BCHするサービスに格納することによって請求することができます。

 

BCD (Bitcoin Diamond)

BCD (Bitcoin Diamond)公式ページ

Bitcoinの別のハードフォークBitcoin Diamondは、従来のBitcoin問題を解決すると主張しています。

Bitcoin Diamondが提供する主張は、まず第一にプライバシーです。
このフォークの開発者は、すべてのBCDユーザーのトランザクション金額と残高を暗号化する方法を見つけたようです。
それはMoneroにいくらか類似しているように聞こえるが、Bitcoin Diamondの実装は有能なものの半分でさえ疑わしい。
このaltcoin用のGitHubレポはまだ作成されていませんが、Bitcoinネットワーク上に正しいブロックが見つかると変更される可能性があります。

 

BCN (Bytecoin)

BCN (Bytecoin)公式ページ

Bytecoinは2012年にオープンソース、プライベート、およびトレース不可能な暗号化方式です。

BytecoinはCryptoNoteテクノロジをプロジェクトを構築するためのデフォルトのアスペクトとして実装した最初のコインであり、2012年に開始されたBytecoinは、支払い方法の1つとしてダークネットに広く普及しました。
Bytecoinと他のコインの大部分を区別する主なことは、完全な匿名性です。
トランザクションがブロックチェーンに表示されると、あなたのアドレスは誰にも見られません。

BytecoinはCryptoNote技術に基づく匿名の暗号化通貨の祖先です。
Bytecoinには次のような特長があります。

リングシグネチャ

リングシグネチャは、ユーザーグループの誰かが作成できる特殊なタイプのデジタル署名ですが、署名者が誰であるかは不明です。 10人のグループによって署名された手紙を想像してみてください。あなたはそのうちの1人が手紙に署名したことを知っていますが、それが実際に誰だったのかを特定する方法はありません。これはuntraceabilityプロパティを導入します。つまり、バイトコードの支払いには多数の等しい可能性のある送信者が存在します。

リンク不可能なトランザクション

リンク不可能なトランザクションは、Bytecoinブロックチェーンがスキャンされないようにします。つまり、ユーザーのトランザクションの詳細を見ることはできますが、誰もその送信者または受信者を知ることはできません。

ステルスアドレス

ステルスアドレスでは、特定のアドレスに関連する出力が原因で送信者と受信者を知ることができず、さらに特定の出力に誰が属するのかを知ることも不可能です。

 

BCPT (BlockMason Credit Protocol)

BCPT (BlockMason Credit Protocol)公式ページ

Bitcoinは資金の移転と保管を民主化し、Ethereumは通貨契約の創設と保管を民主化しました。
クレジット・プロトコルにより、ブロックメイソンは分散経済における次の論理的ステップを遂行しました。
これは永続的に記録された債務と当事者間の信用義務を通じた通貨創造の民主化です。

BCPTはクレジット・プロトコルに費やすことのできる取引能力を生み出します。
BCPTはプロトコルの上に構築されたアプリケーションにかかっていれば、それらのアプリケーションを実行できるトランザクション容量を提供します。
トークンがなければ、アプリケーションは書き込みアクセス権を持たないでしょう。

BlockMasonはブロックチェーン上に構築された最初の民生用モバイルアプリケーションと、クレジットプロトコルの先頭に構築された最初のdapp:Lndr(「貸し手」 - www.lndr.io)をリリースします。
Lndrは完全な財布の決済機能と、クレジット・プロトコルを使用して債務残高を維持する機能を組み合わせています。
ユーザーはカジュアル債務を作成、追跡、管理することができ、主要な暗号通貨で決済することができます。

クレジット・プロトコルではブロックチェーンに記録された債務とクレジットが、すべてのcryptocurrenciesの合計時価総額を超える将来を想像することは可能です。

JaxxウォレットのEthereum共同設立者兼CEO、Anthony Di Lorioは、Blockmasonのアドバイザーです。

 

BCX(BitcoinX)

BCX(BitcoinX)公式ページ

BitcoinXはブロック498888でBitcoinブロックチェーンのフォークです。
すべての新機能により、BCXはこれまで以上に多くの機能を実現できます。
ゼロ知識証明、スマート契約を組み合わせることで、DPOSコンセンサスにより、BitcoinXネットワークはより信頼性と環境に優しく、より効率的に使いやすくなります。
したがって、BCXは、将来の社会に本当に適した理想的なBitcoinネットワークを構築できます。

 

BLZ (Bluzelle)

BLZ (Bluzelle)公式ページ

Bluzelleは、データの保存と管理の新しい基準を設定したいと考えています。
ブロックチェーンが新しいオンライン分散型インフラストラクチャのため、集中化された技術はこの新時代の経験をサポートするのに十分ではありません。
Bluzelleは少なくともそう考えており、そのチームはこの未来に向けての構築を支援する役割を果たしています。

彼らはBluzelleの分散データベースが新しいインターネットのための新しい標準を設定することを想像しています。
Bluzelleを使用することで、開発者とコンシューマは、アプリケーションのデータを分散ネットワークに保存し、現在のサービスよりも柔軟で安全なモデルを提供できます。
その目標はデータストレージですが、実際にはSiacoinやFilecoinと競合しませんが、一見して考えるのは簡単です。
理論的には、BluzelleはSia、Substratum、iExec、Golemなどのプログラムと一緒に次世代のインターネットを創造することになるでしょう。

 

BNB (Binance Coin)

BNB (Binance Coin)公式ページ

Binance CoinはICOにより誕生したバイナンス上で取引に使えるの独自通貨です。
BNBはEthereum(イーサリアム)のブロックチェーン上で実行され、ERC20トークン標準に準拠しています。
トークン供給量は合計2億BNBです。
ホワイトペーパーによると、将来的にBinanceはBNBの総供給量の50%の1億BNBを焼却(バーン)する予定で、各四半期ごとに利益の20%を買い戻してBNBをバーンさせる計画です。

BNBトークン自体には複数の形式のユーティリティがあり、基本的にBinanceエコシステムの原動力となっています。
現在最も顕著なユースケースには、BNBを使用して以下を行うことが含まれます。

  • 取引所の取引手数料を支払う。取引の50%割引(初年度)を取得する。
  • Monacoは、Monaco Visaカードとモバイルアプリを含むプラットフォームにBinanceのBNBトークンをサポートしました。
  • 普及したプラットフォームはBNBが仮想ギフトを購入するのをサポートします。

BNBバリュー&買戻し計画

1. BNBを使用して、バイナンスのプラットフォーム上の料金を支払うことができます。
これには交換手数料、リスティング料金、その他の料金が含まれますが、これに限定されません。
BNBを使用して料金を支払うと、大幅な割引が適用されます。

1年目:50%

2年目:25%

3年目:12.5%

第4年:6.75%

5年目:割引なし

2.買戻し計画

BNB(100MM)の50%を買い取るまでは、毎四半期ごとに、利益の20%をBNBを買い戻して破壊することになります。
すべての買戻し取引はブロックチェーン上で発表されます。バイナンスは最終的に1億のBNBを残し、買い取った残りの1億のBNBは焼却されます。

分散型取引所

将来的には、バイナンスは分散型の取引所を建設する予定で、BNBは主要な資産のひとつとして使用されます。

 

BNT (Bancor)

BNT (Bancor)公式ページ

Bancor Protocolは発見のためのブロックチェーンベースのシステムであり、複数のスマートコントラクトプラットフォームをサポートする流動性メカニズムです。
これらのブロックチェーンの柔軟性により、トークンを予約することができ、Bancorシステムでスマートトークンを発行できるため、誰でも予約トークンの代わりにスマートトークンを即座に購入または清算することができます。

BNTはBancorシステム上の最初のスマートトークンであり、Etherで1つの予備を保持します。
他のスマートトークンは、BNTを予約の1つとして使用して、BNTネットワークに接続します。
BNTはネットワークのスマートトークンの需要の増加が一般BNTに対する需要を高め、それを保有する他のすべてのスマートトークンに利益をもたらすネットワークダイナミックスを確立します。

 

BQX (ETHOS)

BQX (ETHOS)公式ページ

Ethosはブロックチェーン技術を解明し、何十年も前から存在していた消費者や企業の障害を取り除くことで、伝統的な障壁を打ち破る、人力で動く暗号通貨サービス会社を目指しています。

Ethosの使命は、暗号化市場を一般ユーザーにアクセスして信頼できるものにすること、ブロックチェーン技術の採用を加速し、暗号化通貨と従来の金融資産の所有権を民主化することです。
Ethosは平均的な参加者が簡単かつ安全に暗号違反やその他の金融資産を購入できるようにし、他者と学び合い、社交する環境を持つことで、新しい経済を誰にでも簡単に、安全に、安全にアクセスできるようにします。
新しい経済のニーズの多くを、ユーザーフレンドリーな単一のエコシステムに統合したいと考えています。

 

BRD (Bread)

BRD (Bread)公式ページ(日本語)

Breadは急速に成長している分散型金融サービスプラットフォームで、140カ国以上で100万人以上のユーザーが利用しています。
Breadのモバイルアプリでは、ユーザの暗号をブロックチェーンに直接接続することで、デジタル資産を簡単かつ安全に保存、送信、受信することができます。
2017年12月、BreadはBRDトークンをリリースしました。
このトークンは、アプリ内でプレミアムなサービスと機能を提供するだけでなく、暗号ユーザーにとって初めての報酬とロイヤルティプログラムです。
BRDトークンは320万ドル相当のトークンが90分以内で完売しました。

Breadのビジョン

Breadは、世界最大の分散型銀行を建設する使命を果たしています。
Breadはいつでも常にフリーである安全なウォレット機能を提供します。
これにより、ユーザーはいつでも世界中の誰にでも暗号化通貨を受信し、保管し、送信することができます。
Breadは間もなく、すべてのデジタル資産を安全に、第三者または一元管理されたサービスなしで保管し、取引するための最も優れた方法となります。
これに加えて、Breadはユーザーが請求書を支払い、ローンにアクセスし、投資し、さらにはアプリケーションを通じてトークンの販売に参加する機能を備えたフル機能の銀行プラットフォームとして、他の金融サービスを提供する予定です。

- BRDトークン

ユーザーのさらなる価値を創造し、ユーザーの成長を促進し、Breadのグローバル金融プラットフォームの開発をサポートするため、BreadはBreadトークンの周りに構築されたcryptocurrency walletによって提供される初めてのロイヤルティ報酬プログラムを開始します。

ユーザーはフリーメイムモデルを使用し続けているので、トークンを利用してBreadアプリで特別な特典や割引を利用できます。コアウォレットの機能は自由に使用できますが、他のものは有料でアクセスできます。

さらに、ロイヤリティ・レワード・プログラムの一環として、ユーザーはユーザーの採用を増やすか、あるいはBreadを価値を提供するように設計されたさまざまなプロモーションを通じてBreadトークンを獲得することができます。

 

BTC (Bitcoin)

BTC (Bitcoin)公式ページ

Bitcoinは最初に登場した暗号通貨で世界的な支払いシステムです。
これはシステムが中央銀行または単一の管理者なしで機能する最初の分散型デジタル通貨です。
ネットワークはP2Pであり、取引は仲介なしで直接ユーザ間で行われます。
これらのトランザクションは、暗号を使用してネットワークノードによって検証され、ブロックチェーンと呼ばれる公開された分散元帳に記録されます。
Bitcoinは、未知の人物、またはナカモトサトシの名前で知られている人々によって発明され、2009年にオープンソースソフトウェアとしてリリースされました。

 

BTG (Bitcoin Gold)

BTG (Bitcoin Gold)公式ページ

Bitcoin Goldは、Bitcoinの実験用ハードフォークを新しい作業証明アルゴリズムに作成するコミュニティ主導のプロジェクトです。
これを行う目的はBitcoinのマイニングを再び分散化させることです。

ナカモトサトシの理想主義的なビジョン「1 CPU 1票」は、非常に少数の企業が支配する現実に取って代わられており、Bitcoinネットワーク全体に対して悪影響を与えています。
Bitcoin Goldは、世界中の無数の新しい人々が、評判の高い主流企業によって製造され、配布されている広く利用可能な消費者向けハードウェアを使用して採掘プロセスに参加する機会を提供します。

分権化された民主的なマイニングシステムは、より弾力性があり、サトシの本来のビジョンに沿ったものになります。
Bitcoin GoldはBitcoinを共有して独立した通貨にしたいと考えています。
Bitcoin Goldは、どんな太った猫にも私たちの金銭的なアーキテクチャを推進させたくありません。
Bitcoinのマイニングを "人々"に戻すために、Bitcoin Goldが生まれた理由です。

 

BTM (Bytom)

BTM (Bytom)の公式ページ

Bytom Blockchain Protocolは、複数のバイトセットの対話型プロトコルです。
Bytom Blockchainと原子資産(ワラント、証券、配当、債券、情報、予測情報、その他の物理的世界に存在する情報)のさまざまな形で動作する異機種のバイト資産(先住民族のデジタル通貨、デジタル資産)は、交換、ギャンブル、およびBytomを介した他のより複雑で契約ベースの相互運用に従事しています。

このプロトコルは、原子世界とバイタワールドを結びつけて、2つの世界の間の資産の相互作用と循環を促進し、 Bytomは、アプリケーション層、契約層、データ伝送層の3層アーキテクチャを採用しています。

アプリケーション層は、モバイルや他の端末に優しく、開発者が資産管理アプリケーションを開発するのに便利です。契約層は、資産発行および管理のための起源契約および制御契約を使用し、UTXOモデルのスケーラブルなBUTXOを最下層でサポートし、EVMを最適化し、Turingのデッドロックを防止するイントロスペクションメカニズムを使用します。
データ伝送層は、資産発行、支出、移転などの業務を行うDLT技術を採用しています。コンセンサスアルゴリズムは、AI ASICチップに優しいPOWアルゴリズムを使用します。
マイナーがAIハードウェアアクセラレーションサービスに使用できるように、ハッシュ処理に行列と畳み込みの計算が導入され、社会的利益が追加されます。

 

BTS (BitShares)

BTS (BitShares)公式ページ

BitShares(BTS)はDaniel Larimer、Charles Hoskinson、Stan Larimerによる「Peer-to-Peer Polymorphic Digital Asset Exchange」というホワイトペーパーに初めて紹介されました。
これはBitcoinが使用するブロックチェーン技術に基づくオープンソースソフトウェアのブランドです。

BitShareを所有者の利益をもたらさないビットコインとは異なり、BitShareを使用して株式を発行し、利益を生み出し、利益を株主に分配する分散型自律型企業(DAC)を立ち上げることができます。
このようにBitSharesは、株式を所有したいと望む有益な企業を作ることで、株主の利益を生み出しています。
このプロセスによって開始された最初のDACは、香港に拠点を置く分散型資産交換であるBitSharesXと呼ばれていました。 BitSharesはもともとProtoShares(PTS)の名前で発売されました。 BitShares(BTS)に名前を変更し、2014年11月にいくつかの製品をBitShares(BTS)に統合して「リロード」しました。

 

CDT (Blox)

CDT (Blox)公式ページ

Bloxは、ポートフォリオの追跡と資産管理のブロックチェーンのための次世代プラットフォームです。
Bloxを使用すると、ウォレットとアカウントを1つのプラットフォームに自動的に同期させることができます。

必要な数のポートフォリオを作成し、すべてのブロックチェーン資産を正確かつシームレスに1か所で追跡します。

 

CHAT (ChatCoin)

CHAT (ChatCoin)公式ページ

OpenChatはGoogleの元従業員によって設立されたオープンソースの組織です。
Blockchainを活用したチャットプロトコルBimpを開発しています。
従来のXMPPプロトコルでは、各IM機能でデジタル資産を送信できます。
BeeChatはすべてのOpenChatプロジェクトに完全サポートを提供します。

 

CLOAK (CloakCoin)

CLOAK (CloakCoin)公式ページ(日本語)

CloakCoinはCloakCoin-ENIGMAを使用して、プライベートで安全で分散された追跡不可能な転送を容易にするように設計されています。

CloakCoinは、この不十分に対処するための暗号市場における最初のデジタル通貨のコンセプトの1つであり、2014年に導入され、より多くの人々がプライバシーを侵害する世界でプライバシーを保護するコインを使用できるようにしました。

市民を「守る」理由として、国家安全保障への脅威を現実のものと認識しています。
CloakCoinは画期的な「Blockchain」コンセプトに基づいていますが、非常にシンプルで巧妙なコミュニケーション層と洗練されたオフブロックチェーンコインミキシングシステムを追加しており、サードパーティがCloakCoin財布間の取引を追跡することは不可能です。

今日、CloakCoinは、プライベートで安全で分散化されたトレース不可能なデジタル金融取引を提供するために利用できる最高のシステムの1つです。

 

続きは別のページで。

Binance(バイナンス)のアイコン
【バイナンス(Binance)まとめ】取り扱っている全136種の暗号通貨の紹介(part2)

世界一の取引量を誇る仮想通貨取引所のバイナンスで取り扱っている全136種類の銘柄の簡単なまとめです。 2018年5月の段階でバイナンスで取引されている通貨の ...

続きを見る

 

仮想通貨取引所として、世界一の取引量を誇るバイナンスの詳しい紹介や登録方法などは以下になります。

Binance(バイナンス)のアイコン
取引高世界一の超優良取引所のBinance(バイナンス)口座開設手順

仮想通貨の取引所として取引高が世界一の超優良取引所のBinance(バイナンス)の登録手順の解説です。 ※各取引所の取引高はこのサイトを参考にしています。 ...

続きを見る







-オルトコイン, 取引所, 草コイン

Copyright© クリプトナンバー28 , 2018 All Rights Reserved.